農業、漁業の垣根をなくして「垂直的」復興を

復興構想会議で「地域復興公社」の設立を提言

2011.05.16(Mon) 高成田 享
筆者プロフィール&コラム概要

 「いよいよ出漁します」。はずんだ声で、宮城県石巻市にある鈴木漁業の鈴木廣志さんが電話をかけてきた。

 鈴木さんは沖合底引き網船「龍神丸」の船主で、宮城県の沖合底引き網漁協の組合長でもある。東日本大震災では、津波で事務所を失ったものの、船は沖に出て無事だった。組合の13隻も難を逃れ、出漁のサインを待っていたのだ。

 ただ、いつもなら石巻漁港から出漁し、この港に水揚げをするのだが、石巻漁港も魚市場も震災で大きな被害を受けたため5月7日早朝に同県塩釜港からの出港となり、8日夕に同港に戻った。そして9日未明に、キチジ(キンキ)、イラコアナゴ、サメガレイ、タラなどを塩釜魚市場に水揚げした。

 「ご祝儀相場で、値はよかったが、漁はいつもの3分の1だった」と鈴木さん。「ずっと休漁していたのに、船頭によると魚影はほとんどなかったようで、やはり地震の影響だろうか」と言う。

 漁場は宮城県沖50キロの距離だったが、アルバムとバッグを網が拾ったという。バッグの持ち主は岩手県釜石市の人のものだったそうで、ずいぶんと流されてきたことになる。切ない話だ。

 出漁は明るいニュースとはいえ、沿岸の漁業者の多くは船を失った上、がれきの処理などで、5月いっぱいの出漁は難しいという。

 一方、受け入れる漁港も魚市場もまだ少ない。宮城県最大の石巻魚市場は、被害の少なかった岸壁を利用した「青空市」で6月には魚市場を再開したいとしているが、鮮魚の品質を保つ製氷工場が被害を受けている。また、道路の陥没がひどく、トラックを寄せるのが難しいなどまだまだ課題は残る。

工場のがれき処理に手が回らない水産加工業者

 石巻魚市場の背後にあった水産加工団地は津波で全滅し、まだ、がれきの処理も進んでいない状態だ。ここに工場を持っていた100社を超える加工業者が生産を再開するには、1年以上かかりそうだ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1948年生まれ。東京大学経済学部卒業。71年に朝日新聞社に入社。山形・静岡支局員、東京経済部員、アメリカ総局員(ワシントン)、経済部次長、アメリカ総局長(ワシントン)、論説委員などを歴任。96年から97年にかけてテレビ朝日「ニュースステーション」キャスターを務める。定年後にシニア記者として2008年1月より2011年2月まで石巻支局長。2011年4月より仙台大学教授。仙台白百合女子大学非常勤講師、前橋国際大学客員教授。農林水産省太平洋広域漁業調整委員会委員。主な著書に『ディズニーランドの経済学』(共著)、『アメリカの風』、『アメリカ解体全書』(共著)、『榎本武揚』(共編著)、『こちら石巻 さかな記者奮闘記』『話のさかな・コラムで読む三陸さかな歳時記』(共編著)などがある。


地方を元気に

地方が元気になってこそ、日本の活力は向上する。独自の手法でまちおこしや市街地活性化に挑む地方自治体、そして地元に根ざした活動で地域力向上に貢献する企業がある。全国のダイナミックな動きを現場から伝える。