千差万別のご当地納豆、東北で好まれる納豆とは?

今もなお続く、“東高西低”の消費状況

2018.10.05(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要

 秋田県は納豆発祥の地という説もあり、納豆をよく食べる。地域特有のさまざまな納豆があり、ひきわり納豆は田沢湖地方特有のものだ。数十年前に秋田県の納豆メーカーが関東に進出し、販売を始めた。関東では粒納豆が主流で、初めは見向きもされなかったが、1980年代に手巻きずしがブームになると、納豆巻きにしやすいひきわり納豆の需要が高まった。以降、認知度が高まり、普及している。

 山形県米沢地方には、ひきわり納豆に米麹と塩を加えて発酵させた「五斗納豆(ごとなっとう)」がある。「雪割り納豆」ともいう。伝統食として知られるが、同様のものが埼玉県や秋田県、千葉県など他の地方でも見られる。また、全国には納豆の保存食である「干納豆」もあり、納豆には地域独特の食べ方や伝統的加工品もたくさんある。

米沢地方で受け継がれる「雪割り納豆」(五斗納豆)。

ご飯にかけない食べ方も

 近年は、調味した納豆をフリーズドライにしたものや、フライで乾燥させたものが多く市販され、手軽なスナックとしても楽しまれている。健康食品として海外からも注目されており、納豆を食べたことのない人でも食べやすいように、粘りや匂いの少ない納豆も開発されている。また、アジアにも日本の納豆とよく似た食品があり、納豆にはまだ多くのバリエーションがありそうだ。

 納豆に関する調査では、ご飯にかけて食べる人が減っているという結果もあり、次の時代には新たな納豆や食べ方が主流になるかもしれない。好みはいろいろあれど、私たちと納豆の付き合いは続くだろう。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。