タンパク質も脂肪も一網打尽、小腸の巧みな栄養吸収

考究:食と身体(6)狩猟の神ディアナ篇

2018.09.28(Fri) 大平 万里
筆者プロフィール&コラム概要

アミノ酸や糖は門脈を直行し肝臓へ

 吸収されたアミノ酸と糖のその後についても簡単に記しておこう。

 トランスポーターを介して上皮細胞を通過した糖やアミノ酸は毛細血管に入る。通常、動脈から枝分かれした毛細血管は、再集合して静脈となり心臓へ戻っていくのだが、小腸の毛細血管が再集合すると「門脈」という特別な血管となり、肝臓へ向かう。そして、門脈は肝臓内で再び枝分かれして、糖やアミノ酸のそれぞれの活用法が決まる。

 すなわち、狩りで得た獲物(アミノ酸や糖)は、門脈というバイパスを通って、食肉加工場(肝臓)へ直行するというわけである。

肝臓における門脈域。中央の円形になっている箇所が門脈の一部。門脈はさらに放射状に枝分かれして糖やアミノ酸を肝細胞へ供給する。(写真作者:Kateryna Kon)

脂肪は遠回りに運ばれて肝臓へ

 ここで「脂肪はどうなっているのか」と気になっている方も多いだろう。脂肪は、胆汁に含まれる胆汁酸によって微小な小胞として小分けにされた後、膵液の消化酵素で分解されて小腸へやってくる。脂肪はもともと水に溶けないので、その分解産物も細胞膜とは相性がよく、吸収も容易であろうことは想像に難くない。

 実際、小胞に含まれる脂肪分解物の多くは、糖やアミノ酸で必要だったトランスポーターなしに、ほぼ上皮細胞内へ取り込まれる。まるで細胞膜という投網で群れ(脂肪の分解物)を一網打尽にするような感じである。

 上皮細胞に入った脂肪の分解産物は、再び脂肪へと合成される。しかし、全身に脂肪を供給するためには、再び「水の世界」へ戻らなければならない。そこで「水の世界」での脂肪の運搬を実現させるため、「カイロミクロン」という脂肪を含んだ巨大な輸送体が小腸の上皮細胞内で作られる。

電子顕微鏡で観察した小腸の上皮細胞におけるカイロミクロン(赤い部分)。分かりやすくするため画像に彩色している。(写真作者:Jose Luis Calvo)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1964年東京生まれ。生物・化学系ライター。熊本大学理学部生物学科卒業。北海道大学理学研究科博士課程修了。博士(理学)。旧工業技術院(現・産総研)、秋田県立農業短大附属属研究所などの流動研究員、高校教諭等を経て現在に至る。最近はその辺に転がる岩石の来歴が気になってしょうがない。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。