共和党の岩盤支持層がいかに強固かということがうかがい知れる。

 それでもスウィフトさんの選挙登録の呼びかけと、反トランプの政治姿勢は他州の若者に伝わり、潮流と呼べるほどの波を形成していることは確かだ。

 現在の関心はむしろ選挙後で、民主党が過半数を奪った場合、トランプ氏が様々な法案を成立させるために連邦議会に歩み寄りをみせるかどうかにある。

 柔軟に民主党と対話して妥協案を探るのか、それとも議会審議を無視する形で大統領令を活用して行政力を強めていくのか。

 トランプ氏は後者を選ぶように思えてならない。