2019.2.24
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
盛永 審一郎

富山大学名誉教授。研究テーマは実存倫理学、応用倫理学。著書に『終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から』(丸善出版、2016年)、『安楽死法:ベネルクス3国の比較と資料』(東信堂、2016年)、『人受精胚と人間の尊厳―診断と研究利用ー』(リベルタス学術叢書、2017年)等がある。

本音は「俺たちもゲノム編集したい」日本の医者たち 国内

本音は「俺たちもゲノム編集したい」日本の医者たち
「ゲノムの囁き」に耳をかせば、倫理的歯止めはなし崩しに

国内 受精卵にゲノム編集を施し、エイズになりにくい遺伝子を持った双子の女の子を誕生させた中国人科学者が世界… 2018.12.21
自民党の尊厳死法案で「安らかな死」は迎えられるか 国内

自民党の尊厳死法案で「安らかな死」は迎えられるか
「寝たきり老人」が増え続ける原因はどこにあるのか

国内 自民党が、“尊厳死”を含む終末期医療のあり方を規定する法律作りに動き出した。尊厳死については、2012年… 2018.11.19
許されるのか?「人生に疲れたから安楽死」 国際

許されるのか?「人生に疲れたから安楽死」
「人生終焉の法」を巡ってオランダで湧きおこった議論

国際 オランダの議会に提出された「人生終焉の法」法案が、政権の枠組みが変わったことによりお蔵入りになった。… 2018.6.29
PR
PR
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR