2018.12.15
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

明日の医療

医師不足、医療格差、医療事故──。様々な問題を抱え、改革の必要性が叫ばれている日本の医療。医療現場の最前線に立つ筆者が、日々の医療活動をもとに、日本の医療を良くしていくための処方箋を綴る。

「なんでも安く」は医療を滅ぼす 国内

「なんでも安く」は医療を滅ぼす
国家の理念なきインフルエンザワクチン接種の料金設定

国内 10月1日より、今年のインフルエンザワクチン接種が始まっています。昨年度の新型インフルエンザ流行の騒動… 2010.11.1
なぜ「効かない」薬が登場するのか 国内

なぜ「効かない」薬が登場するのか
製薬メーカーが主導する臨床試験に「もの申す」

国内 薬の効果や安全性を調べる臨床試験の実施者は、基本的には製薬メーカーが担う。試験をして不利な結果が出て… 2010.10.12
「高血圧治療」「コレステロール論争」、医療の常識が変わるのにはワケがある 国内

「高血圧治療」「コレステロール論争」、医療の常識が変わるのにはワケがある

国内 医療の世界では、ここ20年ほどの大きな潮流として「根拠に基づく医療」(EBM:Evidence Based Medicine)が… 2010.10.7
PR
PR
非難集中の帝京大「院内感染」、本当に非はあるのか 国内

非難集中の帝京大「院内感染」、本当に非はあるのか

国内 9月3日 帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区、病床数1154床)は記者会見を開き、多剤耐性「アシネトバク… 2010.10.4
厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか 国内

厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか

国内 7月22日、厚生労働省は長妻厚生労働大臣の出席のもと、「政策コンテスト」の第2次(最終)審査を行ないまし… 2010.8.31
PR
PR
PR
「なんでも安く」は医療を滅ぼす
国家の理念なきインフルエンザワクチン接種の料金設定
[多田 智裕] 2010.11.1
なぜ「効かない」薬が登場するのか
製薬メーカーが主導する臨床試験に「もの申す」
[漆原 次郎] 2010.10.12
「高血圧治療」「コレステロール論争」、医療の常識が変わるのにはワケがある [漆原 次郎] 2010.10.7
PR
非難集中の帝京大「院内感染」、本当に非はあるのか [多田 智裕] 2010.10.4 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか [多田 智裕] 2010.8.31 私のバイクに張ってあるシール「臓器提供します」
日本はなぜ脳死移植の後進国なのか
[橋本 久義] 2010.8.20
PR
全国の研修医が集まる岩手の「憧れの病院」
16年間黒字経営、藤沢町民病院の秘密(2)
[川本 敏郎] 2010.8.18
かつての医療過疎地が「健康と福祉の里」に
16年間黒字経営、藤沢町民病院の秘密(1)
[川本 敏郎] 2010.8.4
中原先生の過労死を無駄にしてはならない
特別枠予算でパンドラの箱を開けよ!
[多田 智裕] 2010.8.3
PR
反骨の医師がつくり上げた「夕張モデル」
私が見てきた夕張の地域医療(2)
[川本 敏郎] 2010.7.26
夕張市に村上医師を非難する資格はあるのか
私が見てきた夕張の地域医療(1)
[川本 敏郎] 2010.7.13
迫る参院選、医療政策マニフェストを比べてみた
結局は同じことが繰り返されるのか
[多田 智裕] 2010.7.6
公約に明言せよ、「増税分はすべて社会保障に」 [多田 智裕] 2010.6.22 「診療報酬引き上げ」の公約は絵に描いた餅だ [多田 智裕] 2010.6.8 なぜ私は救急患者の受け入れを拒否したのか
北海道・夕張の村上医師が救急対応の報道に反論
[村上 智彦] 2010.6.7
医師より製薬メーカーに優しい日本の医療制度 [多田 智裕] 2010.5.25 医師を増やせば医療崩壊は本当に解決するのか [多田 智裕] 2010.5.11 悪意の「不正請求」を行っている医師なんていない
効率偏重の事業仕分けでは見えてこないもの
[多田 智裕] 2010.4.27
「特定看護師」は医療現場を救ってくれるのか [多田 智裕] 2010.4.13 解禁してはいけない「混合診療」 [多田 智裕] 2010.3.30
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR