新たなお金観を見出すための「ふるさと納税」活用術

楽しさ、お得感、他人に喜ばれる、がバランス良く得られる

小島 淳/2018.8.30

いいね ツイートする

 ただ現在では、ふるさと納税の紹介や手続きを、外部のふるさと納税ポータルサイトに委託している場合がほとんどです。自治体ウェブサイトからのリンク先を確認してみましょう。支払い方法は、規定の納付書、銀行振込、現金書留、自治体の窓口、クレジットカードなど。クレジットカードが使えるのはほとんどがポータルサイト経由の場合です。

 以下に、主なポータルサイトを挙げておきます。
ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/
さとふる
https://www.satofull.jp/
ふるなび
https://furunavi.jp/
楽天市場ふるさと納税ページ
https://event.rakuten.co.jp/furusato/
Yahoo!JAPANふるさと納税
https://furusatonouzei.yahoo.co.jp/

 確定申告する場合は、寄付が済んだら(1)自治体から送られる「受領証明書」を受け取る、(2)確定申告する、(3)所得税の還付と住民税の控除を受ける――という手順になります。一方「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する場合は、(1)自治体に申告書と必要書類を郵送する、(2)自治体から送られる申告受付書を受け取る、(3)住民税が控除される――という手順です。2018年分のワンストップ特例制度の申請書は、2019年1月10日までに各自治体へ必着となっているので注意が必要です。

 一方の返礼品から寄付先を決めたい場合は、基本的にふるさと納税ポータルサイトから申し込むことになります。返礼品、自治体や地方、使いみちなど、さまざまな条件で検索できます。税控除の流れは基本的に同じです。