(FT.com 2019年1月1日付)

中国、70年ぶりに人口減少 「人口動態上の危機」 専門家

中国、70年ぶりに人口減少 「人口動態上の危機」 専門家。写真は中国・重慶の乳幼児看護施設でマッサージを受ける赤ん坊(2016年12月15日撮影、資料写真)。(c)AFP〔AFPBB News

 近い過去をもとに将来を類推することは、やめなければならない。

 中国はこの40年間で、文字通り目を見張る発展を遂げてきた。その一方で、冷戦に勝利した後の西側陣営と自由民主主義は、ともによろめいてしまっている。

 我々はこれを踏まえ、今後数十年間は専制的な中国が世界を支配する大国になるのは確実だと結論づけるべきなのだろうか。

 筆者の答えは「ノー」だ。未来が中国のものになる可能性はあるものの、確実だとは言い切れない。

 1980年代に広まった、日本が「ナンバーワン」になるとの見方は大間違いだった。

 1956年には、旧ソビエト連邦の共産党第一書記ニキータ・フルシチョフが西側諸国に「おまえたちを埋めてやる!」と言い放った。これも全くの間違いだった。

 日本と旧ソ連の事例は、しばしば繰り返される3つの過ちを浮き彫りにする。

 まず、近い過去をもとに将来を類推すること、次に高度経済成長の時代はいつまでも続くと思い込むこと、そして政治経済の競争がもたらす利益よりも中央集権体制での指示がもたらす利益の方を誇張することだ。