2018.10.21
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
小暮 実
1955(昭和30)年生まれ。東京農工大学農学部農芸化学科卒、雪印乳業(株)を経て、中央区保健所にて39年間食品衛生監視員として勤務。銀座、日本橋、築地などの飲食店や食品輸入業者の監視指導にあたり、多数の食中毒事件や違反食品の調査措置経験あり。現在、食品衛生アドバイザーとして活動中。
おしりの拭き方から考える「冬の食中毒」対策 ライフ

おしりの拭き方から考える「冬の食中毒」対策
食品従事者も消費者も“そのトイレ”にご注意を

ライフ 「食中毒は夏場が本番!」と思いきや、近年は冬場の対策が大切である。というのも、食中毒事件数の3分の1、… 2017.11.24
HACCP制度化まで半年、対応迫られる食品業界 ライフ

HACCP制度化まで半年、対応迫られる食品業界
国際基準に適合した食品安全管理へ

ライフ HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:ハサップ)は、諸外国で導入が進められている食品安… 2017.9.29
鶏の生食はダメ! カンピロバクター食中毒に一直線 ライフ

鶏の生食はダメ! カンピロバクター食中毒に一直線
「新鮮な鶏生肉=安全」は幻想に過ぎない

ライフ 鶏肉などを「生食」で食べるなどのブームを背景に、カンピロバクターという細菌を原因とする食中毒が増加し… 2017.6.2
PR
PR
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR