指導者は教えるべきなのか。教えないべきなのか。スポーツの現場に限らず指摘されるテーマである。

 プロ野球の世界ではどうなのか。北海道日本ハムファイターズの指揮官として7年、2度のリーグ制覇、1度の日本一、そしてクライマックス・シリーズに5度出場した栗山英樹監督の書籍『稚心を去る 一流とそれ以外の差はどこにあるのか』から考える。

広岡達朗さんと落合博満さんの違いはどこか

 監督1年目、外野守備走塁コーチとしてチームを支えてくれた清水雅治コーチの言葉が忘れられない。

「コーチは自分がやりたいことをやるんじゃない。監督がやりたいことを実現させるのがコーチの仕事だ」

 直接ではなかったが、それを伝え聞いたときには、身の引き締まる思いがした。

 それ以降も、たくさんのコーチのお世話になってきたが、感謝とともに、その仕事についていろいろなことを考えさせられてきた。

 コーチの仕事に対してできあがりつつある一つのイメージは「技術屋さん」。技術のプロフェッショナルであるコーチには、選手と一緒により高い技術を求め、一緒に探していってほしい。どうして打てないんだろう? もっといいアプローチがあるんじゃないか? こうしたらいいんじゃないか? ああしたらいいんじゃないか?

 そうやって、できるだけたくさんの選択肢を提示してもらって、あとは選手に選んでもらう、それが理想だ。

 もちろん監督もその手伝いはするし、コーチと技術的なことを話したりもするが、こっちにできるのは、メンタル面のケアだったり、それを引き出すための起用だったりする。

 そこは明確に分けて、役割分担をしているつもりだ。

 さて、そこで、もっと根本的な考え方として、コーチは選手に「教える」べきか否か、という点だ。

 広岡達朗さんは、「教えるべきだ」と言う。
 落合博満さんは、「教えるのではなく、一緒に見つけることだ」と言っている。

「稚心を去る」栗山英樹・著

 これは、どちらの考え方にも賛同できる。

 広岡さんは、球史に残る名ショートだ。守りは、たしかに教わるとうまくなる。本当にうまい人に教わりながら、徹底的に数をこなしていくと成果が現れるケースが多い。考えてみると、9割8分は成功するのが守備。ということは、論理的に正しい形があると考えたほうが筋は通りやすい。

 一方、打つほうは、教わるとかえって打てなくなることがある。打ち方が理にかなったものに近づいたことで、無駄な間がなくなって、タイミングがずれたりする。だから落合さんは、「正しいことを教えるんじゃなくて、一緒に見つけることだ」と言っている。さすがだな、と思う。

 確率で言えば、守備と違って4割打てるバッターはまずいない。ほぼ確実に6割以上は失敗するということだ。ということは、絶対的に正しい論理など存在しないのではないか、そう考えたくなってしまう。

 あのホークスの柳田だって、理想的な打ち方をしているかと言えば、決してそんなことはない。タイミングを取って、ただ遠くに飛ばしたいと思って思いっ切り振っていたら、自然とバットの軌道が良くなっていた、そんな印象を受ける。それでいいんだと思う。(『稚心を去る』栗山英樹・著)