2019.2.22
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
江藤 学

一橋大学イノベーション研究センター教授。1985年大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程を修了し通商産業省(当時)に技術系行政官として入省。94年米国ニューメキシコ大学客員研究員。95年筑波大学社会科学系講師(~97年)。04年より経済産業省で標準化関連業務に携わる。08年東北大学にて博士(工学)を取得し同年より現職。最近取り組んでいるテーマは、研究開発と標準化のイノベーションに与える効果の研究。

研究開発から市場投入まで、「標準化」はタイミングが命 ビジネス

研究開発から市場投入まで、「標準化」はタイミングが命

ビジネス イノベーションは、ある日突然起こるものではない。研究開発の成果を市場に投入し、それが普及することで社… 2011.3.15
深く静かにインターフェース標準を握れ ビジネス

深く静かにインターフェース標準を握れ

ビジネス 今回は、標準化の新しい動きとして、「マルチスタンダード」を取り上げ、これが日本におけるイノベーション… 2010.7.20
イノベーションの成否を左右する「測る」という行為 ビジネス

イノベーションの成否を左右する「測る」という行為

ビジネス 前回の私のコラムで取り上げた標準化は、製品の長さや重さ、性能などの仕様を決める「製品標準」と呼ばれる… 2010.3.3
PR
PR
技術進歩を止めると市場が開ける? ビジネス

技術進歩を止めると市場が開ける?
イノベーションを促進する現代の「標準化」

ビジネス 旧来の20世紀の標準化は、市場が選んだ技術をオーソライズする役目を担っていた。しかし、現代の標準化は役… 2009.9.29
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR