2019.5.20
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
小川 和久

軍事アナリスト。1945年熊本県生まれ。陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、重要インフラ防護など)の分野で政府の政策立案に関わり、国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、日本紛争予防センター理事、総務省消防庁消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。小渕内閣では野中官房長官とドクター・ヘリを実現させた。電力、電話、金融など重要インフラ産業のセキュリティ(コンピュータ・ネットワーク)でもコンサルタントとして活動。
著書は『もしも日本が戦争に巻き込まれたら!』『この一冊ですべてがわかる普天間問題』『14歳からのリアル防衛論』『陸上自衛隊の素顔』『日本の戦争と平和』『日本の「戦争力」VS中国、北朝鮮』『日本の「戦争力」』『日本は「国境」を守れるか』『危機と戦う――テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか』ほか多数。
 

韓国国防相の更迭もありうるレーダー照射事件の報い 政治経済

韓国国防相の更迭もありうるレーダー照射事件の報い
軍内部の反日感情を沈め、日本に謝罪することはできるのか

政治経済 12月20日、石川県・能登半島沖の日本海で韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が海上自衛隊のP-1哨戒機に火器管… 2018.12.28
PR
PR
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR