アマゾンのJ・ベゾスCEO、世界一の富豪に 米誌長者番付

米アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)。米ウエストハリウッドで行われたイベントで(2016年9月17日撮影)。(c)AFP/TOMMASO BODDI 〔AFPBB News

 アマゾン・ドットコムは、かねて発表していた計画どおり、米ケンタッキー州に巨大な航空貨物ハブを建設する。同社は5月14日、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が参加する起工式を行った

巨大航空貨物ハブが起工

 この航空貨物ハブは、ケンタッキー州ヘブロンのシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港に建設するもので、ベゾスCEOのツイッターへの投稿によると、その面積は約28万平方メートル(東京ドーム6個分)。アマゾンはこの施設に約15億ドル(約1600億円)の費用を投じる。

 施設の開設は2021年を予定しており、2000人以上の雇用が創出されると、アマゾンは説明している。

 ただ、米フォックス・ビジネスによると、この施設は将来、より大規模なものになりそうだ。アマゾンはこの空港で、今後50年にわたり、その13倍に当たる900エーカー(東京ドーム78個分)の敷地を賃借する契約を結んでいる。この施設では、100機のアマゾン専用貨物機が駐機できるという。

アマゾン専用ボーイング機、50機に拡大

 アマゾンは、これに先立つ昨年(2018年)12月、米オハイオ州ウィルミントンの航空貨物会社、エア・トランスポート・サービシズ・グループ(ATSG)との提携を拡大し、同社専用の貨物機を今後2年かけて計50機に増やすと発表した。

 同社が航空機を使った輸送業務を始めたのは2016年。当初は、ATSGと、米アトラス・エア・ワールドワイド・ホールディングスから「ボーイング767-300」を合わせて約10機リースしていたが、これが今では40機に増えている。