こんにちは。世界を旅する犬猫写真家、新美敬子です。今回は町ぐるみで猫を大切にしている世界遺産の町を2回に分けてご紹介します。

 それは、モンテネグロのコトル(Kotor)。「コトルの自然と文化歴史地域」として1979年にユネスコの世界遺産に登録され、大勢の観光客が訪れていますが、それに負けずに、たくさんの猫が暮らしています。

 私が2回目に訪問したとき、ちょうどハリウッド映画のロケを行っていました。いつも遊んでいる広場に、突如として市場のセットが出現したので、猫たちは「一体全体、どうしちゃったの??」

 猫たちは匂いを嗅いだり、爪を立てたり。セットの見張り番をしていた人は、人間に対しては「触ってはダメ」と注意していましたが、猫にはおかまいなしでした。猫も「セットの一部」ということでしょうか。