信長にも飲んでほしかったオランダの贅沢リキュール

440年の歴史を持つリキュール「ボルス」

2018.09.20(Thu) 町田 誠
筆者プロフィール&コラム概要
銀座クルーズ 取締役 総料理長の諸星純一(もろほし・じゅんいち)氏。

「野菜ソムリエの資格を取得したとき、野菜の色と同じ色の食材の組み合わせは相性がいいと学びました。今回は同色の食材と野菜の色、そしてボルスの色をイメージして掛け合わせました」

 例えば、「赤」では「高リコピントマトと天使エビのガスパッチョ」、「橙」では「八幡平サーモンのオレンジマリネ」といった調子で、7色の組み合わせを並べる。

 そして、野菜と掛け合わせたのは、見た目の華やかさを求めただけではない。食べる人の健康も考えている。

「野菜の色は、その中に含まれるファイトケミカルというものに由来していて、それには抗酸化作用があります。ニンジンのベータカロテンやトマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニンなどですね。よく知られている5大栄養素に加えて、6つ目が食物繊維、そしてこのファイトケミカルが第7の栄養素と言われています」

諸星氏考案の「7色に輝くアンティパストミスト」。右上から時計回りに「緑野菜のジュレ寄せ」「南部一郎カボチャとスイートコーンのタルト」「ビーツと自家製チキンハムのヨーグルトサラダ」「八幡平サーモンのオレンジマリネ」「ホタテと大根ピクルスのブルスケッタ」「鴨ロースと紫野菜のピンチョス」。中央は「高リコピントマトと天使エビのガスパッチョ」。

 リキュールの伝統と歴史を踏まえ、そこからさらに発展させて、新しい世界を作り上げていく。今回の「HOUSE OF BOLS IN VENIRE GARDEN」は、食と飲料がこれまでたどってきた過去とこれから紡いでいく未来とを、五感を通して思い描かせてくれるだろう。

「HOUSE OF BOLS IN VENIRE GARDEN」
開催日程:2018年9月10日(月)~10月19日(金)
場所:「リストランテ ベニーレ ベニーレ」5Fテラス
住所:渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿5F
時間:17:00~23:00(120分制)
料金:5000円(税別)/1人(料理4品、飲み放題付き)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

フリーライター。ライフスタイル分野を中心に、社会の動向から趣味の話まで幅広く取り扱う。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。