特別協賛 KDDI

Digital Innovation Leadership

~ビジネスを創造する組織戦略~ 2017.2.15(水)14:00~17:55 企業交流会 18:00~19:30 [開催場所] ウェスティンホテル東京
受講料無料(事前登録制)
※企業交流会は立食パーティ形式になります。
クラウド・IoT時代の到来により、従来よりも高速な商品開発のサイクルを回すことで、市場のフィードバックを得ながら、イノベーションを生み出す自律型の組織への変革が求められています。本セミナーでは、企業経営や新規事業のキーパーソンに向けて、既存の組織をどのようにイノベーション組織に変革し運営すべきか、最新の経営理論の提供と先進企業の導入事例のご紹介をいたします。世界的な権威から組織変革の新たなアイデアを聴くことができるこの機会をぜひご活用ください。

開催概要

日時 2017年2月15日(水)14:00~17:55 (13:30開場)
18:00~19:30 企業交流会
会場 ウェスティンホテル東京詳細
主催 株式会社日本ビジネスプレス 日本ビジネスプレス
来場対象者 企業経営者、経営企画部門責任者、新規事業責任者
特別協賛 KDDI株式会社
受講料 無料(事前登録制)
※ご応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果はメールでのご連絡をもって代えさせて頂きます。
また、企業・団体にご所属でないお客さま、およびKDDI株式会社の競合製品・サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がありますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル
※プログラムの内容は変更の可能性がございます

時間 講演者 タイトル
14:00〜14:05 鶴岡弘之 JBpress編集長
主催者挨拶 参加人数:最大150名
14:05〜14:50 ジェフ・サザーランド博士 ジェフ・サザーランド博士
Scrum inc.CEO
「スクラムを活用した組織変革」 ※同時通訳ありジェフ・サザーランド博士の提唱したスクラムは、ビジネス・開発一体型のチームが顧客のフィードバックを得ながら、高速な繰り返しにより商品開発を行う手法として、グローバル企業で普及してきました。
本セミナーでは、Google、Microsoft、JPモルガン、BOSCHをはじめ、100社以上の企業のコンサルティング経験をもとに、特徴的な事例を踏まえながらスクラムの導入により、どのように組織が変革されたか、解説します。
15:00〜15:30 藤井彰人 藤井 彰人氏
KDDI
ソリューション事業企画本部
副本部長
「KDDIにおける企画開発組織の変革事例」市場環境の変化にあわせて動き続けるビジネスを実現するためには、失敗を恐れずサービスを素早くリリースし、素早くかつ持続的な改善サイクルが、組織プロセスとして確立する必要があります。従来型企画開発手法を採用してきた日本企業であるKDDIが、どのようなにアジャイル企画開発手法(Scrum/Lean Startup)を導入し、変革を実行してきたのかについてご説明します。日本企業に見られる組織の壁や承認プロセスの課題を、どのように乗り越えたのか、実例を交えながら解説します。
15:40〜16:30 野中郁次郎 野中 郁次郎氏
名誉教授
一橋大学 国際企業戦略研究科
国際経営戦略コース
「共創時代のイノベーションと組織経営」デジタル時代が到来し、イノベーションを起こすための組織経営のあり方が変化しはじめました。知識を創造する組織とそのリーダーのありかたについて、日米の代表企業例を含めて考察します。実は「スクラム」という言葉は80年代製造業で行われていた暗黙知を利用した新製品開発手法を、竹内弘高、野中郁次郎が分析した論文に由来しています。知識と実践を往復するアジャイル、スクラムの根底となる思想を現代の組織論の中で再度提言します。
16:40~17:55 平鍋健児 モデレータ
平鍋 健児氏

永和システムマネジメント
代表取締役
パネルディスカッション
「IoT・クラウド時代に向けた組織変革の成功事例と導入の課題」
IoT・クラウドサービスの先進企業における組織変革の成功事例をモデレータが紹介。パネラーがこれまでの経験を生かし、成功の要因を解説するとともに、既存組織の変革において、留意すべき課題と解決策を提言します。

パネラー

  • ■藤井 彰人氏
    KDDI ソリューション事業企画本部 副本部長
  • ■横塚 裕志氏
    情報サービス産業協会 会長
  • ■ジェイジェイ・サザーランド氏
    Scrum inc. Chief Product Owner
  • ■アヴィ・シュナイアー氏
    Scrum inc. Scrum Master,Sales,Trainer&Coach
企業交流会 ※立食パーティ形式
18:00〜 竹内弘高 あいさつ:特別ゲスト
竹内 弘高氏

ハーバード大学経営大学院教授
交流会では、一橋大学の野中郁次郎名誉教授、永和システムマネジメント平鍋健児氏、KDDI藤井彰人氏の他、特別ゲストとして、ハーバード大学経営大学院の竹内教授もお迎えします。お食事、お飲物を楽しみながら、皆さまが交流できる場をご用意しておりますので、奮ってご参加頂きますようお願い致します。 参加人数:最大100名
講師紹介
野中郁次郎 野中 郁次郎 名誉教授 一橋大学 国際企業戦略研究科
国際経営戦略コース
一橋大学名誉教授。著書『失敗の本質』、『知識創造の経営』等多数。早稲田大学政治経済学部卒業。富士電機製造(株)勤務ののち、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にて博士号(Ph.D)を取得。南山大学経営学部教授、防衛大学校教授、一橋大学産業経済研究所教授、北陸先端科学技術大学院大学教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て現職。カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)ゼロックス知識学名誉ファカルティースカラー、クレアモント大学大学院ドラッカー・スクール名誉スカラー、早稲田大学特命教授を併任。
ジェフ・サザーランド博士 ジェフ・サザーランド博士 Scrum inc. CEO アジャイル開発手法として最も普及しているスクラムの提唱者。陸軍士官学校卒業後、戦闘機のパイロット、癌研究者を経たのち、11の企業でCTOを歴任した。1993年に最初のスクラムチームを率いたのち、金融、ヘルスケア、高等教育、通信など、あらゆる産業においてスクラムの拡大を先導した。
野中郁次郎 平鍋 健児 株式会社永和システムマネジメント
代表取締役社長
1989年東京大学工学部卒業後、3次元CAD、リアルタイムシステム、UMLエディタastah*(旧名:JUDE)などの開発を経て、現在は、オブジェクト指向技術、アジャイル型開発を実践するエンジニアであり経営者。「ハート駆動型コミュニケーション」をモットーに,人に感動を与えられるコンサルタントを目指している。著書「アジャイル開発とスクラム ~顧客、技術、経営をつなぐマネジメント~(共著野中郁次郎)」
※ご応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果はメールでのご連絡をもって代えさせて頂きます。
また、企業・団体にご所属でないお客さま、およびKDDI株式会社の競合製品・サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がありますのであらかじめご了承ください。
ウェスティンホテル東京
[アクセス]
東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
電話番号 : 03-5423-7000

電車
・JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口より「恵比寿スカイウォーク」で約7分
・地下鉄日比谷線「恵比寿駅」下車。JR方面出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分


 首都高速2号目黒線の「天現寺ランプ」を降りて約5分

http://www.westin-tokyo.co.jp/access