(英エコノミスト誌 2018年10月13日号)

トルコ、サウジ領事館捜索 米大統領「はぐれ者」が記者殺害と示唆

トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館の周りに張られた規制線(2018年10月15日撮影)。(c)OZAN KOSE / AFP〔AFPBB News

もしサウジ政府が殺害したのなら、抑圧的な政治体制がぞっとするほどエスカレートしていることになる。

 サウジアラビアの著名ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が消息を絶ち、母国の政府に殺害された疑いが日増しに濃くなっているように見える。

 自らの意思で外国に逃れていた同氏は10月2日、結婚に必要な書類を集めにトルコの首都イスタンブールにあるサウジ総領事館を訪れた。

 領事館に入っていく様子は監視カメラにとらえられていたが、出てきた様子はない。

(注1=この記事が出た後、15日にはサウジ、トルコ両国の合同捜査班が総領事館を捜索するなど、大きな動きが出ている)

 トルコの警察は、サウジの首都であるリヤドからやって来た男たちに殺害されたと考えている。男たちは拉致を試みたが、失敗したためこうなったとの見方もある。

 トルコ人たちは、カショギ氏の遺体はのこぎりでバラバラにされ、メルセデスの黒いバンでこっそり持ち出されたと語っている。

 完全に立証されたわけではないが、犯罪行為を示唆する証拠は次第に増えている。

 トルコ政府寄りのある新聞は10月10日、サウジアラビアからやって来たとされる男たちの顔写真を掲載した。