IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.06

ブロックチェーンが変える新しい食物流通とは
暗号通貨だけではないブロックチェーンの活用事例その2

BY

2018年になって仮想通貨の取引所で重大な事故が立て続けに発生している。コインチェックによるNEM流出や、Zaifでビットコインが0円で購入できてしまうバグが発生するなど仮想通貨界隈が悪い意味で注目を浴びている。

アメリカではゴールドマン・サックスグループの投資調査の責任者が「大半の仮想通貨は現在のままの形で生き残ることはないだろう」とコメントするなど、ネガティブなニュースが先行している。

しかし、これらの問題は仮想通貨を支える技術「ブロックチェーン」の価値や信頼性とは関係ない。

ブロックチェーン技術を活用して変革が起こる業界はこれからも増え、人々のビジネスや生活を変え続けていくだろう。

そんなブロックチェーンは昨今、農業への適用も進んでいるのをご存知だろうか。変化の内容と生産者・消費者へのメリットを含めて、ブロックチェーンと農業の今を簡単に解説し、ブロックチェーンがこれから様々な業界にどのような影響をもたらすのかを考察する。

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンについて、簡単におさらいをしておこう。

ブロックチェーンとは、言ってみれば様々なプレイヤーが共同で利用できる帳簿のようなものだ。P2Pという分散管理ネットワーク技術によって信頼性や追随性などが担保される。インターネットのように多くのコンピューターが参加できる状況において、中央で管理する存在がなくとも、参加者の間で合意形成ができるという仕組みで、データの改ざんが事実上不可能になる。

この技術が仮想通貨であるビットコインに実装されて世に出たところから、「ブロックチェーン≒仮想通貨」との認識を持つ人が多い。間違ってはいないのだが、この技術を活用できる業界は仮想通貨に限らず、幅広い。

農業とブロックチェーンの解説をするにあたり、詳細なブロックチェーン技術の解説は省くが、以下の3つの特徴を把握しておけば読み進めることができるだろう。

1.ブロックチェーンはデータを分散処理していること

2.誰かが自分のデータだけ改ざんしようとしても、ネットワーク内で分散共有されているので、整合性がとれなくなるためにできないこと

3.ブロックチェーンネットワークの参加者は勝手に改ざんできない帳簿データを共有すること

ブロックチェーンが農業に与える恩恵

それでは早速ブロックチェーン×農業の事例を見ていこう。

・コーヒー豆の生産者、産地、購入者を記録

世界で二番目に大きな貿易商品と言われるコーヒー。その農業労働者の家族は1日2ドル未満で生活しているというデータがある。

コーヒーのサプライチェーンソリューションを提供するbext360では、収穫された豆をその場で3段階のグレードに分別し、その場で農家と価格の交渉ができる。

ここで使われるアプリ・クラウドサービスにおいてStellar.orgのブロックチェーン技術が使われている。豆の生産者や生産地はもちろん、誰がいくらで購入したかといった情報がブロックチェーンによって記録されることから、取引の仲介料が発生しない。結果的に農家にも消費者にも負担やロスのない取引が完結することになる。

・有機農業発祥の町で生産情報を付与

電通国際情報サービス(以下ISID)では、有機農法に早くから取り組んできていた宮崎県東諸県郡綾町と連携して、2016年10月からブロックチェーンを活用した有機農産物の品質保証を行なう実験を発表している。

それぞれの野菜の包装にQRコードを付与、消費者はスマホでQRコードを読むだけで、野菜が育った土壌や、作付けがいつ行なわれたかといった生産プロセスを包装単位で調べることができる。

ブロックチェーンは運用範囲が狭くコンピュータ一台辺りが処理するデータの比重が大きくなると改ざんに弱くなる性質がある。ここでは複数のブロックチェーンを連携させることでその弱点を補っている。

・ジビエの流通履歴をブロックチェーンで蓄積

農業ではないが、食の安全を消費者に示すという意味ではジビエ食肉の世界も同様だ。日本でもジビエの安全性を高め確認できるシステムが動きつつある。

2017年10月、一般社団法人日本ジビエ振興協会が、ジビエ食肉の追跡システムにブロックチェーンを採用し試験運用を開始している。採用したシステムはテックビューロの「mijin」。

このシステムでは加工地で商品の食肉データをmijinブロックチェーンに登録する。ブロックチェーンに登録することで、扱われた履歴を随時記録することができ、流通データが蓄積していく。

日付・経由地・管理者・品目・数量・価格などを中間で取り扱う業者や消費者がシステムで確認でき、どこかでデータが改ざんされた場合も検知可能だ。

ジビエの流通はシステム面を含めた制度の確立が求められているが、まず安全に食を届けるという動きが盛り上がっていることは良いイメージが当たるという意味でも有効だろう。

食の透明化は食べる側に安心を与える

ブロックチェーンと食といった点で、どのような変化が起こるか、身近な例を挙げて考えてみよう。

道の駅で売られている地産の農作物を見たことがあるだろうか。そこで売られている農作物の多くは地元の農家の名前などが入っており、誰がいつ生産したか分かるようになっている。

こうした情報が一元化され、改ざん不可能になるのが農業のブロックチェーン化で起こる現象だ。生産者と生産時期だけではなくどのような農薬を使ったか、いつ袋詰され、消費者に届くまでにどのような農協・市場・卸・小売を経由したのかも見えるようになる。消費者が生産者を確認できるようになることで、消費者の購入行動が変わる可能性もあるだろう。

もちろん、それぞれのプレイヤーがブロックチェーンに確実に記録していくことが大切であることは言うまでもないが、個々の記録を正確にマメにつけていく仕組みはセンサーを利用してデータを取得するといったようなIoTの分野で解決していけるだろう。

消費者が信頼性を確認できる仕組みが生まれる

生産から小売までの過程が密に記録され、消費者が情報を追えるようになるのは農業だけにもたらされるメリットではない。ブロックチェーンを活用した全ての流通する世界で恩恵を被れる共通のことがらと言えるだろう。

仲買や取次といった仕事はブロックチェーンの導入で少なくなっていくかもしれないが、その分、適切なデータ入力の仕組みを作り運用する人材のニーズは高まってくるはずだ。ブロックチェーンが農業をはじめとした流通のビジネスを刷新する日は近い。

JBPRESS

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ
HPE、エッジコンピューティング分野に注力--約4400億円を投資へ
コモドソリューションズ、熱中症対策IoTを保育・教育・地域活動へ展開
IoT機器の固体認証向け新PUF技術、東芝が開発
IoT人気記事ランキング|図解!「IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと」など[6/11-6/17]
KDDI、漁業IoTを実現するスマートブイの新型――軽量・省電力化しセルラーLPWAにも対応
LPWAに対応したシューズ向けIoTモジュールの実験に成功

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。