『暁に祈れ』の主演ジョー・コール。見事なボクサー・スタイルになるまで肉体を鍛えぬいた。

 果たして、東京オリンピックでボクシングは観られるのだろうか。「奈良判定」が今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされるなど、ボクシングはいまや疑惑の競技のひとつである。

 ちょっと前まではボクシングだけは八百長がないと思われていた。それがいつからだろう。エンターテインメント性が高まるほど、不信感が付きまとい、ついにアマチュアの世界にまでそれは及んでしまった。

 厳しいトレーニングと減量。映画の世界ですらボクシングものはうそがつけない。だからこそ、人々は熱狂し、多くの名作が大衆の心をとらえてきた。

ボクシング映画にまた一つ加わった傑作

 ボクシングの試合に感動したシルヴェスター・スタローンが脚本を書き上げた『ロッキー』シリーズは全6作まで作られ、ロッキーの引退後を描いた『クリード』も二作目が公開間近でいまだに高い人気を誇る。

 妻を失った元チャンピオンが再起を図る『チャンプ』や『サウスポー』。おっさんボクサーの奮闘を描いた『クライング・フィスト』、ヒラリー・スワンクがアカデミー賞主演女優賞に輝いたクリント・イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』など、挙げればきりがない。

 ロバート・デ・ニーロが体重を25キロも増やした『レイジング・ブル』をはじめ、どんなボクシング映画でも話題になるのが、出演者たちの肉体改造。一朝一夕でできるものではなく、何か月もかけて、しかも実際に競技しないとすぐ見抜かれてしまうボクサーの体型。ロッキーが惜しまれながら引退してしまったのはごまかしが一切、効かないからだろう。アクションはやれるスタローンでもボクシングはNG。それだけ苛酷な役作りが求められる。

 日本でも、菅田将暉『あゝ荒野』、安藤サクラ『百円の恋』、山下智久『あしたのジョー』など、数々の人気者がボクシング映画に挑んでいる。女だろうが、アイドルだろうが関係ない。大きくなった筋肉と極限まで落とした体脂肪。作り物の映画という世界でありながら、スクリーンが露にする、彼らが役にかける本気度に誰もが心酔する。

 そんなボクシング映画の傑作のひとつに新たに加えたいのが、英国人ボクサーの壮絶な自伝を映画化した『暁に祈れ』である。

 主人公ビリー・ムーアを演じたジョー・コールは次世代英国イケメン俳優の呼び声高い注目株。監督から「まだまだボクサーの体じゃない」と追い込まれ、作り上げた体は完全にボクサー。劇中では思わず目を覆いたくなるような戦いや試合の場面が繰り広げられるが、実際にボクシング、そしてムエタイを学んで挑んだ彼の気迫に最後は手に汗にぎる興奮が待っていた。「抜け出せ! 這い上がれ!」。まるで目の前で試合を見ているかのように心が叫んでいた。

 人生の再スタートを切ろうとムエタイの聖地、タイにやってきた英国人ボクサーのビリー。ところが麻薬にはまってしまい、ファイトマネーはすべて薬物(ヘロインとヤーパーと呼ばれるタイで出回っているドラッグ)に消える。ついには警察の家宅捜索に遭い、チェンマイの刑務所に収監。言葉がわからないうえに、周りはタイ人だらけ。房は定員オーバーなんて生易しい言葉では表現しきれない、明らかに違法な数の人で溢れかえっている。重なり合うように眠るというが、ここでは寝ると本当に重なる。おまけにけんかに巻き込まれたビリーが入った房は凶悪犯の集まりで、レイプや殺人が日常的に行われていた。途方に暮れたビリーは日々、憔悴していく。

囚人を演じるのは、役者ではなく「本物」たち

 映画がまだ序章のうちにいきなり絶望的な気持ちに追いやられる。タイやフィリピンの刑務所の劣悪な環境はよく耳にするが、あまりのひどさに暗澹たる気持ちに。ドゥテルテ氏が大統領になってからのフィリピンの刑務所はもっと惨憺な状況なのだろうか。この映画が衝撃的なのは「ボクシング」どころか、どんな場面もすべてガチだということ。

とにかくリアルな刑務所シーン

 演じるジョー・コールが見せる表情も演技じゃない。素だ。それもそのはず、彼以外、映っているのは全員タイ人で、体はもちろん、顔中にもびっしりタトゥーをしているような異様な風貌の人ばかり。メイクではない。彼らは役者じゃないどころか、本物の元囚人で出所ほやほやの人もいる。ロケ場所も刑務所。元囚人たちの意見を反映し、なるべく実物に近い状態が作られた。そんななかで撮影していた俳優の気持ちやいかに。

 

 刑務所でムエタイに励む連中を見かけたビリーは自分も仲間に入れてほしいと懇願する。

地獄で見つけた一筋の蜘蛛の糸

 カンダタが蜘蛛の巣を見つけた心境だったろうか。地獄で仏を見たのか。彼らのいる棟は同じ刑務所内にありながら、ビリーがいるところとは雲泥の差だった。そこにいる囚人たちは顔つきも爽やかでアスリートらしい。元・人殺しと現役の違い。人以下の扱いから人らしい生活へ。ムエタイのチームの一員となると所外に出て、よその刑務所の囚人選手との試合もでき、チャンピオンともなると特権もある。

 願いがかない、ムエタイの精神を学びながら、トレーニングに励むビリーだったが・・・。

 この映画で最も恐ろしさを感じた瞬間は刑務所の凄まじさよりなにより、そんな生き地獄を経験した人でさえ断ち切ることのできない薬物の依存性だ。厳罰より治療を選ぶ国があるが、それも選択の一つと思えてくる。

 壮絶な半生を送ったビリー・ムーアは刑期を終え、現在は故郷のリバプールでドラッグに苦しむ人たちのサポートをしているという。まさに男ビリー・ムーア。こういう人を「男」というのではないか。

 ビリーの恐怖、絶望、後悔、不安・・・すべての負の感情を追体験したであろうジョー・コールの二度はない演技も素晴らしい。

 先日、発表されたばかりの英国インディペンデント映画賞でジョー・コールはみごと主演男優賞を受賞。

「タイの人たちから厳しい指導を受け、長い時間をかけて狂ったように練習し、毎日ボコボコにされました。撮影が終わって、帰りの飛行機に乗れたときは最高に嬉しかったです」とスピーチしている。

 ボクシングには裏切られたが、ボクシング映画はやはり裏切らない。

『暁に祈れ』

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』

原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons」

出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシン 他

2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分/

原題:A Prayer Before Dawn/R15+  

日本語字幕:ブレインウッズ

提供:ハピネット+トランスフォーマー

配給:トランスフォーマー 

12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開!

© 2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS

公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 

TWITTER:@APBD1208