創業以来、独創的な技術でプリンターや時計など数々の分野に革新を起こし続けてきたエプソン。作家・村上 龍の視点で、エプソンの技術に流れる独創性を考察する。
 

父が残した言葉

 わたしの父は、いろいろなものを保存するのが好きだった。また、日記をはじめ、さまざまな記録もつけていた。亡くなったとき、保存してあったものを受け取ったが、育児日記があって、その詳細な記述に驚いた。書き込みできる形式の、市販の書籍で、目次として、「生まれる前の母子の健康」「父母の思いと願い」「命名」「記念にはじめた貯金・保険・植樹」などの項目が、誕生から、成長していく順番に並び、かなりのスペースが用意されていて、父は青インクの万年筆でびっしりと書き込んでいた。父は、美術教師、画家だったが、書くことも好きだった。

「父母の思いと願い」というページに、次のように書かれていた。
「小さき息子よ、これを読むのはだいぶ先だろうが、気を悪くするなよ。はじめは、絵の勉強の邪魔になりそうだし、出費もかさむので、お前は、生まれてこないほうがいいと思っていたのだ」 

 こんなことを書く父親がいるだろうかと思った。

「だが、いつしか、俺の生命の片割れは、たとえどんなやつだろうと、現れたほうがいいのかもしれないと思いはじめた。そして、どうせ生まれてくるなら、何かの傑物になれ、独創性ある仕事をする人になれと願いながら出現を待ったのだ」

 出現って何なんだ、とつぶやきながら読み進んでいると、「記念にはじめた貯金・保険・植樹」というページがあった。「小さき我が子よ、恨むなかれ。貯金する余裕もなし。樹を植える場所もなし。もちろん金もなし。精神的な支援のみだ。だが、そうだな。何としても、独創性だけは身につけてくれ。独創性。それは貯金や植樹などよりはるかに重要なのだ」
 

独創性、そもそも何なのか

 独創性、よく使われる言葉だ。「他人を真似ることなく、独自の考えでものごとを作り出す性質・能力」と辞書(大辞林 第三版)には記してある。だが、その定義はかなり曖昧だ。独自の考えで作り出した物事の、「価値」への言及がない。その価値を決めるのは誰かという問題もある。「物」や「事」の価値を決める基準は何なのだろうか。商品や製品の場合は「売れる」だけではなく、「社会を変えてしまうような革新性」ということだろうか。イノベーションという言葉が、そういった概念を象徴する。

独創性って、学べるのか

 創造性を代表するのはアートだろう。小説はどうだろうか。わたしは「創造性に充ちた小説」を書こうと思ったことがない。だが、誰の真似もしない。正確に言うと、「真似をしない」のではなく「できない」のだ。奇妙な言い方だが、「自分自身の真似・コピー」もしない。これまで書いたことがある手法・文体、モチーフだと、すでに飽きていて、そんな小説は、書くことができない。

『トパーズ』という短編集では、読点だけがあり、句点がほとんどない、長い長い独白のような文体を用いた。読みやすいとはとても言えない文体だが、目的や欲求を自覚できず、また社会的規範からはみ出した女性たちの心情を描くとき、非常に有効だった。

 その特殊な文体は、意識的に考えたわけではない。女性たちの心情を「翻訳」しようとして書きはじめ、ふと気がついたら、句点をつけず、永遠に終わりそうにない文章を書いていた。だが、『トパーズ』以降、一度もその文体を使ったことはない。

 もっとも大きな疑問は、「独創性というのは努力すれば得られるのか」「訓練によって独創性は育つのだろうか」というものだ。「独創性を学ぶ教室」というものがあると仮定してみよう。独創性を持つ人は、そんな教室に入ろうと思うだろうか。独創性とは、特定の個人、組織に自然発生して、それを維持させていくという意志ではないのだろうか。
 

オリエントスター

 エプソンの時計を買った。オリエントスターというシリーズの一つだ。国産の腕時計を買ったのは、生まれてはじめてかもしれない。

 その時計を、最初に腕に巻いたとき、不思議で、かつ微妙な感覚があった。きれいなデザインだったが、それまで使っていた海外ブランドの時計とは何かが違ったのだ。購入して四日目に、その感覚の正体に気づいた。そもそも時計は、権力の変遷を象徴している。人類最古の時計と言われる「暦」は、日蝕などを予言し、農耕に関する情報を与え、天候の変化による災害のリスクを減じ、古代国家における、王の支配力の源泉だった。今は、ほとんど誰もが時計を持っている。特別な独裁国家を除き、権力が分散し、民衆が政治を選ぶようになった証しかもしれない。

 オリエントスターを腕に巻いて四日目、その不思議な感覚が、「日本人が創り出したオリジナリティ」なのだと気づいた。わたしはナショナリストではないが、不思議な感覚が、いつしか「静かな誇り」となった。その時計が持つ「独創性」に精神と感覚が同調した、そう思った。

次元が違う「TRUME」

 オリエントスターには、そよ風のような「独創性」を感じるが、「TRUME」は、次元が違う。チタン合金のケースデザインにおいて、戦国時代の武将が身につけた「鎧」がイメージされているらしい。だが、その大胆で鮮やかな形状と色合いの内部には、長年にわたり培われ、磨き抜かれて、絶対に他が真似できない、極小・精密のセンシング技術が収められている。さまざまな計測センサー、およびGPSセンサーは光充電で稼働する。

 わたしたちは 「TRUME」によって、時間を知るだけではなく、気圧や高度などの「空間」の変化から、歩数や消費カロリーなど「人間の基本的な運動・代謝」まで、ダイレクトな「情報」を身につけることができる。だから、と言うべきか、しかし、と言うべきか、「TRUME」の、時を刻む機構は、アナログなのだ。まさに「独創性という概念を時計として形にした」そんなアナログウオッチである。

写真 左:TRUME(トゥルーム) 右: ORIENT STAR(オリエントスター)



■スぺシャルコンテンツ「世界を白紙からつくる」http://www.epson.jp/products/dokusoryoku/

■時計の形をした独創「EPSON MOMENT」
http://www.epson.jp/products/moment/

<関連記事>
独創性という意志 村上龍「森を愛する心と、精密技術について」
独創性という意思  村上龍「天才の発見を受け継ぐ」



<PR>