ソ連がB-29をコピーして作った「Tu-4」爆撃機。なりふり構わぬ完全コピーを目指したもので、「B-29」と瓜二つである。

 例年、8月になると悲惨な戦争体験談がメディアを賑わせる。太平洋戦争における民間人の死者の大半は「B-29」による空襲によるものであった。

 日本の市民にとって、戦争に巻き込まれた体験と言えば空襲を受けた体験とほぼイコールで、B-29こそが悲惨な体験をもたらした敵そのものであった。

 戦時中、鬼畜米英という言葉があった。一般市民を地獄に追い込んだB-29の所業に関する限り、鬼畜という言葉はプロパガンダではなく、全くありのままを表現した言葉であった。

 日本の次に米国最大の敵となったソ連は、戦後すぐ米国の航空戦力の象徴のような存在であったB-29をコピーして配備した。そして、皮肉なことに冷戦初期に米国に対抗する核戦力第1号となった。

 米国は、米国本土を核攻撃できるソ連のコピーB-29に手を焼くことになる。ソ連がB-29をコピーしたのは、日本空襲の副産物であった。これは、鬼畜B-29に散々やられた日本としては、多少留飲の下がる話ではないだろうか。

 もっとも、戦後、日本は西側陣営に属したので、ソ連が有利になってしまっては困る。また、戦争末期のソ連参戦にお怒りの方も多かろうから、複雑に感じる方もいらっしゃるかもしれないが・・・。

B-29の本当の意味

 B-29は第2次世界大戦中に実用化された爆撃機で最も強力であった。B-29にほとんど手も足も出ず、散々な目に合わされた日本人にとって、悔しい存在である。

 B-29はこれまで考えられなかった遠距離から飛来し、日本軍機がまともに飛べない高度を、追いつけないスピードで飛び、他の航空機では運べないほどの爆弾を落とすことができた。

 東京大空襲では約300機のB-29が東京を襲ったが、これだけのB-29で東京の人口密集地を一晩で焼き尽くす破壊力があった。

 この時点ですでに恐ろしいが、B-29はさらなる破壊力を持ってしまう。B-29は原爆を積むことができる最初の爆撃機だったのだ。

 長崎に投下された原爆は長さ3.3メートル、直径1.5メートルのサイズがあり、重量は5トン近い。航空機のサイズからすると、小さく見えるが、これを航空機の内部に積み込み投下するのは意外に難しい。

 爆弾を投下した後、バランスを崩さないためには、重心付近に爆弾を搭載する必要がある。しかし、航空機の重心付近には主翼のキャリースルー構造が通るため、大きな空間を作るのは構造的に困難だった。

◆特別公開中◆
本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 B-29以前の爆撃機では、キャリースルー構造をよけた爆弾庫を設置するため、機体は大きくても積める爆弾のサイズは限定された。

 B-29は太い胴体を持つだけでなく、十分な胴体長があり、主翼の前後に爆弾庫を配置することで、原爆サイズの爆弾を積むことができた。

 爆弾庫のサイズが必要なだけでなく、敵の領土の中心部まで5トンの重量物を運ぶため、数千キロ飛行する必要もある。当時、そのような能力を持った航空機は世界でB-29だけであった。

 原爆は自分で動くことができない。敵のいる場所まで運ばなければ、原爆は兵器として全く意味がない。初期の核兵器は、敵の上に原爆を持っていくことができるB-29とセットで初めて機能したのだった。

 B-29は単に大きい爆撃機というだけではなく、初期の核戦力の必要不可欠な要素であるという意味を持っていた。

 ソ連は米国に対抗するため、必死に原爆の開発をしていた。しかし、米国と冷戦をするためには原爆だけでは不十分で、B-29も絶対に必要であった。

B-29を米国からもらえなかったソ連

 戦時中、米国とソ連は同盟国であった。米国はソ連に対し、武器や物資を援助していた。戦闘機、爆撃機、軍用自動車、食料品等々、様々なものがソ連に援助された。

 米国の工業力は大日本帝国を圧倒していたが、米国以外の連合国も圧倒していた。米国からの軍需物資はソ連を含めた連合軍の勝利に大いに貢献したと言える。

 ロシアの博物館では、その時に援助されものが展示されていることがある。例えば、航空機の博物館であれば、米国が援助したB-25小型爆撃機が展示してあるのが見られる。

 また、町の郷土博物館には、米国から援助された缶詰が展示されていたりする(なお、この缶詰のロシア語は間違えていたというオチがあった)。

 こうした展示を見ると、米国からの物的支援の多様さと規模の大きさが感じられる。しかし、ここまで多種多様な兵器や物資が提供さても、B-29は提供されなかった。

 ソ連はB-29の提供を米国に2回リクエストしていたようだ。米国はB-29をソ連に送ることを断った。

 米国としては、B-29は日本を倒すために必要であったし、戦争が終わったらソ連とどのような関係になるか薄々わかっていた人もいただろう。断られて無理もない。

B-29が日本から飛んできた

 戦争が終わる前からB-29が欲しかったソ連。米国はB-29をくれない。B-29は当時の超ハイテク兵器である。米国すら開発に苦労し、故障の多さに手を焼いていた。

 当然、日本には全く手の出ない域の航空機であった。日本よりも航空技術で先を行っていたドイツや英国でも、同等の航空機は開発できなかった。

 当時のソ連もB-29と同じ能力を持った爆撃機を開発するのは無理なのは明らかだった。

 しかし、ソ連は運よくB-29を手に入れてしまう。B-29が向こうから飛んできてくれたのだ。

 1944年7月31日中国四川省成都に作られた米国空軍の基地から、満州の昭和製鋼所爆撃のためB-29が出撃した。昭和製鋼所は日本が満州国の工業化のために作った製鉄所である。

 その内、1機のプロペラ可変ピッチ機構が故障して、長距離飛行が困難な状況になった。パイロットは基地に戻れない場合、ソ連に不時着するよう指導されていたという。

 満州からは、成都よりもソ連の方がはるかに近かったため、ソ連への不時着を選んだ。ソ連はB-29を手に入れた。

 その後、1944年11月11日に、B-29が長崎県大村にあった海軍の航空機工場を空爆に向かった。その日は台風で爆撃はうまくいかなかったようだ。

 この台風は大村の航空機工場にとって神風だっただろうが、ソ連にとっても神風だった。

 台風に突入してしまった1機のB-29は、暴風で痛めつけられてボロボロになったうえ、北の方に流された。この機体もソ連への不時着を選び、ソ連は2機目のB-29を手に入れた。

 11月21日にはもう1機がソ連に不時着した。ソ連に向かったB-29には墜落して、木っ端微塵になった機体もあった。

 しかし、不時着に成功した3機は多少壊れていたとは言え、原形をとどめていた。修理すれば飛行も可能であった。

 米国はソ連に機体と乗員の返還を求めた。しかし、日本とソ連は戦争状態になかったことを理由に、ソ連はB-29を抑留した。

 あまり用のない乗員は逃げたことにして米国に返したが、欲しくて仕方なかったB-29はいただくことにした。

 この時の米ソの交渉はどのようなものだったかはっきりしない。しかし、その後の展開を考えると、米国は本気でB-29を取り戻すべきであった。

ソ連はB-29を丸写しコピー

 その後、スターリンからB-29を丸ごとコピーせよという命令が下った。手に入れた3機のB-29のうち、1機がリバースエンジニアリングされた。

 機体をバラし、部品から図面を起こし、部品をコピーして、組み上げた。残り2機は試験用として運用された。

 1947年、ソ連版パクリB-29であるツポレフ「Tu-4」が完成した。見た目は全くB-29と一緒。少しの遠慮もないコピーである。

 あの見るからに不気味な操縦室の窓もしっかりパクられている。肝心の原爆を積める爆弾倉もパクった。

 実際はソ連の技術ではコピーできなかった部分もあり、インチをミリに変換する際の誤差で機体は重くなりパフォーマンスは低下した。

 しかし、Tu-4には片道特攻飛行で米国に原爆を落とす能力はあった。原爆戦力化という目的は十分に達成した。

 ソ連版パクリB-29は、ボーイングスキーというあだ名をもらった。露骨なパクりをバカにしたのだろう。

 しかし、なりふり構わぬパクリでも、ソ連は欲しいものをしっかり手に入れたのでソ連側の勝利である。

 核戦力を手に入れることが倫理的に正しいかという議論は別として、また、他者の製品をコピーするのが尊敬される行為かということは別として、当時のソ連の立場を考えれば、このパクリはもっとも合理的であっただろう。

 こうしたなりふり構わなさが、経済力において米国に劣りながら、冷戦で米国に対抗しえたソ連の強みであった。

パクリB-29で冷戦が本格スタート

 ソ連が核実験を成功させただけでなく、Tu-4によって原爆を米国に落とせるようになった。ソ連が米国を核攻撃できるようになったことを知った米国は、焦ることになる。

 それまで米国本土はアンタッチャブルな存在だった。しかし、ソ連がB-29をパクったことにより、戦争になっても米国本土は攻撃困難という特権的状況が崩れたのだ。

 米国も本土防衛を本気で考えなければならなくなった。お互いを滅ぼし得る核兵器で米ソが脅し合う冷戦本番が始まった。

 もっとも、冷戦はその後も続くが、ソ連版コピーB-29の活躍は長くはなかった。

 戦時中、ハイテク製品だったB-29もそれをパクったTu-4も、1950年代にジェット機の時代になると、すぐに時代遅れになった。

 B-29もTu-4も冷戦初期の極々限られた期間の核戦力だった。

 米国はベトナム戦争で知られたジェット爆撃機「B-52」を作り、ソ連は対抗して「Tu-95」を作った。

 B-52はB-29と同じボーイングの製品で、与圧隔壁などの技術はB-29の開発を通じて獲得したものである。ジェット機とプロペラ機のあいのこのようなTu-95の方は、Tu-4の胴体を拡大したような胴体を持ち胴体径はB-29と同じである。

ロシア空軍のTu-95の編隊。異様に細長い胴体は、B-29と直径が同じである。

 様々な改造を経て、冷戦期間を通じてにらみ合い、現在でも運用されている米ソの主力爆撃機は、なんと両方ともB-29の子孫なのである。

 冷戦中、同じ所に起源を持つ航空機が敵としてにらみ合っていたわけだ。核戦力の主力はミサイルに移っていくので、B-52もTu-95も主役からは外れていくことになる。

 それでも身から出た錆びのようなB-29のコピーやB-29の子孫が、米国に対して、一定期間は破滅をもたらしかねないほどの脅威を及ぼしていたのは事実である。何とも皮肉な話である。