2018.1.21

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

自動車の今と未来

日本は世界で最も自動車産業の強い国となった。しかし、産業構造は激変の時代を迎えており、改革の手を緩めれば今日の勝者が明日の敗者になる危険性も高まっている。このコラムでは日本だけでなく世界の自動車産業がどのように変わるのか、技術面だけでなくビジネスモデルや周辺産業への影響などを多角的に検討する。

「GT-Rは神」と熱弁した中国の自動車雑誌編集者 産業

「GT-Rは神」と熱弁した中国の自動車雑誌編集者
中国自動車市場の今(1)

産業 中国市場では、日本には輸入されていない欧米車が100モデル以上ある。しかも欧州、米国、日本の各社は何十… 2011.9.8
トヨタ問題、先行する企業が抱えるリスク 産業

トヨタ問題、先行する企業が抱えるリスク
今や製造品質、設計品質だけでなく、経営品質が問われている

産業 昨年秋以降の一連のトヨタ品質問題に対しての米国政府や報道の過剰な反応は、これまでも継続的に自動車メー… 2010.2.25
電気自動車時代も日本は覇権を取れるか 産業

電気自動車時代も日本は覇権を取れるか
日本の強みを生かした水平分業構造へ

産業 地球温暖化問題へ対応が急務となる中、世界で電気自動車(EV)への注目が集まっている。各国政府の技術開発… 2010.1.22
PR
PR
自動車の売り方革命始めよ 産業

自動車の売り方革命始めよ
いよいよ本格的変化に向かうか

産業 日本の自動車メーカーの海外販売台数は着実に拡大してきたが、国内市場は低迷を続けている。自動車メーカー… 2009.10.5
自動車用電池巡る攻防戦、いよいよ始まる 産業

自動車用電池巡る攻防戦、いよいよ始まる
先行する日本とアジアに欧米勢が急追

産業 携帯電話と並んで現在のリチウムイオン電池の最大の用途であるノートPCの世界出荷台数は約1億5000万台なの… 2009.5.11
PR
PR
前へ
1 2 3
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR