こんにちは。野村将揮と申します。昨年10月まで経済産業省でヘルスケア産業振興などに携わり、現在は医療AIベンチャーで役員を務めております。

 思い返せば官僚時代は、先輩方から「我々は、その業界に何十年と身を置いていらっしゃる経営者や大学教授と議論することが求められる。膨大な量の資料を読み込み、関連法制、技術開発の動向、世界市場のトレンドなどを掴まないと、二度と会ってもらえない。死ぬ気で勉強しろ」と教えられ、本当に毎日、インプットの日々でした。

 また、僕自身は国家公務員試験に臨む際にも、「いかに効率的に勉強・インプットするか」を徹底的に考え、結果的には経済学を全く勉強したことがない状態から独習4週間(一次試験3週間、二次試験1週間)で合格することができました。そして、ここで身につけたインプットの技法は、経産省で働く上でも大いに役立ちました。

 そこで、年も明けて受験シーズンが本格化してきた今、僭越ですが、私自身の「インプットの技法」を紹介させてもらえたらと思います。受験生や保護者の方はもちろん、国家試験や留学準備に励まれている社会人の方にも参考になれば幸いです。

インプットの技法

「インプットの技法」などと言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、実は意識付けで効果を実感できる「小さなコツ」です。

 具体的にはまず次の2つが挙げられます。

(1)目的の定義:「何のためのインプットか」をはっきりさせる
(2)反復と継続:脳に覚えさせるために段階を分ける

 まずは、(1)「目的の定義」から説明させてもらいます。