2019.1.20

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

特集「北朝鮮」ニュース

北朝鮮とアメリカ、核実験、拉致問題についての最新ニュースのほか、政治、経済、情勢について多角的に解説します。

北朝鮮の最新ニュース

レーダー照射:日本に軍配を上げる米国 問題を起こしても謝れない韓国の甘えの構造 一国の最高指導者である文在寅大統領と李洛淵首相が前面に出て日本政府をなじる図。日韓とは自らが間に立って三角同盟を堅持してきた米国は苦虫をつぶしたような顔をしている。危険なレーダー照射問題で謝れない韓国に米国はどう対応するつもりなのか。 2019.1.18
レーダー照射:国際法違反を知られたくなかった韓国 韓国軍が海自哨戒機にレーダー照射、日本に難癖つける本当の理由2019.1.8
「ザ・トランプ・ショー」、第2シーズン突入 波乱の幕開け、大統領1期目の後半2年に何が起きるのか?2019.1.8
韓国と北朝鮮を結ぶ交通網、北朝鮮で着工式 2018.12.27
中国の身勝手な言動を許さないためのスパイ防止法 北朝鮮や中国による拉致・拘束は過去の話ではない2018.12.20
FOCUS

北朝鮮とアメリカ

2018年6月12日にシンガポールで、アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の両国トップによる首脳会談が行われました。両国の首脳が直接顔を合わせるのは史上初のことでした。

リベラルな世界秩序に挑むトランプの戦争 無知な王、70年続いた外交政策と決別――マーティン・ウルフ トランプ氏の視野の狭い取引志向のアプローチは無知と怨恨に駆り立てられたものであり、大変な災難をもたらす恐れがある。第2次世界大戦の直後、米国はこれとはかなり異なる見方をしていた。米国の力は、新しい聡明な手段によって有益な目的と結びつけられるはずだった。 2018.7.9
会談に臨む北朝鮮、腹の底で何を考えているのか? 核放棄の意志があるのかはまだ不明2018.6.9
米朝首脳会談の前に開かれなかった国家安全保障会議 背景にあるのはボルトンVSポンペオの内部対立2018.6.28
FOCUS

北朝鮮と核実験

北朝鮮の核実験の状況についてまとめます。

非核化どころか世界有数の核保有国となり得る南北朝鮮 すでに日本以上のプルトニウムを保有、原潜建造も進めている韓国 2017年9月の米韓電話首脳会談で、米国は、それまで韓国に課してきた弾道ミサイルの射程と弾頭搭載重量に関する制限を撤廃することで合意した。同時にトランプ大統領は、韓国の原子力潜水艦保有にも原則合意している。韓国は国産の弾道ミサイル搭載型大型潜水艦について、2025年頃の就役を目標に建造を進めている。 2018.6.27
決して楽観視できない米朝合意後の世界 完全かつ不可逆的な非核化は不可能、核化した北朝鮮に備えよ2018.6.5
北朝鮮の非核化「楽観論」がまだ成立しない理由 現時点では存在しない北朝鮮が核放棄する根拠2018.5.7
FOCUS

北朝鮮と拉致問題

北朝鮮の拉致問題についてまとめます。

拉致事件は後回し?北との国交樹立を唱える議員たち 被害者家族は大反発、安倍政権の政策とも衝突 日本の国会議員の一部が「拉致問題の解決よりも、まず北朝鮮との国交樹立を」と主張する動きを見せ始めた。拉致被害者の1日も早い帰国を望む「家族会」や、その努力を支援する「救う会」は緊急集会を開き、そうした動きへの強い反対を決議した。 2018.7.4
拉致被害者は政府認定の12人だけではない 民間団体や警察が拉致された疑いとみる500人超を見捨てるな2018.7.2
拉致問題で共闘、日本の援軍がトランプ政権入り 北朝鮮の非道な行いを糾弾してきたサム・ブラウンバック議員2018.2.5