IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.01.11

マイクロチップはペットに有効? 日本獣医師会に聞いてみた
IoT社会でペットの暮らしはどう変わるのか

BY

15歳未満の子供の数より、犬、猫などのペットの数が上回る「ペットブーム」の今。大切な家族の一員であるペットの未来を考えてみた。未来は人体にマイクロチップが埋め込まれるかも?

現状でペット自身に関わるIoTといえば、マイクロチップだ。
ペットに使われるマイクロチップとは、生体適合ガラスでできている直径2㎜、長さ8〜12㎜ほどの円筒形で、内部にIC、コンデンサ、電極コイルが入っている。このガラスのカプセルで包まれた電子標識器具を皮下に埋め込み、リーダーで情報を読むというシステムになっている。

日本獣医師会に聞くと「埋め込みは獣医療行為にあたるので、動物病院の獣医師が行い、方法は一般的な皮下注射とほとんど変わりません。過度な痛みはないので麻酔や鎮静剤も通常は必要がなく、鳴き声をあげるペットは少ないです」(日本獣医師会・中村 燈氏)

犬、猫の場合は背側頚部(首の後ろ)の皮膚と筋肉の間に埋め込まれ、動物の体の中を移動しないように特殊な加工がされている。「筋肉組織に入り込んだり、内臓に影響を与えるということはまずないと言っていいでしょう」

マイクロチップ自体は電源を必要とせず、電池の交換は必要ない。1度埋め込めば、脱落や消失することはほとんどなく、データが書き換えられることもないので、半永久的に使用できる。電波も発していないので、生体の負担は限りなく少ないと言っていいだろう。

マイクロチップ・日本獣医師会

ペットの身分証明として世界中で活用

環境省の「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」で犬、猫などの動物の飼い主、所有者は、自分の所有であることを明らかにすることが定められており、マイクロチップの装着が推奨されている。

特定動物(危険な動物)や特定外来生物にはすでに個体識別措置が義務化されているが、犬、猫へのマイクロチップ装着は、現段階では「動物を飼っている人も飼っていない人も共生できる社会のため」の努力義務だ。ペットの身分証明として世界中で使用されていて、日本では累計約144万匹の犬、猫などのペットに使われているという。

マイクロチップは基本的にそれだけでは機能しないもの。飼い主のデータを登録して初めて、迷子の犬や猫が飼い主のもとに無事帰れるように利用できる。世界で唯一の15桁の数字(個体識別番号)が標識され、動物病院、保健所、動物保護施設、警察が専用のリーダーで読み取る。

1996年にISO(国際標準化機構)規格に沿って世界的な規格統一がされているので、日本以外でも個体識別が可能だ。北欧諸国では世界に先駆けてマイクロチップを義務化している。またイギリスでは、シェルターに保護された動物にはマイクロチップを装着してから譲渡するシステムが確立されている。

 

月平均20件! 行方不明のペットをマイクロチップ装着で発見

日本では地震などの災害時に行方不明になった犬、猫が保護され、マイクロチップが装着されていたことで、発見されたという例が少なくない。ここ数年で装着率が増えているのも、首輪や名札のように脱落しないので、万一への備えという理由が多いのかもしれない。

他にも、旅行先ではぐれた犬や自宅から脱走して帰れなくなった猫など、「月平均20件ほど」が飼い主のもとに無事帰っているのだ。

さらには近年のペットの高額化によって、人気種や希少種は盗難の被害に遭遇することも少なくない。その際もマイクロチップが装着されていれば、確実に自分のペットであることを証明できるのだ。ペットブームであるがゆえの自己防衛策になる。

現状では迷子札としての機能のみではあるが、将来的にソフトが充実すれば畜犬登録、狂犬病、ワクチン接種などの登録管理も全国共有ができるだろう。

「現実的な話ではないですが、もし先の未来、道路にセンサーなどのゲートができれば、通過の際マイクロチップを読み取って、行方不明のペットが今どこにいるか、わかるようになるかもしれませんね」(中村氏)

現在、国内の動物に関する法律や許認可、登録は、各省庁や自治体などに分散されているため、なかなか整合性が取れず統一した管理システムになりにくい。

ペット税の話が出るなら、動物省を新設し法律や許認可、情報、管理を統一、一本化して、もっとマイクロチップを有効利用して欲しいものである。

これは、ペットのマイクロチップの話だが、未来には人間にマイクロチップを埋め込んで生活する社会があるかもしれない。

マイクロチップの個人情報でドアの開閉の許可や、パソコンのパスワードとして使用することはすでに実験されているが、ある程度離れた場所からでも情報を読み取ることができるRFID(radio frequency identifier)マイクロチップが実用化されれば、手のひらに埋め込むことで、クレジットカード情報を使い、ショッピングもできる。

JR東日本のSuicaなどのように、手のひらをかざすだけで改札を通過する事も遠くない未来にできるだろう。マイクロチップは、IoT社会でどんな使われ方をしていくのか、楽しみなシステムである。

取材/公益社団法人 日本獣医師会

JBPRESS

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。