北海道経済が沈んでいる。日本中が不況に見舞われる中、とりわけ景気の低迷が深刻なのが北海道だ。

 東京商工リサーチ北海道支社の集計によれば、北海道の企業倒産件数は2009年1月まで、8カ月連続で前年同月の件数を上回った。負債が10億円を超える大型倒産も相次いだ。特に1月には札幌市の大手百貨店、丸井今井が倒産。札幌市民に大きな衝撃を与えた。

(株)ワールド山内
〒061-1274
北海道北広島市大曲工業団地4丁目3-33

 また、北海道商工会議所連合会が1月に発表した道内中小企業の業況判断指数(DI)を見ても、北海道の業況は一段と悪化し、歯止めが利かない状況である。

 だが北海道のすべての会社が悲嘆に暮れているのかというと、決してそんなことはない。寒風吹きすさぶ不景気とはまったく別の世界にいるような会社も存在する。北広島市に本社・工場を構える部品製造メーカー、ワールド山内(北海道・大曲工業団地)だ。

ワールド山内の本社・工場の外観。ロビーはらせん階段があるモダンな吹き抜けスペースで、とても板金・プレス工場とは思えない

 2009年度の売り上げは約16億円の見込み。前年比で約1.5倍の伸びである。利益の伸びは、もっと大きいという。

 全国的なヒット商品があるわけではない。ワールド山内は基本的に最終製品を作るのではなく、顧客企業から発注を受けて部品を作る会社だ。要は下請けの板金・プレス工場なのだ。

 落ち込みが激しい製造業の中で、さらに下請けという業態にもかかわらず、これだけ業績を伸ばしていることは驚きに値する。

取引先の7割は道外の企業

 生産する部品の数は月に約3万点。あえて「何でも屋」に徹し、特定の業界に偏らないように、取引先を広げてきた。現在、取引先は自動車、建築・土木、各種プラント、産業機械、電気機器、食品水産加工、医療機器など10種類の業界にわたる。

山内静治社長

 最近は、環境、エネルギー分野の仕事が増えてきた。「特に鉄道や太陽電池、リチウムイオン電池関連の仕事がこれから増えると見ています。それに供えて技術力を蓄えているところです」(山内静治社長)

 特筆すべきなのは、北海道以外の顧客の多さだ。取引先の7割は道外の企業である。道外との物流には主にJR貨物(日本貨物鉄道)のコンテナ列車を使う。「以前よりもだいぶ輸送費が安くなった」とはいえ、やはり本州とは物理的な距離がある。それにもかかわらず、北海道にいることをまったくハンディとしていない。

 山内社長によれば、ワールド山内の強みは「短納期、低コスト、高品質」だという。これは決して口先だけのセールス文句ではない。実際に全国の顧客が、自社の近くの板金・プレス工場よりもワールド山内の方が早くて安くて安心だから、わざわざ津軽海峡を飛び越えて発注してくるのだ。

 どこにも負けない「短納期、低コスト、高品質」をなぜ実現できるようになったのか。それはもちろん一朝一夕で成し遂げられるものではない。

 今年度の売り上げが1.5倍になるという話を聞いて、「一体、どんな取り組みをして、これだけ売り上げを伸ばしたのですか」と、山内社長に聞いた。するとこういう答えが返ってきた。「ものづくりの世界っていうのは、何かをやって1年、2年ですぐに結果が出るもんじゃないんです」

 先を見据えて、10年、15年と地道な努力を積み重ねてきたからこそ、短納期、低コスト、高品質を成し遂げられ、今の業績があるということだ。

 では何をしてきたのかという話になるのだが、ポイントは大きく2つある。

 1つは、積極的な設備投資を行い、設計から塗装、組み立て、品質検査まで、すべての工程をカバーする体制を整えたこと。もう1つは、設備の能力を最大限に発揮させられる生産管理システムを構築してきたことだ。

見学者の9割が驚いて帰っていく

 まず他社を圧倒しているのが生産設備である。ワールド山内にはこの2~3年で国内外から数百社の人間が工場見学にやって来た。見学に来る人の9割が、あまりの設備の充実ぶりに度肝を抜かれ、「カルチャーショックを受けて帰っていく」という。

抜き、曲げ、溶接などの工程を行う第1工場の様子

 「うちなんて日本全国から見たらまだまだだと思ってやってきた。でも気づいてみたら、どうやら板金プレスの世界では日本の最先端に来ているようです」。多くの見学者を迎え入れた山内社長のいつわりのない実感だ。

 工場には、先端機能を持ったレーザー加工機、プレス機械、ベンディングマシン(金属板を曲げる機械)、溶接機、旋盤、マシニングセンターなどがずらりと並ぶ。3次元CAD/CAMソフト、構造解析ソフト、組図検証ソフトなども豊富に揃えている。

 派遣社員や常駐の外注社員などを含めて従業員が約100人という規模からすると、並外れた充実ぶりだ。

 「もともとうちは板金だけやっていた会社です。でも板金は機械を買っちゃえばどこでもできてしまう。あとは価格競争になるだけです」。山内社長は、特定の工程だけをやっていては生き残っていけないと考えた。そこで、他の工程も幅広く手がけるために、機械をどんどん揃えていったのである。

 銀行から融資を受け、また、利益が出ればそのすべてを設備投資につぎ込んだ。この10年の設備投資額は20億円を超えている。IT投資も加えれば約25億円に達するという。

 「あんなに機械を買ってたら、そのうちつぶれるぞ」。山内社長には周囲の声が漏れ聞こえてきた。しかし、つぶれていったのは、機械を買わない会社の方だった。

 ワールド山内ではこれらの設備をフル活用して、設計、加工データのプログラミングから塗装、検査まで、すべての工程を内製で行う。一気通貫ですべての工程をこなすからこそ、厳しい納期への対応や品質管理、低コスト化が可能になるというわけだ。

工場内の完全な「見える化」を実現

 機械設備だけでも目を見張るのだが、さらに短納期、低コスト、高品質を実現する大きなカギとなっているのが、ITを活用した生産管理システムだ。工場の加工機械はすべてネットワークでつながり、オリジナルの生産管理システムによって管理、運用されている。システムを発案し、骨格を作り上げたのは、社長の息子である山内雄矢専務だ。

生産管理システムの画面の例。工場内の機械を3次元モデル化して表示している

 システムが行っているのは、一言で言うと工場の徹底的な「見える化」だ。具体的には、このシステムによって、機械の稼働状態をいつ、どこにいても把握することができる。工場では6つの工程のラインを24時間、無人で動かしているが、それが可能なのはこのシステムのおかげだ。

 例えばベンディングマシンならば、現在、稼働中か、段取り中か、それとも停止しているのかなどが、パソコンの画面上にコンピューターグラフィックスで分かりやすく表示される。

 稼働している場合は、どんな素材を使って、どんな加工をしているのか。さらには、その製品の納期はいつか、全工程の中のどの部分にあたるのか、原材料の価格はいくらか、作業者は誰かなどもリアルタイムで確認できる。

携帯電話からも加工部品の情報を確認できる。部品を3次元モデル化して表示することも可能

 これらの情報は、ネット経由で携帯電話からでも確認できる。そのため、外出中でも、客先で問い合わせを受けた時でも、いつでも進捗状況を把握できるというわけだ。

 工程管理を行うだけではない。原材料価格のデータ、機械の稼働実績のデータなどを蓄積、分析して工場内のムダを取り除くことも、このシステムで行っている。

 システムは日々、進化している。山内専務は今後の計画として、社内の人間だけではなく、顧客からも、発注した製品がどのような工程にあるのかをリアルタイムで確認できるようにしたいという。また、個々の機械の稼働状態をもとに、自動的に各機械にバランスよく加工指示を割り振る機能も開発する予定だという。

「匠の技」なんていらない

 このようにITをフル活用して設備の能力を徹底的に高めているおかげで、熟練の作業者、職人を必要としない。設備の能力が、作業者の技量のばらつきを吸収してしまうのだ。

 だからワールド山内の従業員は若い。平均年齢は「最近、少し上がってきた」と言いながらも、27歳前後である。

 今までの加工データのデータベース化はもちろん、工場での作業をすべて標準化し、マニュアル化している。そのため、ものづくりの経験のない人でも、あまり時間をかけずに一定の品質の製品を作り上げられるようになる。

 「特定の作業だけなら3カ月から半年もあればできるようになる」(山内社長)という。若い作業者の活用は、当然製造コストを押し下げる要因となる。

 山内社長の人材に対する考え方は極めて合理的、かつ先進的だ。なにしろ、工場に「匠の技なんていらない」と言い切るのだ。

 どうしても我々日本人は「匠の技」を礼賛してしまう傾向がある。匠の技があるからこそ、日本のものづくりは外国には負けないと思ってしまう。しかし山内社長はその考えをきっぱりと否定する。

 「15年前から、体で稼ぐものづくりの時代はもう終わりだと、はっきり言ってきました。日本人は中国人の何倍もする給料を取るんだから、中国に勝てるわけないでしょう。じゃあ、日本のものづくりはどうやって勝っていくのか。知恵と設備で勝つしかないんですよ」

ずっと下請けで終わるつもりはない

 それにしても、生産性の向上や効率化に注ぎ込む山内親子のエネルギーの量は尋常ではない。2人のこれまでのキャリアを聞くと、これほど1つのものごとに情熱をささげられるのも納得がいく。

 まず、山内社長は学生時代にはプロのジャズドラマーを目指していたという。米国に渡ろうと思っていた矢先に、父親の急死によって会社を継ぐことになった。社長になってからもしばらくは「こんなことをやるはずではなかった」と思っていたそうだ。山内社長の根っこは今でもジャズドラマーだ。妥協を許さずに理想の作品を追い求めるアーティストなのである。

山内雄矢専務。水上オートバイの元全日本チャンピオンである

 息子の雄矢氏も異色の経歴を持つ。実は、かつては水上オートバイ(いわゆる「ジェットスキー」)のプロ選手だった。全日本チャンピオンとなり、世界大会にも出場して、世界2位にまで上り詰めた。すでにジェットスキーの世界からは離れたが、「なぜ世界1位になれなかったんだろう」といまだに悔しがっている。

 つまり、山内親子は2人ともに「道」を究める術を心得ているのである。その2人が持てるエネルギーのすべてを工場に注ぎ込めば、ここまで会社を成長させられたのも、むべなるかなと思える。

 現在の業績は好調だが、社長も専務も「このままずっと下請けで終わるつもりはない」と言う。「ワールド山内」という社名には、世界に通用する会社になりたいという思いが込められているそうだ。「いつかは独自に開発した製品で世界に飛び出していきたい」と口を揃えていた。