ミャンマーでゴム製品を生産するミャーナックの工場

 ラストフロンティアと呼ばれるミャンマーで、日緬両国が官民挙げて開発を進めるフラッグシッププロジェクト「ティラワSEZ」。その現場で奮闘する挑戦者たちの物語を紹介する。

「食わず嫌い」しないポリシー高じて出家

 「縁がある人にはできるだけお会いしようと決めてるんですよ」

 突然押しかけた不躾を詫びる筆者に、ミャーナック社長の小林良輔さんは優しい笑顔で出迎えてくれた。「食わず嫌い、会わず嫌いはしないのがポリシー」と屈託がない。

 よく通る快活な声で語られる話からは、確かに転機を迎えるたびにこのポリシーに従って行動してきた様子が随所に垣間見え、なるほど前評判通り面白い人だと思った。

 2017年4月、水祭りの休暇を利用して近くのチャイカウーパゴダで出家し、剃髪・袈裟姿で3日間、瞑想の日々を過ごした。

 それも、「気づいたら日本の本社で私が出家したという噂が広まっていたので、やるしかないと思った」と言う。チャレンジ精神は相当なもののようだ。

 ミャーナックは、自動車部品をはじめ、工業用ゴム・プラスチック製品の開発や販売を100年近く続けてきたゴムノイナキ(名古屋市)が100%出資する会社で、ゴム製品のミャンマーにおける製造拠点だ。

 ゴムノイナキは1919年設立で来年創業100年を迎える老舗商社で、ミャーナックのような製造子会社を子会社として抱え、メーカー機能も備えている。

 実際、ミャンマーのほかタイのサイアムナック、インドネシアのネシナック、ベトナムのベティナック、チェコのユーロナックなど、海外9か国12都市に製造や販売会社をもつ。

 ミャーナックは、経済成長で先行する東南アジア各国や中国の人件費高騰を受けて、生産能力を分散化するために開設した。2015年4月に登記し、2017年7月から操業を始めた。小林さんはその初代社長である。

セットアップ業務に奔走

 「初めてミャーナックの設立構想を耳にしたのは、2014年頃だったでしょうか。当時はインドネシアに駐在していたこともあり、まさか自分がミャンマーに赴任することになるとは思ってもいませんでした」と小林さん。

 5年に及ぶインドネシアのネシナック勤務を終えて帰国した時、「これでしばらくは落ち着いて日本にいられる」と考えていた。ところが、わずか1年後に上司からミャンマー行きを打診された。この時はさすがに驚いたそうだ。

 工場の建設から人材の採用まで、初代社長には2代目以降にない苦労がある。そのため、海外経験豊富な社員でも、初代にはなりたがらないのが普通だ。

 しかし、小林さんは違っていた。自らのポリシーに照らして考えた時、断るという選択肢はなかったのだ。

 「セットアップ業務はトップバッターしか経験できない。これはチャンスだ。やってみよう」

 実際にミャンマーへ来てみると、文字通りゼロからスタートしたティラワSEZでの立ち上げは、頭で考えていた以上に大変だった。

 まず、原材料の調達すらスムーズには進まなかった。同社のゴム部品の原材料はほとんどが石油由来の化成品だが、ミャンマー国内では製造されていないため、近隣国から輸入するしかない。

 しかし、現状では日本から大型コンテナ船がティラワ港に直接入港することができないため、海上輸送の場合はシンガポールなどで小型のフィーダ船に積み替える必要があり、その分、余計に時間がかかる。

 少しでもリードタイムを短縮することでコストに直結する在庫を減らしたい製造業にとっては、切実な問題だ。また、銀行手続きにも手を焼いた。

 海外の仕入れ先に原材料の購入代金を送金するのにも、見積書、注文書、パッキングリスト、輸入許可書など、様々な書類を揃えて取引銀行に提出したうえで、ミャンマーの中央銀行の承認を得る必要があったのだ。

 ビジネス環境が整っているほかの東南アジアに比べ手続きは煩雑極まりなかった。

 さらに、小林さんが今後、知恵の絞りどころになると見ているのが、人材の確保だ。

 人件費が高騰し続ける中国やインドネシアと比べてこの国の人件費がいくら安価だとは言っても、日本語が多少でもできる人材の平均給与は決して安いとは言えない。

 さらに、もともと人口がまばらな平野を切り開いたティラワSEZの周辺には住民が少ない。近隣の村まで対象を広げて求人しているものの、思ったように人材の採用ができていない。

 さらに、ゆくゆくは入居企業間の人材獲得競争が激化するのは避けられそうにもない。

グローバルネットワークを最大限に活用

 苦労を挙げればきりがないこの新天地でビジネスに挑む秘策は、ゴムノイナキが海外に張り巡らせてきたグローバルネットワークの活用だ。

 例えば、将来の幹部候補生と見込んだスタッフは、日本の本社やベトナムのベトナックの工場で研修を受けさせ徹底的に鍛える。

 また、工場の設備や部品の設計図についても、ベトナム工場など実績のある他の拠点が使っているものに準拠させ、そのノウハウを最大限に活用した。

 作業の手順や工程ごとに使うべき工具など、他の拠点で実際に使われている作業標準書の記述をビルマ語に翻訳している。

 今は日本でメンテナンスしている金型も、ゆくゆくはタイ現地法人であるサイアムナックの協力を仰ぎ、タイから調達する考えだ。目指すのは、「グループの生産拠点の中で最も安いモノづくり」だと言う。

 小林さんは、ミャンマー人の幹部候補生たちに「将来はあなたがここの社長になりなさい」「君はゆくゆく工場長になる身だからね」と折に触れて声をかけるようにしている。

 ミャンマーで仕事をさせてもらっている以上、将来的にはミャンマーの人が主役の企業になるべきだと考えているからだ。

 「企業を持続的に存続させるためには、固定費の高い日本人をいかに減らしていくかが課題」だと話す小林さん。最終的には、日本人駐在員がいなくても会社を運営できるようになってほしいと願っている。

 そのため、何か計画通り進まないことがあった時に、ミャンマー人社員が「ここはミャンマーだから仕方がない」などと発言すると、厳しい言葉が飛ぶ。

 「それを言ってしまったら何も始まらないでしょう」「本当にそれでいいの?」

 「自分の国のことや、同胞の人たちのことを、諦めたり、蔑んだりするようなことは言ってほしくない」からだという。

 「お客様のニーズに合わせて資材を配合する配合計量は、ゴムメーカーにとって最も重要な工程であり、その割合は企業秘密。ラーメン店におけるの出汁と同じで、絶対に明かせません」

 「軽量した材料は、うどんやパスタ生地のように練り、麺を切るようにカッティングしていくんです」

 素人にも分かりやすいように比喩を多用した説明は茶目っ気たっぷりでもある。

 また、「ミャーナックの〝ミャー″を猫の鳴き声になぞらえ、昨年から肉球のイラストをロゴに入れました」と言う。

 こうした分かりやすく楽しい表現ができるのは、仕事への愛が人一倍強いからでもある。ミャンマーでは、社員の緊張をほぐし前向きに仕事を進めるは、こうした遊び心が大切だという。

 冒頭の出家のエピソードも、もとはと言えば「経験な仏教徒の多いこの国で僧侶にモノづくりの心構えを説いてもらえば、社員たちも誠意をもって仕事に向き合うようになるのではないか」という着想から始まったのだという。

 日本人の指示を聞くだけでなく、自ら主体的に、誇りをもって仕事に取り組める人材を育成するためには工夫を惜しまない

 明るく人間味あふれる小林さんなら、トップバッターとしての試練の数々も、必ずや軽やかに乗り越えていくに違いない。