IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.12

話題のスマート農業が家庭でも。IoTで野菜を自家栽培
IoTを駆使した沖縄セルラーの水耕栽培キット「やさい物語」

BY

相次ぐ台風の到来や大洪水によって大打撃を受けた2016年の農作物。とりわけレタスの高騰が目立ち、家計を悩ませたのは記憶に新しい。野菜の供給が天災や気候によって左右されるため、自家栽培に興味を持つ人も増えているという。

自家栽培への関心が高まっている今、2017年3月中旬に発売を予定しているIoT技術を駆使した家庭用水耕栽培キット「やさい物語」が注目を集めている。そこで、やさい物語の開発を手掛ける沖縄セルラー電話の國吉博樹氏と加賀武史氏、共同開発のKDDI総合研究所 斉藤和広氏に、開発の経緯について話を伺った。

アプリで育成状態をチェックしてSNS投稿も。育てる楽しみを追及したIoT

「どなたでも簡単に失敗なく野菜が作れるのが、家庭用水耕栽培キット『やさい物語』のコンセプトです。LEDとファン、水槽とポンプで植物工場に近い環境を作り出し、土を使わず、スポンジに種を植えて液体肥料と水を与えて野菜を栽培します。また、本体には水槽内の温度などを感知するセンサーを搭載しているため、アプリ上で野菜の健康状態の管理を可能にした水耕栽培キットでもあります」(加賀氏)

リーフレタスなら、電源を入れると2~3日で発芽する

センサーによって得た温度や湿度、水位などの情報は専用のアプリで確認でき、アプリからは本体のLEDの点灯時間の制御が可能となっている。まさにIoTと自家栽培がひとつになったキットなのだ。

「アプリでは、キット内の気温や湿度のグラフ表示や、水位が必要最低限の量まで下がるなどの異常があれば、スマホに通知が届きます。そのため、水やりのタイミングを逃す心配がありません。また、本体内に搭載された200万画素のカメラで撮影した画像をクラウド上に残すことができ、外出先で野菜の成長を目視で確認することができるのも特徴です」(加賀氏)

せっかく自宅で野菜を作っても食べてしまっては終わりだが、写真によって成長記録を残すことで、さまざまな活用法が見込める、と加賀氏。

「画像が残るので夏休みの自由研究で自家栽培の記録をしたり、FacebookなどのSNSに画像をシェアしてコミュニケーションを取ったりと、活用の幅が広がります。植物工場では、野菜の重量や収穫量が求められてしまいますが、自家栽培の場合は育てる楽しさを追求できるというメリットもありますね。やさい物語の発売後には、野菜の育て方などの情報や栽培しやすい種の供給など、アプリやホームページを通してアフターフォローをしていく予定です」(加賀氏)

彼らが水耕栽培キットの販売だけでなく野菜作り全般のフォローができる理由は、沖縄セルラーが展開している植物工場事業に由来している。植物工場で培われた知識や技術が、やさい物語にも活かされているという。

「LEDの波長で育てやすい野菜の種や水耕栽培に適したスポンジなど、植物工場でさまざまな試験をおこなっています。現状では、レタス類やバジルなどのハーブ類の栽培に成功しているのですが、今後もさまざまな野菜を試験的に栽培していくので、より育てやすい野菜の情報についてもご紹介できると思います」

一朝一夕では得られない栽培のノウハウも、やさい物語の強みのひとつとなっているのだ。

最大の強みは植物工場で培ったノウハウ

3月の発売を目前に控え、情報解禁以降、多くの問い合わせが寄せられているというが開発のきっかけとは?

「沖縄セルラーでの植物工場事業が2013年から始まり、現在は市場の流通も安定しています。この新たな事業についてKDDI総合研究所さんにお話したところ、家庭用の水耕栽培キットというアイディアをお持ちだったので、IoTと自家栽培を組み合わせたキットの開発に踏み出しました」(國吉氏)

現在に至るまで、開発に約1年の歳月を費やしたというやさい物語。しかし、その道のりは平坦ではなかった。

「正直にいうと、今も苦悩のまっただ中です(笑)。沖縄セルラーでは主に本体の開発を担当しているのですが、特に調整が難しかったのは本体のサイズ。机上の理論で設計して作られた最初の模型は、現在よりも一回り大きく食洗器ほどの大きさがありました。現物になると、圧迫感があったため設計をイチからやり直すことになってしまったんです」(加賀氏)

改良を重ねてリビングに置いても違和感のない、現在の(W)480mm×(H)332mm×(D)331mmというサイズにまで縮小したという。

一方、KDDI総合研究所が担う通信技術の開発に関しても、さまざまな壁が待ち受けていた。

「この水耕栽培キットの本体とスマホなどのガジェットは、Bluetooth経由で接続しています。しかし、Bluetoothだけでは受信距離に限界があるため、最新情報を受け取ることができません。そこで、本体をWi-Fiでクラウドにつなげて、すべてのデータをクラウドに集めることになったのですが、クラウドとアプリと基板、異なる3つの環境を連携させる開発に苦労しました」(斉藤氏)

(左から)加賀武史氏、國吉博樹氏、斉藤和広氏

本体と通信技術、さまざまな苦難を乗り越えて最終調整の段階に入ったやさい物語。今後の展望とは?

「野菜をはじめ、ハーブや植物を自宅で育てる楽しみをやさい物語で体験していただき、家庭での野菜作りを根付かせたいです。やさい物語で成長過程を記録しながら、食育に活用したり、野菜を介して家族のコミュニケーションを図るなど、それぞれの”物語”をつむいでいただきたいですね」(國吉氏)

最先端IoT技術が可能にした、育ての楽しみと食べる喜び。自家栽培が家庭のスタンダードになる日も近い?

やさい物語 価格:34,800円
http://www.oki-toku.com/yasai-monogatari
製品紹介HP
http://yasaimonogatari.com/
 

JBPRESS

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、IoTと連携してフィジカルセキュリティのデータを可視化する基盤
キヤノンITS、高速開発ツールを中核としたIoT向けPoCサービスを提供 | IT Leaders
SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施
ルネサス、1年以内にLoRaWANに対応したマイコンの製品化を目指す
EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。