自作の太陽光発電所を披露する小嶋進氏

「この太陽光発電所、私は自分の墓だと思って作っているんですよ」

 茨城県小美玉市で手掛けた、完成目前の太陽光発電施設のパネルの前で、ヒューザー元社長の小嶋進はそう言って笑みを浮かべた。小嶋が数名のスタッフとともに、1カ月がかりで組み立てた発電施設だ。それにしても、太陽光発電所が自分の墓とはどういう意味なのか。

「今はなかなか先祖の墓参りなんて行かないじゃないですか。だから孫たちが将来、墓参りの代わりに、年に2回くらい草刈りがてらここに来て、『ジイさんの時代には原発なんて物騒なもので電気を賄っていた時代だったらしいけど、そんな時代にジイさんはいいものを残してくれたな』なんて思い出してくれたら嬉しいな、と。それに、やっぱり原子力に頼らない時代を作りたいじゃないですか」

 2005年から2006年にかけて世の中を騒然とさせた、いわゆる「耐震偽装事件」。当時、事件の“主役”の1人として、マスコミから激しいバッシングを受けた小嶋は今、太陽光発電に心血を注いでいる。

 小嶋は現在、東京・大田区にある不動産の賃貸・管理を行う小さな会社で働いている。代表を務めるのは小嶋の実弟。耐震偽装事件以降、小嶋はそこの従業員という扱いだったが、昨年(2017年)暮れからは取締役に名を連ねるようになった。

「不動産を扱う会社ですが、仕事量で言えば今は9割がエネルギーで、不動産関係は1割。ただ売上で言ったら、エネルギーは1・数%で、99%近くが不動産です。全然儲からない仕事ばかり増やしてます(笑)」

突如、事件の「首謀者」に

 マンションデベロッパーの社長だった小嶋が、なぜ儲からない太陽光発電に取り組んでいるのか。その理由を語る前に、まずはあの「耐震偽装事件」をざっと振り返ってみよう。

 ことの発端は、2005年10月、民間の建築確認検査機関・イーホームズ宛てに、外部の設計事務所から入った情報提供だった。それは、イーホームズが確認済み証を交付した足立区のマンションに構造設計の改ざんが認められる、との指摘だった。この物件の建築主が小嶋が社長を務めるヒューザー、構造設計を担当したのが一級建築士(当時)の姉歯秀次だった。

 翌11月、国交省は、姉歯が構造設計書を偽造していたと公表。一気に世の中の注目を集める事件となった。

 突如、世間を揺るがす事件の“主役”となったのは、構造設計書を偽造した姉歯、偽造を見逃していたイーホームズの藤田東吾、姉歯の構造設計所に基づき耐震強度不足のマンションを多く手掛けていた木村建設の社長と東京支店長、そして建築主・ヒューザー社長だった小嶋の5人だった。

 当時、マスコミが描いていた事件の構図はおおよそこんなものだった。

<建築コストを抑えるために、ヒューザーと木村建設が姉歯に圧力をかけて、強度不測のマンションを建て、暴利を貪っていた>

“首謀者”と目された小嶋は、連日、猛烈な批判に晒された。

耐震偽装事件の「首謀者」としてバッシングを受けた当時を語る小嶋進氏

 だが本当の耐震偽装事件の構図は、もっと大きなものだった。その後、他の建築士による構造設計書偽造や、イーホームズ以外の検査機関での偽装見逃し、耐震強度不足のマンションやホテルを造っていたゼネコンやデベロッパーの存在も明らかになる。国が定めた確認検査方法や、建物の構造計算を行う大臣認定プログラムの不備も明らかになった。

 が、逮捕されたのは前述の5人だけ。しかも、耐震偽装事件での逮捕は姉歯のみだった。小嶋を含む他の4人は、別件逮捕だ。つまり、耐震偽装事件そのものは構造設計書を偽造した姉歯の“個人的犯行”だった。

 小嶋の逮捕容疑は「詐欺罪」。藤沢市に造ったマンションが耐震強度不足であることを知りつつ、顧客に引き渡していたとされた。

 その後の一審判決では懲役3年、執行猶予5年が言い渡される。小嶋、検察側双方ともに上告するが、二審は訴えを棄却。小嶋は最高裁へ上告したが、2011年12月の判決はこちらも棄却、小嶋の刑は確定した。この間、小嶋は一貫して無実を主張してきた。無罪判決こそ得られなかったが、耐震偽装事件が姉歯の単独犯だったことは、裁判でも証明された。

「役人のリークにまんまと乗ったマスコミにはずいぶん叩かれました。結局、彼らの見立ては間違っていたわけですが、謝罪に来た記者なんて1人もいません。世の中的には、私は今でも“稀代の大悪人”のままです」

挫折続きの青年時代

 小嶋は、1953年(昭和28年)、宮城県加美郡色麻町で4人兄弟の次男として生まれた。実家は農家で、父はその傍ら農業協同組合の組合長を務めるなどしていたが、裕福な家庭ではなかったという。

 高校は進学校の県立古川高校に進んだ。実は小嶋は、幼いころから「総理大臣」になることを夢見ていた。そこで政治家になるべく、政経学部や法学部への進学を目指していたのだが、小嶋によれば、担任教師から理系学部を強く勧められたのだという。

「これからはエレクトロニクス・電子の時代だ、ということで、東北大学の工学部に進めと。しかもその先生は、自分は第一志望の大学に受からなくて、第二志望の学校に進んだことをものすごく後悔したそうなんです。だから、『小嶋、お前は先生みたいな失敗をするな。第一志望だけを受けて、ダメだったら1年後にまた受けろ。一浪すればお前なら絶対に合格できるから』ということで、東北大学の受験しか認めてくれなかったんです」

 ところが受験は失敗。挫折感を味わいながら、小嶋は仙台で新婚生活を送っていた姉夫婦のアパートに住まわせてもらいながら浪人生活を送ることになったという。

 ここからしばらく、小嶋の人生は挫折の連続だった。

 小嶋が語るところによれば、新婚夫婦の部屋にダラダラ居続けるのが気まずく、消火器販売のアルバイトをしたところ、大卒初任給の10倍くらいの給料を稼ぐようになったが、いきなり大金を稼いだことで、大学進学に意味を見つけられなくなった。

 一方で消火器販売は順調だったが、一定地域で売りつくすと、また次の地域へと転戦していく商売のやり方に不安を感じるようになる。

 紆余曲折の末、20歳のころ、新聞の求人広告を見て東京の会社に就職。そこは先物取引の会社だった。

着の身着のままタコ部屋から遁走

 小嶋ら営業部隊の社員は、上司の監視のもと、狭いアパートでタコ部屋生活を強いられつつ、昼は飛び込み営業に当たらされた。商品相場に興味のない一見の相手に、「儲かりますから」と言って口座を開かせる仕事は簡単ではない。大半の客は大損を被る。相場が大きく下がれば、損をした客のところに行って追証(追加証拠金)をもらわなければならない。

「同僚が客のところに追証をもらいに行くのに付いていったことがあります。彼は、以前に、追証をもらいに行った先で日本刀で切りかかられそうになったことがある。その時に、『あなたが切ったら犯罪になります。私に切らせてください』と言って、その日本刀で自分の腹を横一文字に切ったことがあった。かわいい顔をしているのに肚の座った男でした。

 私が同行した時も鉄工所の社長が怒って鉄パイプで殴りかかってきたんですけど、その同僚は『殴ってください!』と叫んだんです。そうしたら相手はその気迫に押されてたじろいじゃった。そうやって追証をもらってくるんですね」

 しかし、そんなセールス術は誰もがまねできるものではない。精神的に追い詰められ、辞めたがる社員が続出したが、「辞めたい」と上司に告げると「お前、今まで客を何人殺したんだ。まだ客を殺したこともないのに、偉そうなことを言うな」と言って殴られ、退職させてくれない。地獄だった。小嶋もどうにかして辞めたいと願う毎日だった。

 しかし、1年ほど経った、ある日、小嶋たちの上司がそのまた上司を殴り、警察の世話になった。その隙に小嶋は着の身着のまま、タコ部屋を逃げ出した。

 その後、仕事を転々とし不遇の日々を送るが、22歳のときにようやく転機が訪れる。マンションの販売会社への就職したのだ。ここで小嶋は営業のセンスを開花させた。

20歳代で部下50人

「先物取引の営業に比べたら、マンションを売るのは楽でしたね。だってパンフレットを見て、『欲しい』と思ってやってくるお客さんが相手でしょう。住宅ローンの上手な借り方や借家より持ち家のほうがどれだけ得なのかを説明すれば、お客さんは納得して買ってくれる。その頃は、マンションを売るのはまな板の上に置いた大根を切るくらい簡単だ、と思っていました」

 数年後には、50人ほどの部下を抱えていた。朝礼では、後方の部下にも顔が見えるよう、ビールケースの上に立ってしゃべらなければならなかったという。

 しかし、突出した営業成績をマークする小嶋を快く思わない上司や同僚もいた。そこで、別の不動産会社に転職するも、やはり同様の結果となった。

100平米超のマンションで急成長

 小嶋は独立を決意する。自宅マンションを売却するなどして資金を作り、不動産販売会社を自ら興した。決して順風満帆ではなかったが、少しずつ業容を拡大し、マンション開発にも手を広げていく。

 経営危機もあったがしぶとく生き延び、ついに金鉱を掘り当てる。首都圏で100平米ほどのマンションを手掛けると、これが当たった。小嶋の会社は次第に新興マンションデベロッパーとして頭角を現し、何度かの社名変更を経て「ヒューザー」となっていた。

 広いマンションでも価格を抑えるために、小嶋はさまざまな工夫を凝らした。土地は、都心の一等地や駅近にはこだわらなかった。さらに敷地内に作る駐車場の所有権は、マンション所有者で構成される管理組合ではなく、ヒューザーが持った。そうすることで、ヒューザーには毎月駐車場の賃料が入るので、その分マンション価格は安くできる。もちろん豪華な共用施設は省き、低価格化に努めた。

 価格を抑える工夫は他にもあった。

「50平米の部屋が100戸のマンションと、100平米で50戸のマンションだったら、後者の方が安く作れるんですよ。もし全戸分の駐車場を作ろうとするなら、50平米100戸だったら100台分が必要になるわけですけど、100平米50戸だったら半分で済むじゃないですか。駐輪場だってそう。

 それにマンションの設備でお金がかかるのはキッチンやトイレ、浴室などの水回りなんです。50平米の部屋であっても、100戸あれば水回りも100戸分必要になる。でも100平米の部屋を50戸なら、水回りの設備も工事も50戸分。だから戸数を減らして広い部屋を造ればかなり安く作れるはずなんです。

 それなのに、大手のゼネコンは、100平米でも50平米でも同じ坪単価で見積もりを出してくる。そんなのおかしいんですよ。僕のこの考えを最初に理解してくれたのが、熊本にあった木村建設の木村盛好社長でした」

 木村建設と組んだヒューザーは、首都圏で100平米超のマンションを次々と手がけ、みるみる売り上げを伸ばしていった。ついには本社オフィスを、東京駅の目の前にあるパシフィックセンチュリープレイス丸の内の最上階に構え、”事件”直前の2005年3月期には売上高121億円、経常利益19億円をマークするほどにまで成長した。ヒューザーは、学歴もない地方出身の小嶋が、裸一貫から築いた“城”だった。

 だがこの城は、孫請けで構造設計を担当していた姉歯の偽造により、一気に崩壊していった。小嶋にとっては完全な「巻き込まれ事故」だったが、会社と財産を失い、そして別件逮捕により「犯罪者」の烙印を押された。

無実を証明する「録音データ」

 実は小嶋には、「無罪」を証明する決定的な証拠があった。

 小嶋が、耐震偽装の事実を直接知ったのは、2005年11月の国交省発表の3週間前となる10月27日。イーホームズの藤田らがヒューザーを訪れ、当時把握していた実態を告げた日だった。

 この日、藤田との面会を終えた後、小嶋は銚子へ知人の通夜に出かけている。その車中で、小嶋は関係各所に電話し、事実の報告や部下への指示出しを行っている。その内容を、同乗していた子会社の社員が録音していたのだ。

 小嶋が電話でしゃべる声を、携帯電話のボイスレコーダー機能で録音していたので、相手の会話は記録されていないが、小嶋の声はしっかり入っている。

 実はこの音声データは、一般にも公開されている。事件前から小嶋と親交のあった有川靖夫(元公明党・大田区区議会議員)が2010年8月に著した『国家の偽装――これでも小嶋進は有罪か』(講談社)の付録CDに収録されているのだ。

 そこに記録された小嶋の会話は衝撃的な内容だ。

 小嶋は、顧問弁護士や木村建設東京支店長らに、イーホームズから聞いた話を報告した後で、マンション販売を担当する子会社の役員に対して、こう指示を出している。

「売れていないやつに関してはさ、姉歯構造のやつは、とりあえず販売中止」

「それと契約終わっているものに関しては、まだ引き渡ししていないものに関しては、金を返して解約の準備をとりあえず進めて、その一覧表を作ってくれや」

「だから積極的な、姉歯の分に関してはさ、販売とりあえず中止だ」

「あと新しい販売は、だから、しないと、基本的に」

 ここまで明確に指示しておきながら、翌10月28日、完成していた藤沢のマンションが顧客に引き渡されていた。部下が小嶋の指示をしっかり把握していなかったことが原因だろう。このことにより、小嶋は「強度不足を知りながら藤沢のマンションを顧客に引き渡し売買代金をだまし取った」として詐欺で有罪判決を受けることになってしまうのだ。

 だがCDを聞いてそれ以上に驚かされるのは、姉歯の構造計算書偽造を知ったこの日のうちに、小嶋が会社の存続を諦めていることだ。

 マンションを販売したヒューザー側には、引き渡しから10年間は、構造耐力上主要な部分に瑕疵があった場合には、責任を負う義務がある。会社がその負担も相当のものが予想されたが、この時、建築確認制度の不備に原因があると見通した小嶋は、国や自治体を相手取って集団訴訟する覚悟を顧問弁護士に告げている。おそらく弁護士は「そうなれば会社もタダではすまない」とでも言ったのだろう。小嶋はすぐ「存続はもうできないものとして、僕はもう諦めていますけどね。これは相当重い判断ですけど」と打ち明けているのだ。

 さらに前述の子会社の役員に対しては、「ひっどい話になったねー。まぁなんか、順調すぎて気持ち悪いとは思っていたんだけどさ」「俺は元の無一文だ」と感情を荒げることもなく、淡々と語っている。

 この時はまさか自分が逮捕され、有罪判決を受けることまでは予想していなかったのだろうが、会社や財産を失うことがほぼ明らかになっている状態でのこの冷静さは特筆に値する。

 この音声データをきちんと聞けば、小嶋が「ゼネコンや設計士とグルになって強度不足のマンションを売りまくった悪人」でもなければ、「耐震偽装を知りながらマンションを客に引き渡して代金を騙し取った悪徳業者」でもないことは容易に判断できるはずだ。

 だが、この音声データは、裁判では証拠として採用されることはなかった。検察が強く反対し、裁判官が職権証拠調べをしようとしなかったからだ。

「日本という国はまともな国だと思っていたんですけどね。裁判は真実を追求する場所じゃなかった。検察が描いたストーリーに都合のいい証拠だけ取り上げ、都合の悪い証拠は見向きもしない。まさかこんなひどい裁判がまかり通っている国だとは思いませんでした」

 2011年12月、最高裁は小嶋の上告を棄却。執行猶予付きの有罪刑が確定した。その執行猶予期間も、2016年の12月で終わった。

自分以上の理不尽に直面した原発被災者

 話を現在に戻そう。

 太陽光発電との関わりは、経営不振に陥った太陽光発電を手掛ける友人の会社の救済を頼まれたことから始まった。

 しかし、小嶋は不動産管理の仕事で、食うには困らない生活をしている。太陽光発電は、電気の固定買い取り価格が徐々に引き下げられ、旨味が少なくなりつつある。なぜ儲けの見込めない太陽光発電にのめり込むのか。

「僕は罪なき罪を着せられ、犯罪者に仕立て上げられました。こんな理不尽なことはないと思っていたわけなんですけど、福島の原発事故で住む場所も奪われた人々のほうがよほど理不尽な境遇にあると気づいたんですね。しかも国は、あれほどの事故を起こしておきながらまだ原発を捨てようとしない。そのうえ、与党の幹部が『潜在的な核抑止力のために原発はあったほうがいい』なんて堂々と発言するようになっているでしょう。この国はどうなっちゃっているんだと思いますよ」

 小嶋の太陽光発電は、原子力政策を推し進めようとする国への抗議の意味もあった。今後も発電施設は増やしていく予定で、すでに茨城で2つ、千葉で3つ、土地を取得している。

発電所の建設予定地には競売で落札した国有地もある

「新しく作るところも自分たちで組み立てます。業者に頼んで作ってもらうこともできますけど、コストや管理を考えると自分たちでやったほうがいいんです。まぁ『65の手習い』で1カ月かけてようやく1つ作りましたけど、これからはもう少し早く作れるようになると思いますね」

 小嶋は自ら運転する車で、茨城や千葉の発電施設や取得した用地を案内してくれた。その道すがら、生い立ちから現在の境遇までつれづれに語ってくれたが、その中でたびたび小嶋が口にしたのが「犯罪者」という単語だった。耐震偽装事件で、裸一貫から築いた会社や財産を失ったことよりも、「詐欺罪」に問われ有罪判決を受けたことが我慢ならない、という口ぶりだった。

 昨年末、小嶋が会社の取締役に名を連ねたことはすでに触れたが、そのことで「犯罪者がいる会社とは付き合えない」と取引を断ってきた会社があったという。故郷の高校の同窓会に出席してみても、まだ小嶋と口を利こうとしない者もいる。

「今でも世の中の人の9分9厘は、小嶋進は悪いことをした人間、という認識だと思います。

 堀江貴文さんとか佐藤優さんなんかは、かつて国策捜査みたいな形で検察によって逮捕されたことがありますけど、ものすごい発信力があって、今は言論界で活躍しているじゃないですか。堀江さんや佐藤さんのことを犯罪者だなんて思っている人はもういないですよね。それに比べると、僕は発信力もないから・・・」

 確かに小嶋には、堀江や佐藤のような言葉を使っての発信力はないかもしれない。しかし、太陽光発電所をコツコツ作り続ける行為には違った意味の発信力があるのではないか。

 耐震偽装事件から13年。着せられた濡れ衣を振り払うために、今も小嶋は闘っていた。                        (文中敬称略)