IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.13

7割が「起業したくない」。世界と比べ消極的な日本人労働者
日本人は労働意欲が低い? 意識調査から見えた実情

BY

IoT、人工知能、フィンテック、ブロックチェーンなど、さまざまなテクノロジーの技術革新が進む中、新しいサービスの開発や革新的な技術を持つ新興企業が次々と誕生し、国内外問わず大きな注目を集めている。

また日本では、政府が主導で取り組む女性活躍推進と連動して、専門的な知識や生活を通して得たアイデアを元に、事業を立ち上げる女性起業家たちが活躍の場を広げている。

しかし、ランスタッド社が世界33の国と地域で実施した労働者意識調査から、日本人の起業意欲がグローバルと比較して未だ低いことが分かった。

7割が“起業したくない”。日本が33カ国中、もっとも企業したくない国に

中小企業庁によると、日本の開業率※はイギリスやアメリカのおよそ半分の4~5%で推移しており、日本人は起業に対して消極的であると言われている。(中小企業白書2016)
今回の調査でも「起業したいとは思わない」に、グローバルの平均では53.1%が「はい」と回答したのに対し、日本は69.9%が回答。33の国と地域の中で最も高い数値となった。
※1年間に開業した法人数が、会社数全体に占める割合

 

「スタートアップ企業での勤務意欲」もグローバルとの差が明らか

18~24歳の若年層に着目してみると、「より多くの機会を得るために起業したい」に「はい」と回答したのが、日本では28.3%だったのに対し、グローバルでは63.8%と、起業意欲に大きな意識の差がある。

また、同じ若年層で「スタートアップ企業で働きたい」と回答した日本人が30.4%に留まったのに対し、グローバルでは60.0%が「働きたい」と回答。ここでも大きな差があることが明らかになった。

「起業するのに良い国」は最下位。日本人の起業意欲の低さに影響か

世界と比べ日本人労働者の起業意欲の低さは、国民性や文化の違いも一因していると考えられる。しかし今回の調査では、「スタートアップ企業に対する公的な支援」や「起業に適した国である」と考える労働者の認識にグローバルと大きな差があることが分かった。

労働意識調査ランスタッド・ワークモニター 2017年第1四半期
https://www.randstad.co.jp/wt360/archives/20170511.html

JBPRESS

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」
生体IoTが高齢化救う!インプラント型無線センサーで新時代到来
ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。