2017.12.14

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。

「精度」でなはく「真度」を追求する食材検査 ライフ

「精度」でなはく「真度」を追求する食材検査
自社で放射線量検査も―「食の安全」の現場を訪ねる(1)

ライフ 福島第一原子力発電所の事故で、日本は今後、長期にわたって食品の放射能汚染問題と向き合わざるを得なくな… 2011.7.21
日本の捕鯨が生き延びる道はこれしかない ライフ

日本の捕鯨が生き延びる道はこれしかない
南極海の調査捕鯨は縮小し、地域捕鯨の復活を

ライフ 日本の進むべき道は、はっきりしていると思う。南極海での捕鯨を縮小しながら、地域の食文化に根差した沿岸… 2011.7.20
野菜嫌いの子供がいなくなった学校 ライフ

野菜嫌いの子供がいなくなった学校
1学期の終わりに「真の食育」を考えた

ライフ 学校という教育の場で、いわゆる「食育」として食べ物の大切さを教えることはもちろん大切だ。しかしそれ以… 2011.7.15
PR
PR
今年の夏は食中毒にご用心 ライフ

今年の夏は食中毒にご用心
節電、停電で細菌が増殖?

ライフ 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で生肉を食べた客が感染した集団食中毒事件。5月16日時点で患者数は165… 2011.6.3
風評被害を出さないために私たちが知っておくべきこと ライフ

風評被害を出さないために私たちが知っておくべきこと
原発事故から2カ月、食品はどこまで安全なのか(後篇)

ライフ 放射性物質とともに食品に大きな影響を与えたのは風評被害だ。茨城県産の農作物は消費者の買い控えが続き、… 2011.5.11
PR
PR
PR
「精度」でなはく「真度」を追求する食材検査
自社で放射線量検査も―「食の安全」の現場を訪ねる(1)
[JBpress] 2011.7.21
日本の捕鯨が生き延びる道はこれしかない
南極海の調査捕鯨は縮小し、地域捕鯨の復活を
[高成田 享] 2011.7.20
野菜嫌いの子供がいなくなった学校
1学期の終わりに「真の食育」を考えた
[藤田 貢崇] 2011.7.15
PR
今年の夏は食中毒にご用心
節電、停電で細菌が増殖?
[白田 茜] 2011.6.3
風評被害を出さないために私たちが知っておくべきこと
原発事故から2カ月、食品はどこまで安全なのか(後篇)
[白田 茜] 2011.5.11
農産物の「出荷制限」はこうして決まる
原発事故から2カ月、食品はどこまで安全なのか
[白田 茜] 2011.5.6
PR
福島の土壌はこうすれば生き返る
原発事故でどうなる?福島の農業(後篇)
[漆原 次郎] 2011.4.28
福島の土壌にどれだけ放射性物質が広がったのか
原発事故でどうなる?福島の農業(前篇)
[漆原 次郎] 2011.4.25
今こそBSEの経験を生かす時だ
日本の畜産業を風評被害から守れ
[品川 博] 2011.4.8
PR
鳥インフルエンザが「物価の優等生」に忍びよる
乱れ始めた卵の価格
[漆原 次郎] 2011.3.24
口蹄疫を隠す宮崎県、牛や豚を隠す日本社会 [佐川 光晴] 2010.7.21 霜降り牛は不健康、誰も知らない畜産業
元屠畜場作業員として読み解く口蹄疫パニックの裏側(4)
[佐川 光晴] 2010.7.8
注射を打つ側に回った獣医の苦悩を思う
元屠畜場作業員として読み解く口蹄疫パニックの裏側(3)
[佐川 光晴] 2010.6.22
殺処分の種牛を供養する方法
元屠畜場作業員として読み解く口蹄疫パニックの裏側(2)
[佐川 光晴] 2010.6.8
畜産農家の無念を誰が分かってくれるのか
元屠畜場作業員として読み解く口蹄疫パニックの裏側
[佐川 光晴] 2010.6.1
口蹄疫で壊滅の危機も、日本の畜産業
責任重い、平和ボケした政府、マスコミの稚拙な対応
[品川 博] 2010.5.21
前へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR