2019.2.21
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
篠原 信

1995年京都大学卒業。京都大学博士(農学)。微生物情報伝達物質クオルモンの研究後、養液栽培では不可能とされていた有機質肥料を使った栽培技術(有機質肥料活用型養液栽培)を開発。研究の傍ら、食料問題を調査、「日本は何人養える?」というレポートにまとめた。「『指示待ち人間』はなぜ生まれるのか?」というレポートをネット上でまとめたところ、話題になり、なぜか上司本を執筆するハメに。近著は『自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書』『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』。写真は嫁さんの描いた似顔絵。

地域社会を再生させるための2つの劇薬 キャリア

地域社会を再生させるための2つの劇薬
「余裕」と「利害」が隣人への関心を呼び戻す

キャリア 現代の日本では、同じ地域に住む人同士に、利害はほとんどない。まったくの赤の他人。地域社会が崩壊したの… 2019.2.13
実情を知って! 保育園を利用できない農家の声 キャリア

実情を知って! 保育園を利用できない農家の声
平成の農家を苦しめる「昭和の農家像」という幻想

キャリア フェイスブックの、とある情報交換グループで、次のようなことが話題になった。「農家だというだけで(審査… 2019.2.7
「記憶の風化」を憂うより、災害への「備え」を! 国内

「記憶の風化」を憂うより、災害への「備え」を!
具体的な「受援力」を備えた地域づくりを

国内 阪神大震災から24年経った。私は週末ボランティアでしかなかったが、それでも大きな影響を受けた。しかし、… 2019.1.30
PR
PR
豊穣な「体験」こそが人工知能に打ち勝つ力 キャリア

豊穣な「体験」こそが人工知能に打ち勝つ力
文学を通じた「疑似体験」は人生拡張の手段

キャリア 子どもたちが豊かな体験を育み、文学を通してさまざまな人生を疑似体験することで自分の人格・体験を拡張し… 2019.1.24
日本人が取り戻すべき「人の力を引き出す“力”」 キャリア

日本人が取り戻すべき「人の力を引き出す“力”」
必要なのは「能吏」ではなく「皆が活躍できるシステム」だ

キャリア 人の力を引き出す。それこそが「力」なのかもしれない。それこそが「知恵」なのかもしれない。それはあいに… 2019.1.15
PR
PR
PR
地域社会を再生させるための2つの劇薬
「余裕」と「利害」が隣人への関心を呼び戻す
[篠原 信] 2019.2.13
実情を知って! 保育園を利用できない農家の声
平成の農家を苦しめる「昭和の農家像」という幻想
[篠原 信] 2019.2.7
「記憶の風化」を憂うより、災害への「備え」を!
具体的な「受援力」を備えた地域づくりを
[篠原 信] 2019.1.30
PR
豊穣な「体験」こそが人工知能に打ち勝つ力
文学を通じた「疑似体験」は人生拡張の手段
[篠原 信] 2019.1.24
日本人が取り戻すべき「人の力を引き出す“力”」
必要なのは「能吏」ではなく「皆が活躍できるシステム」だ
[篠原 信] 2019.1.15
農業の「人工知能」活用を阻む最大の壁は何か
センサーの限界を逆手にとった「ノイズだらけのデータ」の活用
[篠原 信] 2019.1.10
PR
若者が喜んで聞く「年配の説教」はどこが違うのか?
年配者の“知恵”と若者の“不安”とのマッチングがカギ
[篠原 信] 2018.12.20
部下を「一人前」に育てたければ最初の1カ月が決め手
「自分の頭で考えて動く部下」の育成にはどれだけかかるのか
[篠原 信] 2018.12.13
本質を理解させたければわざと「失敗」させよ
日本にはびこる「失敗恐怖症」からの脱却を
[篠原 信] 2018.12.4
教科書の「暗黙の前提」を見抜き、常識を打ち破れ
前提条件を覆せばイノベーションが生まれる
[篠原 信] 2018.11.1
「相手を言い負かしたら勝ち」の討論はもうやめよう
それぞれの強みを生かし合う「築論」のすすめ
[篠原 信] 2018.10.22
「私たち」と「あいつら」の分断をどう乗り越えるか
「違いを面白がる」姿勢が壁を突き崩す
[篠原 信] 2018.10.12
カリスマ社長ほど後継者を育てられなくなる哲学の罠
ビジネスマンが克服すべき哲学と見習うべき哲学
[篠原 信] 2018.9.12
「バカの壁」は「訊く」ことで乗り越えられる
ソクラテスの「産婆術」でビジネスの世界も変わる
[篠原 信] 2018.8.28
働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ
「お客様は神様」の呪縛から、「お客様もどこかの労働者」へ
[篠原 信] 2018.8.7
パフォーマンスを引き出すための「5つのバランス」
人間という生き物を理解して「集中した時間」を作り出す
[篠原 信] 2018.7.26
「褒めて育てる」よりやる気を引き出す魔法の方法
人間とは本来“驚かせたい生き物”なのだ
[篠原 信] 2018.7.12
人を育てられない「名人」には何が欠けているのか?
「無駄に豊富な経験」は役に立つとは限らない
[篠原 信] 2018.6.29
次世代を育成したければ余裕を持って「観察」せよ
子どもに短所はない、ただ「特徴」があるだけだ
[篠原 信] 2018.5.17
「プロセスをほめよう」がミスリーディングな理由
外側ではなく「内面の動き」を面白がる
[篠原 信] 2018.4.20
次へ
1 2 3
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR