データドリブンで加速するブリヂストンのビジネストランスフォーメーション

ブリヂストン執行役員CDO・三枝幸夫氏が語る!

JBpress/2018.12.11

いいね ツイートする

製造販売業からソリューションプロバイダへ
その過程で実感した変革の必然性 

ブリヂストン 執行役員 CDO・デジタル担当 兼 デジタルソリューション本部長 三枝幸夫氏

※本コンテンツは、2018年10月17日に開催されたJBpress主催「Digital & Innovation Forum 2018 ~ デジタル変革によるイノベーションの実現~」での講演内容を採録したものです。

 ブリヂストンは前身の地下足袋事業、ゴム靴事業の成功を機に1931年に創業し、以来タイヤの製造販売をコア事業に据えて成長してきました。マイカーブーム、ファミリーカーブーム、ECOカーブームといった自動車市場の変遷とともに、求められるタイヤの品種、形状、品質、価格ニーズに対応しながら、グローバル化にも着手し、今ではグローバル市場において業界トップシェアを誇っています。

 しかし、激変していくモビリティ社会で継続的に価値提供をしていくために、ものづくりに加え、お客様の課題解決を担っていくソリューションプロバイダとして他社との差別化を成し遂げていくべきだと捉え、組織のあり方やバリューチェーンの改革、新たなビジネスモデル確立へ向けて大きく転換し始めています。

 2017年1月にはデジタル変革を目指した部門を立ち上げ、今に至っているわけですが、当初は「デジタル」というキーワードにばかり目が行き、なんでもデジタル化すればよいのだという方向へ行きかけてしまいました。その時の戒めもあって、今では「ビジネストランスフォーメーション」がわれわれの目標となっています。もちろん、この変革で鍵を握るのは多くのデジタル技術の活用ですが、目指すのはあくまでもビジネスの変革。本日もこの視点でお話をさせていただきます。