2017.11.22

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

本流トヨタ方式

今やあらゆる生産現場の共通語ともなった「トヨタ生産方式」。しかし本来の思想や、あるべき姿が正しく理解されているとは言いがたい。生産のみならずトヨタのあらゆる現場の根底を流れるものの見方や考え方、「本流トヨタ方式」について解説する。
 

ストーブの給油作業を「自働化」するステップ 産業

ストーブの給油作業を「自働化」するステップ
大野耐一氏がトヨタに導入した「革命的」な改革

産業 戦争が終わり、自動車工場として稼働し始めた1947年から、大野耐一氏は機械部長として「人の仕事と機械の仕… 2012.1.5
機械の監視は機械にやらせる、織機の「自働化」はものづくり史上の大改革 産業

機械の監視は機械にやらせる、織機の「自働化」はものづくり史上の大改革

産業 今回は、「自働化」の持つたくさんの意味の中から「人間を機械の監視作業に使わない」という意味での「自働… 2011.12.22
機織り機に見るトヨタ生産方式「自働化」の起源 産業

機織り機に見るトヨタ生産方式「自働化」の起源
佐吉翁が完成させた「G型織機」のカラクリ

産業 G型織機は女工さんの目の働きの部分までカバーします。そこで「自ら働く機械である」とし、この機械を「自… 2011.12.8
PR
PR
トヨタ生産方式の表看板に「安全」がない理由 産業

トヨタ生産方式の表看板に「安全」がない理由
経営者は命がけの覚悟で危険と戦え

産業 一般には「安全第一」という言葉は、文字通り「安全を最優先に考えろ」ということで間違いありません。しか… 2011.11.24
TPPも除染も「現地現物」哲学で見方が変わる 産業

TPPも除染も「現地現物」哲学で見方が変わる
事実を正確に把握して対象を鳥瞰せよ

産業 昨今、新聞等で取り上げている様々な問題点を「現地現物」で見ると、どのような姿に見えるでしょうか。いろ… 2011.11.10
PR
PR
PR
ストーブの給油作業を「自働化」するステップ
大野耐一氏がトヨタに導入した「革命的」な改革
[田中 正知] 2012.1.5
機械の監視は機械にやらせる、織機の「自働化」はものづくり史上の大改革 [田中 正知] 2011.12.22 機織り機に見るトヨタ生産方式「自働化」の起源
佐吉翁が完成させた「G型織機」のカラクリ
[田中 正知] 2011.12.8
PR
トヨタ生産方式の表看板に「安全」がない理由
経営者は命がけの覚悟で危険と戦え
[田中 正知] 2011.11.24
TPPも除染も「現地現物」哲学で見方が変わる
事実を正確に把握して対象を鳥瞰せよ
[田中 正知] 2011.11.10
在庫を減らすと課長が生まれ変わる
当たり前と思う因果関係を疑ってみよう
[田中 正知] 2011.10.27
PR
現場をコントロールできるのは「長さ、重さ、時間」だけ
金額だけ見ていると改善はできない
[田中 正知] 2011.10.13
石垣の中で一番大切にすべき石はどこか
「バラツキ」について考える(その2)
[田中 正知] 2011.9.29
「バラツキ」をなくすことこそが改善、今こそ統計的品質管理の復活を [田中 正知] 2011.9.15
PR
ルシャトリエの法則、不静定構造・・・、「現地現物」を科学の目で実践する [田中 正知] 2011.9.1 設備故障率「1000分の1以下」を達成した会社、それでも現場の顔色がさえない理由 [田中 正知] 2011.8.18 日本ではあり得ない、運河を自力航行する巨大客船 [田中 正知] 2011.8.4 ドイツの川にはなぜ堤防がないのか
氾濫が起きて当たり前の日本の河川
[田中 正知] 2011.7.21
1点の写真から読み取る日韓の明暗
「改善」を積み重ねてきたのはどちらの国?
[田中 正知] 2011.7.7
現場には「牢名主」が欠かせない
トヨタの工場を支えていた心強い「裏組織」とは
[田中 正知] 2011.6.23
管理者は「現地現物」で何を読み取るのか
「叱る」覚悟をもって現場に赴け
[田中 正知] 2011.6.9
ひいきにする屋台料理店は1軒に絞らない
自動車生産も震災復興も「集中と分散」で
[田中 正知] 2011.5.26
カギは「取捨選択」と工場移転、転んでもただでは起きない復興策を [田中 正知] 2011.5.12 無用の長物「電柱のボルト」の不思議
改善も危機管理も「目的」を明確に
[田中 正知] 2011.4.21
危機発生時の「敵を知り己を知る」トヨタ流対処法 [田中 正知] 2011.4.7
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR