2017.6.27

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

ウオッチング・メディア

地球を小さくしたIT(情報技術)革命。インターネットや携帯電話の市場が急拡大する一方、新聞やテレビ、雑誌は生き残りを賭けてビジネスモデルの再構築を急いでいる。激変する国内外のメディア界に、行政や学界、マスコミの第一人者が鋭く切り込む。

原発に詳しい記者なんて誰もいなかった 国内

原発に詳しい記者なんて誰もいなかった
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その3)

国内 「地元の記者たちには原子力の知識なんてなかった。ここ(州政府)に詰めている記者がカバーしているのは、… 2013.10.31
モバイルペイメントの未来 国内

モバイルペイメントの未来
小銭入れは不要に? アプリでスタバのコーヒーが買える時代

国内 お金は単なる商品との交換ツールである。しかし、そこにモバイルペイメント企業が入ることで、より消費を促… 2013.10.24
電力会社に「ウソ」をつかれた町長 国内

電力会社に「ウソ」をつかれた町長
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その2)

国内 「電力会社自身も何が起きているのか分からないのです。何か状況が変わるたびに、思考そのものを変えなくて… 2013.10.17
PR PR
相手にされなかった町長の心配 国内

相手にされなかった町長の心配
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その1)

国内 「電力会社には『事故があったらどうなるのか』をしつこく尋ねました。私は技術の専門的なことは門外漢です… 2013.10.3
テレビ画面が「放送」から切り離される日 国内

テレビ画面が「放送」から切り離される日
グーグルがChromecastで巻き起こす、映像エコシステムの革命

国内 Chromecastでは、リビングのテレビがクラウド上にある各自のコンテンツのスクリーンという位置づけである。… 2013.10.1
PR
アクセスランキング
PR
PR 原発に詳しい記者なんて誰もいなかった
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その3)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.31
モバイルペイメントの未来
小銭入れは不要に? アプリでスタバのコーヒーが買える時代
[志村 一隆] 2013.10.24
電力会社に「ウソ」をつかれた町長
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その2)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.17
PR 相手にされなかった町長の心配
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その1)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.3
テレビ画面が「放送」から切り離される日
グーグルがChromecastで巻き起こす、映像エコシステムの革命
[志村 一隆] 2013.10.1
デジタルアドマンに求められる「最新の資質」
MathとMoment - ad:tech LONDON 2013 から -
[志村 一隆] 2013.9.25
PR 円形脱毛症になっても故郷に帰らない理由
「原発難民」再訪記(その6)
[烏賀陽 弘道] 2013.9.20
マイクロソフトのノキア買収が弱者連合でない理由
今やハードが用途を決める時代ではなくなった
[志村 一隆] 2013.9.19
スマートテレビの徒花:サムスンが買収したBOXEE
「勝者」ネットフリックスとBOXEEはどこが違ったのか
[志村 一隆] 2013.9.11
PR 「避難者のバカヤロー」と言われて
「原発難民」再訪記(その5)
[烏賀陽 弘道] 2013.9.5
ニュース消費の変化に追いつけない大手メディア
ワシントン・ポスト紙の売却で考えたこと
[志村 一隆] 2013.9.3
コンテンツを解体して更に成長を目論むディズニー
INFINITYの「キャラクター・レバレッジ」戦略とは~E3 2013より
[志村 一隆] 2013.8.27
「もう私も娘ももたない」
「原発難民」再訪記(その4)
[烏賀陽 弘道] 2013.8.22
ストレスで胃に穴が開いた単身残留者
「原発難民」再訪記(その3)
[烏賀陽 弘道] 2013.8.8
濃縮ウランの街からヒロシマを訪ねた女性
街の誇りと罪悪感の葛藤に悩み、苦しむ
[烏賀陽 弘道] 2013.7.29
3歳の子供を連れて福島に帰る決意をした理由
「原発難民」再訪記(その2)
[烏賀陽 弘道] 2013.7.11
街の“回復”と進まない除染
「原発難民」再訪記(その1)
[烏賀陽 弘道] 2013.7.2
カエルのいないプールとミズバショウの里
飯舘村再訪(その3)~施設・住民
[烏賀陽 弘道] 2013.6.13
村人を拒絶するバリケード
飯舘村再訪(その2)~放射能汚染と立ち入り規制
[烏賀陽 弘道] 2013.5.30
ゲーミフィケーションとクリエイティブ
物語を作るのは誰か?
[志村 一隆] 2013.5.22
前へ 次へ