昨年10月末に4年7か月勤めた経済産業省を退職し、創設1年に満たない医療AIベンチャーに転職しました。「どうしてそんな勿体無いことを」と言われることもあるのですが、今のところ僕は自分の決断に満足していますし、同様のキャリアを検討・選択する若手も増えてきているように感じています。

 そこで、今回は僕自身が就職・転職する際にキャリアについて考えたことをご紹介したいと思います。就活生はもちろん、転職を検討している20代〜30代の社会人、そして管理職や経営者層の方にも参考になれば幸いです。

 なお、退職に至った経緯や退職当日の心境はこちらに記しています。(「経済産業省退職にあたって」https://www.philosophyofyouths.com/blog/181031)

その組織に属して得られるものは「本当に必要」か

 多くの人が見過ごしていることではないかと思いますが、人間がある組織に身を置くのは、その一員であることによって得られるものがあるからです。言い換えれば、組織に身を置くにも明確な理由がある方が自然なのです。

 この「得られるもの≒理由」は、金銭や名刺(対外的に示せる立場)といったものから、精神的安定や仲間への愛着、社会に対する課題意識、個人的な原体験やコンプレックスといったものまで多岐にわたります。

 そして、この「得られるもの」が、「本当に必要」なのかどうかを具体的に考えることがとても重要だと感じています。ところが、同世代と話していても、現状を肯定したい気持ちが働きがちのせいか、意外にこの点が突き詰められていない人が多い印象です。

 たとえば、一般に収入は高い方が望ましいわけですが、高い収入を得るために拘束時間が長くなったり、職場でのストレスが強くなったり、ということも少なくありません。そういった中で、自分にとって収入がどの程度大切な要素なのかを具体的に考える必要があります。

 僕自身の例を挙げてみます。国家公務員という仕事の性質として、あくまで部分的な話ですが、下記のようなものがありました。

・やりがい(社会を良くするための規模の大きな仕事に携われる)

・社会的信用(経営者から学者まで色々な人と仕事ができる)

・福利厚生(かなり手狭ながら官舎に相場より割安で住める等)

・職業の安定性

 これらは社会一般に羨ましがられ、また、批判の対象にもなることもあります。しかしながら考えるべきことは、これらの事柄が「自分にとって本当に必要か」にほかなりません。僕の場合は、日常生活に組み込みたい(もっと拡大したい)ものとして、下記のようなものがありました。

・より自由な時間(学問関心に沿って物事を考えられる余裕)

・自分の名前で発信する自由度(公務員だとどうしても制限がありました)

・実際の経営に携わる経験