(英エコノミスト誌 2018年11月17日号)

米中首脳、今月末からのG20に合わせ会談へ 貿易問題を協議

北京で握手する米国のドナルド・トランプ大統領(左)と中国の習近平国家主席(右、2017年11月9日撮影、資料写真)。(c)Fred DUFOUR / AFP〔AFPBB News

20年来の関係がきしんでいる。

 米国と中国の関係を理解したいのであれば、長年そのために自身のキャリアを捧げてきた2人の有力者の足跡をたどることには価値があるだろう。

 米ゴールドマン・サックスの元最高経営責任者(CEO)で、米国の財務長官としても逆境に強いところを見せつけたヘンリー・ポールソン氏と、博学な銀行家であり中国政府の官僚である王岐山国家副主席の2人だ。

 ポールソン氏と王氏は1990年代以降、中国の国有企業(SOE)の改革や米中の貿易促進、2007~08年の金融危機への対処など、折に触れて一緒に活動してきた。

 その2人が今、米中間の深い断絶の橋渡しを試みている。

 2人は11月6日、7日にシンガポールで開催された有力財界人の会合「ニュー・エコノミー・フォーラム」に姿を現した。

 貿易をめぐる緊張について意見を出し合い、ポピュリズムへの対応を模索することを狙い、マイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長が企画したイベントである。

 初日には、ヘンリー・キッシンジャー氏が最前列に陣取る会場で王氏が発言し、西側における「右寄りポピュリズムの二極化」が怒りをあおり、世界の秩序を不安定にしていると警告した。