2017.11.22

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

結婚のかたち

誰もがそこに幸せがあると思い描く「結婚」。しかし結婚が作り出す夫婦や家族という絆は、時には人々を拘束する枷となり、また悲劇的な事件を生み出す引き金にもなる。介護、障害児教育や未成年少女の出産など、様々な社会問題をテーマに小説を著してきた筆者が、夫婦・家族の姿をフィルターとして日本社会の行方を探る。

まんざら悪くないケータイも腕時計もない生活 ライフ

まんざら悪くないケータイも腕時計もない生活

ライフ 携帯電話を持っていないと言うと、かなり驚かれる。「編集者から、緊急の連絡があったりしませんか?」と心… 2011.11.2
冒険に挑むのは息子たち、46歳の「悟り」は早すぎる? ライフ

冒険に挑むのは息子たち、46歳の「悟り」は早すぎる?

ライフ 『おれのおばさん』の執筆と前後して、私は次のような感慨も抱くようになった。この先、世界と直に触れ合う… 2011.10.20
原発を巡る対立が日本を「消滅」させる ライフ

原発を巡る対立が日本を「消滅」させる

ライフ 私がこの間、最も問題だと思ってきたのは、今日もなお福島原発で作業に当たっている人々への自由な取材が認… 2011.10.6
PR
PR
本物の紳士だったカメラ嫌いの名優 ライフ

本物の紳士だったカメラ嫌いの名優
児玉清さんと私(3)

ライフ 優れた人とは、自分の心中に起こる感情の揺れに実に自覚的なのではないかということである。児玉さんとて人… 2011.9.22
繰り返し問われた「牛を屠る」仕事に就いた理由児玉清さんと私(2) ライフ

繰り返し問われた「牛を屠る」仕事に就いた理由児玉清さんと私(2)

ライフ 確たる理由や目的によって『牛を屠る』仕事に就いたのではなく、ある偶然によってそこで働けるとなった時に… 2011.9.8
PR
PR
PR
まんざら悪くないケータイも腕時計もない生活 [佐川 光晴] 2011.11.2 冒険に挑むのは息子たち、46歳の「悟り」は早すぎる? [佐川 光晴] 2011.10.20 原発を巡る対立が日本を「消滅」させる [佐川 光晴] 2011.10.6
PR
本物の紳士だったカメラ嫌いの名優
児玉清さんと私(3)
[佐川 光晴] 2011.9.22
繰り返し問われた「牛を屠る」仕事に就いた理由児玉清さんと私(2) [佐川 光晴] 2011.9.8 感激で全身が震えた初対面時の言葉~児玉清さんと私(1) [佐川 光晴] 2011.8.25
PR
日本に根付いてほしい新たな金融システム「NPOバンク」 [佐川 光晴] 2011.8.11 「よりどころが1つ」は危険、牛の餌も電力も人生も [佐川 光晴] 2011.7.28 この国は政治家の選び方に根本的な問題があるのではないか [佐川 光晴] 2011.7.14
PR
危機意識はないのか?「安い生肉」に群がる日本人 [佐川 光晴] 2011.6.30 年収が高い人より、苦楽を共にできる人を [佐川 光晴] 2011.6.16 こういう時こそ平常心で暮らしたい [佐川 光晴] 2011.6.2 若者よ、原発なんかで稼ごうと思うな [佐川 光晴] 2011.5.19 原発で作業すべきなのは首都圏の中高年 [佐川 光晴] 2011.5.6 明るみに出ない原発労働者の真実 [佐川 光晴] 2011.4.21 死に物狂いで止めておくべきだった原発 [佐川 光晴] 2011.4.7 自分と「若さ」の縁がとうとう切れた日 [佐川 光晴] 2011.3.24 他人を不幸だと決めつけてはいけない [佐川 光晴] 2011.3.10 40年間、寄付を続ける覚悟はありますか
独善的な寄付ではなく誠実な関係づくりを
[佐川 光晴] 2011.2.24
本家「タイガーマスク」と寄付ブームの大きな違い [佐川 光晴] 2011.2.10
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR