不確実性が高いといわれる現代、AIを活用した全く新しい手法で運用する不動産投資に注目が集まっている。都市部の単身者用中古ワンルームマンションに絞った不動産投資サービスを提供するGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)のRenosy(リノシー)がそれだ。Renosyは、独自の視点とテクノロジーで、30代会社員などを中心に利用者が多い。なぜなのか?
 

なぜ今、不動産投資に注目が集まるのか?

米中の経済戦争、英国のEU離脱、予測不可能なトランプ政権の動向、崩壊寸前の年金制度など、将来が見通せない中で不動産投資に熱い視線が集まっている。その理由はずばり、不動産運用が“生命保険代わり”になるからだ。

不動産投資は、ローンの活用によって自己資金が少なくても取り組める投資だ。その際、団体信用生命保険に加入し、契約者本人が死亡したり高度障害になったりした場合でも、ローンの残りを保険によって支払うことができる。こうして保険に加入しておけば、遺族には無借金のマンションが残されることになり、売却して現金化できるほか、賃貸物件として貸し出し、毎月の家賃収入を受け取ることもできる。

不測の事態に備えるだけではない。ローンの返済を家賃収入で行えば、自己資産を維持したまま運用でき、完済後の家賃は不労収入になる。十分とは言えない年金を補い、将来の生活設計をより充実したものにすることができることから、不動産投資が注目されているのだ。最近ではマンションの耐震基準が見直され、「100年マンション」を謳う物件が登場するなど、以前よりマンションの寿命が圧倒的に長くなっている。そのため、不動産投資は長期的な運用が可能な資産運用法と考えることができるようになった点も追い風だ。

>>なぜ今不動産投資に魅力があるのか? 詳細を資料で確認
 

魅力は利回りの高さ。不動産投資の平均的利回りは5%!

不動産投資の魅力は、なんといっても運用利回りの高さだ。主な金融商品と比較すれば一目瞭然。銀行預金0.001%、個人向け国債(3年)0.050%、外貨建てMMF(米ドル)0.516%、米ドル定期預金(1年)0.650%などに対し、マンション経営の平均的な利回りは5.0%。文字通り“ケタが違う”のだ。実物資産ゆえに株や債権のようにゼロになるリスクも小さく、物価変動に強いのも魅力だ。

>>さまざまな資産運用のメリット・デメリットを
比較した資料が欲しい方はこちら

 

不動産投資にデジタル革命をもたらした
GA technologiesのRenosy

こうした不動産投資、中でもマンション投資において、AIを活用した独自の手法で注目されるのがGA technologiesのRenosyだ。

Renosyは物件の仕入れに自社開発システム「Tech Supplier」を使用。「収益性」「資産性」を客観的に評価するための独自のスコアリング指標を採用、そこにAIを組み合わせ、投資価値の高い物件のみを厳選している。提案する物件は仕入可能物件のわずか数%だというから厳選ぶりが分かる。そのため稼働率は98%後半から99%を誇る物件ばかりだという。従来人間が行っていた工程を自動化、情報提供までの時間が圧倒的に早いのも大きな利点だ。優良物件は1分1秒を争うからだ。

不動産購入後の運用にも革新性がある。所有する物件を手軽に管理できるスマホアプリ「Renosy Insight(リノシーインサイト)」で物件の状況を確認できるほか、契約書の管理も可能だ。

こうして新世代の不動産投資が可能になるRenosyの管理サービス料は、月額一律1080円だ。一般的な管理手数料が家賃の3~5%であることを考えれば、驚きの低コストといえる。もちろん入居者募集や入居者入れ替えの際の原状回復などもカバーしている。

新時代の不動産投資を可能にしたRenosy。その魅力と不動産投資のノウハウが詰まったオリジナルブックとオーナーインタビューを収録したDVDを無料提供しているので、ぜひこの機会に手に入れておきたい。


<PR>