羽田空港の外国人観光客(2018年5月、筆者撮影、以下同)

 中国の配車アプリを使って、自家用車が無許可で観光客を送迎する空港の白タク。昨年(2017年)からマスコミに頻繁に取り上げられ、警察も積極的に取り締まるようになった。その白タクが徐々に姿を消しつつある。

 2017年夏、羽田空港国際線ターミナルの1階出口には、「駐車禁止」の立て看板を無視した白ナンバーの乗用車がずらりと並んでいた。それらの車に、中国人を中心とした観光客が続々と吸い込まれていく。いずれも白タクである。客を乗せた白タクは正規料金の半分以下の値段で観光客を送迎。中には観光客の全旅程の面倒をみる運転手もいた。

 道路運送法違反に当たる白タク行為は、3年以下の懲役か300万円以下の罰金を課せられる。だが、彼らは悪びれる様子もなく白昼堂々と客を乗せていた。運転手の多くは中国人だった。

 関西空港や那覇空港ですでに顕在化していた白タク問題が羽田空港で騒がれるようになったのは、昨年の秋口に入ってからのことだった。夏の時点では、タクシー業界も警察も問題意識はまだ希薄だった。だが、配車アプリを使って誘客する中国系白タクの実態が明らかになっていくにつれ、警戒を強めていく。特に危機感を抱いたのが大手タクシー会社だった。タクシー会社のある管理職は「白タクには断固反対という強い姿勢で、関係省庁に申し入れを行った」と振り返る。

 そして昨年末から、国土交通省関東運輸局と警視庁などが羽田空港の白タクを厳しく取り締まるようになった。国土交通省関東運輸局によると、「昨年12月には、国際線ターミナルの降車場で自家用車の運転手に声掛けを行い、今年2月には到着ゲートで旅行者を対象に啓発活動を実施した」。

羽田空港国際線ターミナルの1階出口付近を取り締まるパトカー

◆特別公開中◆ 本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 警視庁は昨年の秋頃から取り締まりを開始し、12月には白タクを営業していた韓国籍の男を逮捕。今年1月と3月には中国籍の男を逮捕した。

中国大使館が春節を前に注意喚起

 2018年2月9日、日本の中国大使館は春節を目前に、来日する中国人観光客に向けて、白タクを利用しないよう注意喚起を行った。大使館のホームページには、「(日本では)自家用車は営業車両としては使えない」「資格のない運転手の車両が事故に遭うと十分な賠償を得られない」といった文章が中国語で掲載された。

 中国の在外公館が、その国の安全情報を発信することは珍しくない。だが民間のサービスに関して、こうしたスピーディーな注意喚起を行うのは異例である。中国大使館が動いたこともあり、その後、複数の中国メディアが日本における白タク問題を中国国内で報じるようになった。

 その3カ月前の昨年11月、中国・北京で開催された閣僚級の日中経済協力会議では、日本側から「白タク防止の申し入れが行われた」(関係筋)という。中国大使館が注意喚起に及んだのは、その申し入れが功を奏したとも考えられる。

 中国の政治に詳しい都内のある私立大学の教授は、「中国人相手にルールを浸透させたいならば、トップダウンで伝えるしかない。いくら民間が動いでも、中国ではトップが動かないと何も変わらない」と指摘する。

 別の在京の中国人識者は 「もしも日中間のムードが険悪だったら、日本側の“申し入れ”など聞き入れられなかったはず」と述べる。日中関係が改善しつつあるからこそ、タイムリーな連携ができたというわけだ。それは、日本が観光立国として健全に成長するには、日中間の政治の安定が不可欠だということも意味している。

羽田空港の白タクは「だいぶ減った」

 筆者は先週、羽田空港国際線ターミナルを訪れてみた。中国便が到着したタイミングに合わせて1階出口に向かう。空港から外に出る自動ドアが開くと、真っ先に視界に飛び込んできたのは、赤色灯を回して停車しているパトカーだった。

 パトカーの後方で、外国人観光客の降車を手伝っていたのは“緑ナンバー”をつけたタクシーだ。9カ月前にズラリと並んでいた白ナンバーの自家用車はほとんど見られない。都心と羽田空港を行き来するタクシー運転手も、「羽田空港での白タク行為はだいぶ減ったように感じる」と話す。

 ランドオペレーターとしてインバウンドビジネスに従事する、ある在日中国人はこうコメントする。

「中国からのお客さんの中には、白タクを使いたがる人もいます。でも、これほど取り締まりが強化されたら、いつクルマを止められて取り調べを受けるか分からない。だから私はお客さんには正規タクシーの利用を勧めているし、私自身も白タクは利用しません」

白タクはほとんど姿を消した

 ただし、首都圏で白タクが完全になくなったわけではない。羽田空港国際線ターミナルの“降車場”での客待ちは確かになくなったかもしれない。だが、中国人は“上に政策あれば下に対策あり”である。筆者は今回、自家用車を空港パーキングに停めて、そこへ客を誘導する、それらしき中国人運転手を何人か目撃している。また、国土交通省関東運輸局も、羽田空港に集まっていた白タクが他の場所へ分散するおそれがあるという懸念を語っている。

 中国では以前から白タクが多かったが、あくまでも“裏”の交通手段だった。それが、配車アプリやスマホ決済の普及によって、タクシー以上に便利な交通手段として認められるようになった。

 今後、こうした新手のビジネスモデルや商習慣は、日本にも次々に押し寄せてくることだろう。その際「日本では違法」というケースが出てくることは十分に予測できる。今回の羽田空港での警察の速やかな対応は、今後に向けての貴重なノウハウの蓄積になったのではないだろうか。