石油依存への逆戻りを余儀なくされるサウジアラビア

「逆オイルショック」を再び引き起こしてしまうのか

2019.03.01(金) 藤 和彦
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55626
  • 著者プロフィール&コラム概要

サウジ皇太子がアジア歴訪開始 パキスタンで2.2兆円の投資合意

パキスタン・イスラマバード郊外のヌール・カーン空軍基地で、イムラン・カーン首相(右)の出迎えを受けたサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(2019年2月17日撮影)。(c)AFP PHOTO / PAKISTAN'S PRESS INFORMATION DEPARTMENT (PID)〔AFPBB News

米WTI原油先物価格は米中貿易交渉の進展を期待した買いにより約3カ月ぶりの高値圏(1バレル=57ドル後半)となったが、2月25日にトランプ大統領が原油高に不満を表明すると同55ドル台に急落するなど、一進一退を続けている。

減産に邁進するサウジアラビア

 原油市場について、まず供給サイドから見てみよう。

 OPECと、ロシアをはじめとする非OPEC(OPECプラス)の1月の減産遵守率は83%だった(減産規模は日量120万バレル)。中でもサウジアラビアの取り組みは際立っている。1月の原油生産量は前月比35万バレル減の日量1021万バレルと目標の1031万バレルを下回り、OPECプラスの減産量の70%分をカバーしている。3月の原油生産量は日量980万バレルになる見通しだが、同国の世界最大の海洋油田(日量100万バレル超)の一部で2月中旬にケーブル切断による生産停止が生じていることも関係しているとの観測がある。

 2月20日、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は「4月までに世界の原油市場の需給が均衡することを望む」と述べ、引き続き減産に邁進する姿勢をのぞかせた。

 一方の雄であるロシアの動きはいささか心配である。ロシアの原油生産量は日量1142万バレルから23万バレル削減することが目標だが、1月の減産量は5万バレルにとどまり、現在でも8~9万バレルにすぎない。ただしロシアのノヴァク・エネルギー相は「4月までには減産目標を達成する」としており、OPECプラスとしては、トランプ大統領の批判にもかかわらず減産の取り組みを強化する見込みである。

 市場関係者が注目するベネズエラは、米国の制裁により原油輸出に四苦八苦し始めているが、その減少分の一部をイラン産原油が補っている。米国の制裁前には日量270万バレルだったイランの原油輸出量は、昨年(2018年)12月は100万バレル未満となったが、今年に入り120万バレルに回復している。

勢いが止まらない米国の増産

 OPECプラスの減産が進むことを追い風に、順調に生産を伸ばしているのがシェールオイルであるのは言うまでもない。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。

オリジナル海外コラム

米国、欧州、中国、ロシア、中東など世界の政治経済情勢をリアルに、そして深く伝えるJBpressでしか読めないオリジナルコラム。

>>最新記事一覧へ