2018.9.26

 ~オープンイノベーションから模索する次世代の経営のあり方~

新サイトオープン! 「Open Innovation Japan」

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

オリジナル海外コラム

米国、欧州、中国、ロシア、中東など世界の政治経済情勢をリアルに、そして深く伝えるJBpressでしか読めないオリジナルコラム。

日本昔話のようだったアフリカ・マラウイの裁判所 国際

日本昔話のようだったアフリカ・マラウイの裁判所
旅の形、国の形(マラウイ・リロングウェ)

国際 夏の終わりの穏やかな午後、マラウイ共和国の首都リロングウェで裁判所傍聴に行った。それはそれはゆるやか… 2016.10.30
華人系は嘘っぱち、ドゥテルテに騙されるな! 国際

華人系は嘘っぱち、ドゥテルテに騙されるな!
田中角栄元首相に重なる面が多いフィリピンの新大統領

国際 「暴言」「失言」「放言」――。その毒舌でフィリピンの名を世界的に知らしめた「フィリピンのドナルド・ト… 2016.10.27
欧米流を学んだロシア人が日本企業に殺到する時 国際

欧米流を学んだロシア人が日本企業に殺到する時
日露経済交流とロシアのビジネススクールの役割

国際 12月のウラジーミル・プーチン大統領来日を前に、日露経済協力案件がいろいろと出てきている。案件リストを… 2016.10.27
PR
PR
経済発展から取り残されたミャンマーの"山手線" 国際

経済発展から取り残されたミャンマーの"山手線"
第25回 日本の援助で始まった近代化大作戦

国際 ミャンマーでは閉館後、夜間に特別に見学者を受け入れる博物館や美術館、水族館などのナイトツアーが話題を… 2016.10.26
まさかのタイミングでサムスン電子臨時株主総会 国際

まさかのタイミングでサムスン電子臨時株主総会
27日開催 事業売却承認のはずが、問題続出・・・

国際 2016年10月27日、サムスン電子が臨時株主総会を開く。事業売却の承認が主目的だったが、次々と想定外のこと… 2016.10.25
PR
PR
PR
日本昔話のようだったアフリカ・マラウイの裁判所
旅の形、国の形(マラウイ・リロングウェ)
[原口 侑子] 2016.10.30
華人系は嘘っぱち、ドゥテルテに騙されるな!
田中角栄元首相に重なる面が多いフィリピンの新大統領
[末永 恵] 2016.10.27
欧米流を学んだロシア人が日本企業に殺到する時
日露経済交流とロシアのビジネススクールの役割
[菅原 信夫] 2016.10.27
PR
経済発展から取り残されたミャンマーの"山手線"
第25回 日本の援助で始まった近代化大作戦
[玉懸 光枝] 2016.10.26
まさかのタイミングでサムスン電子臨時株主総会
27日開催 事業売却承認のはずが、問題続出・・・
[玉置 直司] 2016.10.25
豊洲より一足先に新市場に移行したソウル
伝統か近代化かを巡り激しく対立、しかし市民は無関心
[アン・ヨンヒ] 2016.10.21
PR
「減産協議バブル」にとどめを刺すのは中国か
原油需要の伸びが減速、不動産市場崩壊という爆弾も
[藤 和彦] 2016.10.21
北朝鮮の核・ミサイル実験、次はいつ行われるのか
「記念日」に決行?しかし過去の事例から読み解くと・・・
[黒井 文太郎] 2016.10.20
アメリカにも中国にもなびかないフィリピン大統領
日本も学ぶべき?暴言の裏で現実を見据えるしたたかな外交
[北村 淳] 2016.10.20
PR
中国経済リスクと政治制度改革への挑戦
安定成長期移行後の長期経済停滞への備えと日本の役割
[瀬口 清之] 2016.10.19
米国人が腹をよじって笑う大統領選のパロディショー
もう笑い飛ばすしかない史上最低の大統領選
[老田 章彦] 2016.10.18
ロシアに続き米国もネバダ砂漠で"核実験"
緊張高まるNATOとロシア、核戦争の危険性も
[堀田 佳男] 2016.10.18
国を挙げて熱血授業、恐るべき中国語の拡散パワー
「最良の人材」を投入して目指すは世界の共通語
[姫田 小夏] 2016.10.18
フランス大統領の条件は名文家であること?
大統領選に向けて候補者たちが次々に著作を出版
[山口 昌子] 2016.10.17
ガーナ共和国にはまだ「王様」がいた
旅の形、国の形(ガーナ・クマシ)
[原口 侑子] 2016.10.15
「韓国の経団連」に解散要求の集中砲火
政権の集金マシン批判噴出に産業界のホンネは
[玉置 直司] 2016.10.14
シェール企業は果たして勝者なのか?
OPECの“攻撃”をかわしたものの台所は火の車
[藤 和彦] 2016.10.14
米国には「二重投票」する有権者が百万人!
調査報道の辣腕記者、大統領選のインチキ暴く
[高濱 賛] 2016.10.12
ポピュリズム跋扈の中、日露急接近で世界史は動く
米国が最も恐れる対米独自外交路線に安倍は踏み切れるか
[W.C.] 2016.10.7
減産合意でも救えないサウジアラビアの窮状
経済は悪化の一途、国民の不満は頂点に
[藤 和彦] 2016.10.7
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR