2018.6.22

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
高下 義弘
(たかした・よしひろ)1974年生まれ。1998年に日経BP社に編集記者として入社。「日経コンピュータ」「ITpro」で経営改革と情報システム、プロジェクトマネジメント、ヒューマンマネジメント分野を追う。2010年からフリーランス。経営と技術、個人と組織、科学と芸術など、異なる要素が重なり合う領域を探索することに関心を寄せる。
東大AI開発団体から生まれたAI人材育成サービス ビジネス

東大AI開発団体から生まれたAI人材育成サービス
業務現場で活躍できるエンジニアが足りない!

ビジネス 経済産業省はAI(人工知能)、ビッグデータ、IoTに携わる「先端IT人材」の不足数が、2020年には4.8万人に拡… 2018.5.28
世界のフォークリフトをIoT化する豊田織機の狙い ビジネス

世界のフォークリフトをIoT化する豊田織機の狙い
稼働状況の一元把握で物流危機に対応、新サービスの開発も

ビジネス フォークリフト国内首位の豊田自動織機が、グローバル規模のデジタル戦略を推進中だ。目的は、同社がかねて… 2018.4.20
米国発の試作会社に日本のメーカーが押し寄せる理由 ビジネス

米国発の試作会社に日本のメーカーが押し寄せる理由
ネット注文で短納期を実現するプロトラブズ

ビジネス 家電やデジタル機器などを手がける国内もの作り企業の間で話題を呼んでいる試作部品の製造会社がある。神奈… 2018.3.26
PR
PR
創業時からサステナブルだったサントリーの先進性 ビジネス

創業時からサステナブルだったサントリーの先進性
サントリー新浪社長が語るトレードオンの「ESG投資」

ビジネス サントリーの新浪社剛史長は、環境保護や社会課題の解決といったサステナビリティへの取り組みは決して利潤… 2018.3.6
「眼鏡屋」が“集中力”を売る理由 ビジネス

「眼鏡屋」が“集中力”を売る理由
ウエアラブルデバイスが生んだ意外な新事業

ビジネス 「当社の創業者である社長の田中は、ジンズが一般的な眼鏡屋であるという感覚を持っていないんです。・・・… 2018.2.15
PR
PR
PR
東大AI開発団体から生まれたAI人材育成サービス
業務現場で活躍できるエンジニアが足りない!
[高下 義弘] 2018.5.28
世界のフォークリフトをIoT化する豊田織機の狙い
稼働状況の一元把握で物流危機に対応、新サービスの開発も
[高下 義弘] 2018.4.20
米国発の試作会社に日本のメーカーが押し寄せる理由
ネット注文で短納期を実現するプロトラブズ
[高下 義弘] 2018.3.26
PR
創業時からサステナブルだったサントリーの先進性
サントリー新浪社長が語るトレードオンの「ESG投資」
[高下 義弘] 2018.3.6
「眼鏡屋」が“集中力”を売る理由
ウエアラブルデバイスが生んだ意外な新事業
[高下 義弘] 2018.2.15
IoTが教えるダンプカーの経済的な走り方
ブリヂストンがセンサー技術でタイヤビジネスを変革
[高下 義弘] 2018.1.15
PR
竹中工務店、建物のロボット化を目指して開発加速
「ロボット+IoT」で大きく変わる建設現場
[高下 義弘] 2017.12.21
375キロの荷を運搬する竹中工務店の「クローラーTO」 [高下 義弘] 2017.12.21 375キログラムの荷を載せた台車を人手で運んでいる様子 [高下 義弘] 2017.12.21 竹中工務店「TOギャザー」(プロトタイプ)の試験稼働の様子 [高下 義弘] 2017.12.21 ネスレのヒット商品は社会問題の解決案だった
高岡社長が語るCSVの実践と「新しい時代」のマーケティング
[高下 義弘] 2017.3.23
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR