IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.03.03

ラーメン屋にもAI 。人工知能で変わる「おもてなし」
AIによる接客で、人手不足解消も

BY

のれんをくぐってお店に入って席に座る。

「マスター、いつものやつちょうだい!」

と注文すると、それ以上は何も言わずともお気に入りのメニューが提供される。

これは飲食店の常連になることで得られる楽しみの1つだ。店主の頭の中に嗜好が把握されているということは、たんに常連として認識されている以上の特別感も得られる。

お店側からしても、常連客に特別だと思ってもらえることがリピートしてもらうための大きなポイント。要するに、顧客とお店がWin-Winの関係にあるのだ。

港区芝大門にある「鶏ポタラーメン THANK(サンク)」では、こうした取り組みをAIで実現しようとしている。コミュニケーションロボットのSotaを店舗に設置。あらかじめ専用のアプリで顔写真を登録することでSotaが顔認識を行い、来店回数に応じてトッピングを無料提供する仕組みを作っている。

「鶏ポタラーメン THANK」の券売機

現時点ではAIによる恩恵が「ポイントカードの置き換え」までという状況ではあるが、ロボットによる接客事例はそこまで多くなく、エンターテインメント性に優れている。顔認識をして条件分岐をしサービスを変更できるロジックが整えば、常連客へのサービスは大きく前進するだろう。

クラウド型顔認識技術が顧客サービスを支える

Sotaに導入されている顔認識システムを開発したのがヘッドウォータース。ここでは人型ロボットの先駆け・Pepperをはじめとしたロボットへのアプリ提供を行っている。中でも「SynApps(シンアップス)」という顔認識ロボットアプリが核となり、ロボットとAIを組み合わせたサービスも多数展開しているのだ。


SynAppsを活用したサービス事例として、居酒屋の卓上にSotaを置いて飲み会の会話に参加する「飲みニケーションロボ」を開発したり、北海道発の人気ラーメンチェーン・山頭火のUniversity Village店(アメリカ・シアトル)でもSotaが顧客に合わせてメニューのレコメンドを行ったりするなど、エリア・言語を問わずプロジェクトが行なわれている。同社のロボットを活用した接客事例は今後ますます増えていきそうだ。

広がるAIのおもてなしサービス

AIやロボットを活用したおもてなしサービスは他にもいろいろ行なわれているので、事例をいくつか紹介しよう。

老舗旅館はAIのFAQを活用して予約を2桁増

箱根の老舗旅館「ホテルおかだ」は2017年5月、同旅館の公式HPのFAQ画面にAIを導入した。海外からの予約や、オンライン経由の問い合わせが増えるなど、ネットに絡む業務が多様化するなか、人材育成に課題があった同旅館だが、AIを活用することで解消を図った。

「ホテルおかだ」のWebサイト

AIを導入するまで、問い合わせにはスタッフが電話応対を行なっていた。しかし、9時から19時を中心とする限定的な時間だけの人的な対応だったため時間外の問い合わせには対応できなかった。FAQシステムを導入したことで、電話応対ができない時間帯の問い合わせをカバーしてくれることが成果に繋がったのか、予約数が向上しているという。


Web制作会社が送るAI接客システムは多くの領域に対応

10代の若者が利用する「SHIBUYA109」でもAIを活用した接客が行なわれている。

「SHIBUYA109」内に店舗を構える「SBY」の店頭には デジタルサイネージ型の人工知能接客システムが設置されており、問い合わせに対して音声やテキストで対応している。店内には「新スタッフの『ゆう』です」などと紹介されており、利用者は話しかけたり画面にタッチしながらお店の商品情報を得ることができるようになっている。

「SBY」の店頭に置かれたデジタルサイネージ


接客業務をAIが行うことで、人手不足の解消や空白の時間を作らないようにすることができる上、問い合わせ内容を蓄積し分析することで顧客サービスの向上も図れるという。

顧客データの活用が更なる顧客サービスの向上へ

様々なシーンでAIによる顧客対応が行われ始めているが、これらには2つの側面がある。

1つは人に変わってAIやロボットが対応することによる、人件費の削減やサービス時間の延長などを含めたサービスの質の向上。もう1つは、顧客対応をしたログを蓄積することで、そのデータを活用し更なるサービス向上へつなげる動きだ。

AIの特徴として見逃してはならないのが疲れによる間違いがない、ということだ。そのため機会損失を減らすことができ、対応数も人間以上にこなすことができる。

そこから蓄積されたデータを分析すれば、そのビジネスの利用者がどのような疑問・質問を持つのかがおのずと見えてくることだろう。サービスをしながら同時にアンケートを取っているようなものだからだ。

利用者の声を多く聴き、サービスに反映することができるAIの導入によって、サービスの質の向上ができる。接客業にとって、AI導入は避けて通れないほど重要な存在になるのではないだろうか。

JBPRESS

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した

AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」

高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション

STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に

国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査

SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ

凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業

FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ

配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験

製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

省電力ボードで組み込みビジョンを実現

「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状

東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止

IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】

Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示

トッパンフォームズ、2周波数帯対応のICタグ

HPE Aruba 田中泰光氏インタビュー「IoT時代へインフラの抜本改革」

衝撃動画!! 1トンの鉄球をブチ込んでも壊れない「超強力な家」を可能にしたのは、技術とIoTの融合だった

真の5G社会で必須になる「5G SIM」、ジェムアルトが解説

IoTニュース

鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業
省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】
Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。