(英フィナンシャル・タイムズ紙 2019年4月5日付)

「裏切りをやめろ」 英EU離脱、当初予定日迎え賛成派怒り

英ロンドン中心部で開かれたブレグジット賛成派の集会に集まった人々(2019年3月29日撮影)。(c)Daniel LEAL-OLIVAS / AFP〔AFPBB News

 1975年の春、米国の経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルに強烈な見出しが躍った。「さよならグレート・ブリテン」という見出しだ。

 当時のグレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国)は欧州の病人として知られていた。

 投資家は惨憺たる経済指標や頻発する労使紛争を目の当たりにし、英国から逃げ出していた。グレートさ(偉大さ)は衰退のスパイラルに道を譲っていた。

 この判断は早計だった。英国は国際通貨基金(IMF)に救済された後、北海の原油に救われた。

 人によっては、マーガレット・サッチャーの経済革命によっても救われたと言うだろう。いずれにせよ、10年後には、サッチャーは国際舞台で米国のロナルド・レーガン大統領と一緒に踊っていた。

 そして今、英国は自国の存在にかかわる重要な分岐点に再び突き当たっている。

 そもそも、ブレグジットとは欧州連合(EU)からの離脱についての話だったはずだが、今では手に負えない国家的な危機に発展している。

 ブレグジットを推し進めている力は、EU加盟の数十年間に作られた制度機構や経済関係、政治的結びつきはもとより、その他のいろいろなものまで吹き飛ばしてしまいそうに見える。