創業以来、独創的な技術でプリンターや時計など数々の分野に革新を起こし続けてきたエプソン。作家・村上 龍の視点で、エプソンの技術に流れる独創性を考察する。(前回の記事「父の願いと唯一無二のアナログ時計」はこちら

母との散歩

 父が亡くなってから、母を横浜の自宅に呼び、同居をはじめた。それまではわたし一人で、愛犬のシェパードを連れて、近くの公園に散歩に行っていたのだ が、母もいっしょに行くことになった。母は、教師で、もちろん家事もこなし、わたしと妹を育てた。子ども心にも忙しそうだったから、甘えたことは言えなかったが、いつもいっしょにいられないことで、ふと寂しさを感じることもあった。そういったことも手伝って、犬を連れての、老いた母との散歩は、貴重な時間となった。

 公園は、横浜市と川崎市の境目にあり、とても広く、ランドスケープデザインも気に入っている。中央付近にポツンと、小規模なフィールドアスレチックなどがあるだけで、広々とした原っぱの周囲には、公園として開発される前の雑木林がそのまま残してある。「小さな森」が残されているのだ。冬には落葉の絨毯ができて、春に芽吹き、夏にはセミの合唱が響き、秋には紅葉がある。「小さな森」は、生命の息吹を感じさせる。その中を、母と歩く。何気ない会話が、宝物のように感じられる。

森が象徴するもの

 森は、二酸化炭素の吸収源であり貯蔵庫でもある。また水質の浄化や洪水・渇水を緩和し、土砂の流出や崩壊を防止する。だが世界的規模で、またさまざまな理由で、森は失われつつある。海とともに、森は、あらゆる環境問題の重要度、深刻度を示す指標となっていると思う。

 また、森は、地域との共生に貢献することがある。入植・移住する人々は、その土地にまず植林をすると聞いたことがある。育っていき、広がっていく森が、自らが選んだ土地であることを示すのだ。植林し、森を作る運動に参加する子どもたちは、自分たちの成長と、大きくなる樹木を重ね合わせ、地域との共生を自然に感じとる。

 そして、森は、わたしたちの精神にも影響を及ぼす。

「あんたはよく迷子になった」

 雑木林をいっしょに歩いているとき、母がそんなことを言った。
「心配やったけん、住所と名前を書いた名札をつけたよ。覚えとるやろか」

 墨で住所氏名を記した小さな布きれを胸のあたりに安全ピンで留められた。雨が降ると墨が滲んで、また新しく名札が付けられた。よく覚えている。

「あるとき、閉山した炭鉱に行ったらしくて、そのあと、その近くの森に入り込んで、剪定をしていた人が見つけて、親切な人で、家まで送り届けてくれた」

 道具袋を腰に巻いた初老の人に手を引かれて森を抜け出し、家に戻ったのだった。

「この子は、変わっとる、その人が言うた。たいていの子は、薄暗い森が怖くて、泣くもんやけど、この子は、なんか、考え事でもしとる感じで、ただ歩いていたって」

 森で迷子になったとき何か考えていたのか、記憶にない。だが、太古の昔から、夜の闇に包まれた森は、怖くもあり、また魅惑的でもあった。森は人々に畏敬の念を抱かせ、安堵と不安の両方を与えた。森はいろいろな国の民話の宝庫でもある。想像力を育む。そして、想像力は、独創性の源泉である。

考え続けるという意志

 独創性とは何か。このシリーズエッセイのテーマだが、独創性には、「考え続けるという意志」が含まれると思う。たとえば、エプソンのインクジェットプリンターの開発の歴史がそのことを証明している。レーザープリンターと比べると、インクジェットは、構造そのものははるかにシンプルだ。できる限り小さな噴出口から、できる限り短い時間に、できる限り多数の、できる限り正確に制御され、できる限り鮮明なドットを打ち出す。エプソンはそのことに挑戦し続けてきた。
 

省電力化への永遠なる挑戦

 現在では、指先でかろうじてそっとつまめるような極小のチップに、ほとんど視認できない1000個の吐出孔が整然と並び、正確な制御のもと、一秒間に五万発のインクが打ち出される。人間の五感ではイメージできない世界だ。

 ところで、レーザープリンターだが、印刷されたばかりの紙は熱を持っている。できたてほやほやという感じだが、その熱は、だいたい120~180度、トナーを用紙に定着させるために生まれるらしい。インクジェットはインクを吐出させるだけなので、印字の過程で熱は発生しない。構造的に、インクジェットでは、圧倒的な省電力が可能なのだ。

 十年ほど前、自宅を新築するとき、南向きの屋根全面にソーラーパネルを設置した。環境保全とか、大げさに考えたわけではなく、ごく自然に、決めた。省エネは、実感しづらい。ただ、陽光に映えるパネルは、見ていてきれいだし、気持ちがいい。

 わたしたちは、たとえばプリンターについて考えるとき、機能や価格だけではなく、ごく自然に、環境への負荷も考えるべきなのだろう。実際に、今はすでに、企業価値を測るうえで、事業利益や売り上げや利益率だけではなく、省電力化を実現しているかどうかなど環境配慮姿勢に関しても、重要な判断材料のひとつとなっている。

 エプソンは、歴史的に培われた精密技術を、考え続けるという意志によって進化させ、インクジェットプリンターに代表される、あらゆる領域で省電力化を実現しつつあり、結果的に、世界中の、森を愛する人々に希望を与えようとしている。

LX-10000Fシリーズ


■WorkForce Enterprise スペシャルページ
https://www.epson.jp/products/bizprinter/wfe/


■スぺシャルコンテンツ「世界を白紙からつくる」https://www.epson.jp/products/dokusoryoku/


<関連記事>
独創性という意志 村上龍「父の願いと唯一無二のアナログ時計」
独創性という意思  村上龍「天才の発見を受け継ぐ」

<PR>