シャープの戴正呉社長。写真は2016年11月の決算発表会見時のもの(写真:つのだよしお/アフロ)

 2018年12月21日、日経電子版が「イブニングスクープ」として、「鴻海・シャープ、中国政府と半導体工場 総額1兆円規模」との見出しで、鴻海・シャープ連合の巨額設備投資計画をすっぱ抜いた。

 鴻海とシャープは、中国に最新鋭の半導体工場を新設する方向で地元政府と最終調整に入ったというのだ。総事業費は1兆円規模で、広東省の珠海市政府との共同事業である。鴻海グループで唯一、半導体生産を手掛けるシャープの技術がこの工場で活用されるという。

 鴻海とシャープによる巨額の設備投資はこれだけではない。液晶事業についても、中国と米国に各々1兆円を超える資金を投じて新工場建設を進めているのだ。

鴻海・シャープの相次ぐ大型投資計画

 2017年3月に、鴻海は、中国・広州市で新設する液晶パネル工場の起工式を行っている。この工場は、シャープ堺工場の10世代を超える「10.5世代」と呼ばれる世界最大級の液晶パネル工場で、2019年には量産に入る計画である。フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ「8K」の生産体制を築き、世界をリードする狙いだ。

 さらに鴻海は、トランプ大統領の「アメリカ第一」主義に呼応して、米国ウィスコンシン州にも液晶パネル工場を建設する。2018年6月に、トランプ大統領を招いて起工式を行っている。総額1.1兆円を投資する計画で、1万3000人の雇用を生み出すとしている。

 総額3兆円を超えるこの米中投資計画。まずは中国・広州市に造る「10.5世代」液晶パネル工場を成功させることが、その後の投資の成否を占う試金石となるだろう。

 この設備投資計画からも分かるように、シャープと言えばやっぱり事業の軸は「液晶」なのだ。

 だがシャープは、最近は大規模展示会や見本市のような場で、液晶戦略を広報することは少なかった。経営危機と鴻海傘下入りという経営環境の激変のため、講演会等の表舞台に立つことがなかったためだ。私のような技術経営を研究する者にとっては、CESやCEATECといった国際展示会は、各社の開発動向や新製品情報、さらには開発・販売戦略を知る大切な機会となっている。そのため、国内外を含め、なるべく足を運ぶようにしている。その私が、最後にシャープ経営陣の講演を聞いたのは、2015年10月に幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2015での水嶋繁光副社長(当時)の講演が最後ではないだろうか。

 周知のように、その後シャープは台湾の鴻海精密工業の出資を受け経営再建に取り組んだ。そして2018年3月期の決算では、営業利益901億円と、2007年以来10年ぶりの全四半期で黒字を出し、見事にV字回復を印象付けた。

 そこでシャープは、満を持して、3年ぶりにディスプレイ戦略を発表したのだ。舞台は、2018年12月に幕張メッセで開催されたファインテックジャパン2018。そこでは、世界最軽量のシャープ製有機ELスマホの技術の一端を明らかにした。

ディスプレイ戦略披露で示した「液晶・有機EL両面作戦」

 開催初日の基調講演を行い、「シャープ再攻勢」の狼煙を上げたのは、ディスプレイデバイスカンパニー副社長の伴厚志氏だった。ちなみに、伴氏、前述の水嶋氏、そして私は、シャープ天理液晶工場の大部屋で机を並べた仲間でもある。

 2004年に大学の教員になるまでシャープで太陽電池や液晶の研究に従事してきた私は、今年7月、戴正呉社長と面談する機会を得た(詳細は『シャープ白物家電撤退の衝撃、これが戴社長の真意だ』(https://post.jbpress.ismedia.jp/articles/-/53765)参照)が、その時に戴社長はこう話していた。

「ビジネスモデルを変えます! ハードウェアだけではだめです。プラットフォーム、AIoT等をトータルに考えていきます」

 ファインテックジャパンの基調講演の場で伴副社長が語ったのは、まさにこの戴社長の基本方針を具現化するディスプレイ戦略だった。

 では、ファインテックジャパンで伴副社長はどんな戦略を語ったのか。

「ディスプレイ業界を取り巻く環境は、スマートフォン・テレビのコモディティ化が進み、中国企業も台頭してきている。この様に社会はドラスティックに変化しているため、ディスプレイに求められる性能も変わる。この変化に対応できる企業が生き残る。

 これからの社会は、5Gの普及、AIの進化が起こる。

 この変化に対応するシャープのビジョンとして、『8Kエコシステム』『人に寄り添うAIoT』を掲げている(注:AIoTは、AIとIoTを統合したシャープの造語である)。

 このビジョンを基に、ディスプレイの将来展望として、単なる性能追求・規模の追求では限界があり、新たな価値軸が求められる(【図1】参照)。

 そして、『5G、AI時代のディスプレイ』には、次の性能が必要である。

 ①情報を最適な形で表示する、②情報を生活と調和させる」

【図1】シャープの考えるディスプレイの将来展望(シャープ提供資料)

 ここで伴副社長は、「情報を最適な形で表示するディスプレイ」として、8Kや薄型軽量(壁掛け)テレビ、コネクテッドに適した車載ディスプレイなどの製品、VR・AR等の技術を挙げた。

 また「情報を生活と調和させるディスプレイ」としては、異形、曲面、フレキスブル等の技術を明示した。

 シャープのお家芸・液晶技術を進化させた8Kディスプレイと、韓国勢に独占されている有機ELパネルの二方向からの攻勢を念頭においての発言である。

 これをもう少し詳細に説明するため、伴副社長は、「5G・AI社会を生き抜く8つの事業戦略」として、以下のポイントを示した。

1、ビジネスモデルの変革
2、8Kの新たなマーケット展開
3、8K技術を車載、VRにも展開
4、戦略的強化事業:社債とハイエンドPCのビジネスモデルを拡大する
5、進化した液晶ディスプレイを低コスト/高品質で量産化
6、薄型フレキシブルの実現
7、ディスプレイ技術をNonディスプレイに応用
8、更に進化したIGZOを市場投入

「有機ELビジネスの拡大」を宣言

 私がここで注目したのは、伴副社長が「薄型フレキシブルの実現のため、有機EL(OLED)のビジネスを拡大する」としたことだった。

 先述のように、シャープの事業の大きな軸はやはり「液晶」なのだ。しかし、スマートフォンの主流は、いまや液晶から有機ELに変わりつつある。国内各社がこの冬に投入したスマホの新モデルも、有機ELが大半を占めた。そこで液晶に対するこだわりの強いシャープも、初めて有機ELパネルのスマホを市場に投入したのだ。

 といってももちろん「アリバイ作り」のような製品ではない。有機ELパネルの供給については、テレビ向けのサイズは韓国のLG、スマホ向けサイズはサムスン電子が独占してきた。この独占体制に、シャープは自社製造の有機ELパネルを用いた最上位機種を、この12月にぶつけてきた。韓国勢の独占体制に風穴を開けようという試みだ。

 その有機ELスマホに触れる前に、液晶ディスプレイの戦略についてもう少し述べておきたい。

 筆者がシャープの液晶ディスプレイの底力を再認識させられたのは、10月に同じ幕張メッセで行われたエレクトロニクス展示会「CEATEC JAPAN2018」の会場だった。ここでシャープの8K液晶テレビ(チューナー内蔵型)は、CEATECのトータルソリューション部門のグランプリを受賞した(【写真1】)。もちろんその将来性や市場性が評価されてのことだ。

【写真1】シャープの8K液晶テレビ(チューナー内蔵型)(CEATEC JAPAN2018 にて著者撮影)

 また、世界で初めて、1台で「撮影」「収録」「再生」「ライン出力」を実現した業務用8Kカムコーダーも紹介。8K編集システムや、世界最小8K内視鏡カメラの展示も行われていた。8Kのマーケットはまだ立ち上がっているとは言えない段階で、家電量販店のテレビ売り場も4Kや有機ELテレビが推されている。そこにあえて8Kの液晶で勝負に出ているシャープ。どこよりも先駆けて8K技術開発の先頭に立ち、市場を作り出そうという意気込みを感じるのである。

 ただし、シャープの8K液晶テレビ(チューナー内蔵型)は、まだまだ高額だ。筆者が家電量販店を覗いた範囲で言えば、現在の価格は60インチで74万8000円。4K液晶テレビ(チューナー内蔵型)は、50インチが約20万円、60インチが約28万円と、「なんとか手が出る」という価格帯だ。

 同じ60インチで8Kと4Kテレビの価格を比較すると、現状で47万円程もの大きな価格差がある。市場創出にはこれからの価格低下が不可欠だ。8Kパネルの生産技術の改善による価格低下が鍵を握る。

「液晶の次も液晶」の方針を撤回しての有機EL参入

 そして、筆者が注目した有機ELスマホである。

「液晶の次も液晶」

 この言葉は、2007年、当時シャープの代表取締役だった片山幹雄氏が記者会見で述べたものだ。厚さ20ミリの薄型液晶テレビの試作品を発表した場での発言である。当時のシャープにとっては、液晶事業こそが会社の誇りであり、生命線だった。

 ところが、韓国・台湾の液晶への積極投資により猛追を受けた。そして、シャープは堺工場への「過大投資」の影響により、業績は急降下していった。「液晶一本足打法のためだ」と揶揄された。

 いまでもシャープのディスプレイ事業は液晶がメインストリームを占めている。それは冒頭で紹介した、米中での液晶工場の建設にも表れている。

 しかし、いまは「一本足」ではない。「液晶の次も液晶」の宣言を覆して、今回シャープは有機ELにも打って出る決断をした。

 思い起こせば、戴正呉社長がイントラネットで社内向けに発した2017年最初の「社長メッセージ」には、次の様に書かれていた。

<IoT関連技術、OLEDに加えて、新たな未来を創造する「次世代ディスプレイ」、「8K Eco System」関連技術など、将来のシャープの核となる技術への開発投資を積極的に拡大していきます>

 この中に登場する「OLED」とは有機ELのこと。まさにこの言葉を実現すべく、有機ELへの開発投資を行い、今回、自社製の有機ELパネルを使ったスマートフォンを上市したのだ。

「世界最軽量」となる146グラム

 満を持してシャープが市場に投入した有機ELスマホは「AQUOS zero」。IGZO液晶を使った「AQUOS R2」と並ぶフラッグシップ機種という位置付けだ。

AQUOS zero(シャープHPより)

「AQUOS zero」の大きな特長はその「軽さ」だ。ディスプレイのサイズが6.0インチの「AQUOS R2」の重量が約181グラムなのに対し、「AQUOS zero」は6.2インチと大型化しているにも関わらず、重量は約146グラムと大幅な軽量化に成功している。

【写真2】シャープ製世界最軽量有機EL搭載スマホ (CEATEC JAPAN2018 にて筆者撮影)

 シャープによれば、 画面サイズ6インチ以上で、電池容量が3000mAhを超える防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて世界最軽量という。キャッチコピーはズバリ、「世界最軽量モンスター」だ。

 この146グラムという重量は、ディスプレイサイズが同程度の他社製スマホと比較して、約40~50グラム軽い。この軽量化を実現するため、有機ELパネルの採用以外に、構造部に一般的なアルミニウムではなく軽量のマグネシウムを使用、背面には鉄の5倍の強度があるとされるアラミド繊維を採用した(【写真2】右端)。

【写真3】有機ELスマホに用いる最上部の薄いガラス(左) と有機ELフイルム (CEATEC JAPAN2018にて筆者撮影)

 そして肝心の有機ELパネルだが、今までスマホ用のパネルは、サムスン電子のほぼ独占状態で、日本企業はサムスンから購入して組み込むしか方法が無かった。日本では2018年11月に、ソニーが、初めて有機ELのスマホ「Xperia XZ3」を発売しているが、この有機ELパネルもサムスンから購入したものだ。ディスプレイは6.0インチ、重さは約193g。この数字と比べてみると、先ほどの「AQUOS zero」がいかに意欲的な製品なのか、分かるだろう。

 ではキーデバイスとなる有機ELパネルの生産体制はどうなっているのか?

 12月のファインテックジャパンでの基調講演で、伴副社長は、世界最軽量のシャープ製有機ELスマホを生産する「フレキシブルOLED(有機EL)ライン」について説明した。実はシャープのスマホ用有機ELパネルは、1か所の工場で生産されているわけではない。バックプレーン(駆動素子基板)工程は三重県の多気工場(G4.5)、OLED/モジュール工程は堺工場(G4.5)で作られているのである(【図2】参照)。

【図2】シャープ フレキシブルOLEDライン(シャープ提供資料から筆者作成)

 シャープ関係者からの情報を総合すると、この有機ELスマホには、多気工場で駆動用の低温ポリシリコン(LTPS)薄膜トランジスタを形成し、それを堺工場まで運び、表示のための有機ELを形成しているそうだ。多気工場には低温ポリシリコン用のラインと共に、既にIGZO-TFTラインが設置されていて、両者は選択によって使い分けが可能とのことである。

 そのため少量生産から始める有機ELパネルも、今後、様々な生産工程の選択肢を経て、大量生産体制に移行していくと考えられる。

ディスプレイ事業で韓国勢に勝つためには

 シャープが、3年ぶりにディスプレイ戦略を明らかにしたことは同社にとってよい効果があったと思う。ステークホルダーである株主や投資家、そして仕事で繋がるネットワークに、基本方針と戦略を明示できるからである。

 ただ、競争相手である韓国は、シャープのさらに先を走っている。

 サムスンは、有機ELを搭載した「折りたたみスマホ」を、2018年11月に公開した。量産も数か月以内には可能という。

 もう1つのライバル・LGは、2018年1月にラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show)で、88インチの8K有機ELテレビと65インチの巻取り式有機ELテレビを展示した。巻取り式有機ELテレビについては2019年に発売するとの情報もある。

 これら韓国勢と競争するには、シャープも、8KとAIoTの基本方針を具現化する戦略を「有言実行」する必要がある。特にディスプレイ戦略の実行が重要で、コアテクノロジーである8K液晶、有機EL、そしてIGZO-TFTの開発と商品化が鍵である。鴻海の傘下に入り息を吹き返したシャープ。一時は埋もれかけていた真の底力を発揮するのはこれからだ。