ここで試合を落ち着かせ、追加点を許さないためにも、誰かを交代させる必要があった。例えば、攻撃的ミッドフィルダー(MF)の柴崎岳に代えて、守備的MFの山口蛍を投入するなど。ところが、西野監督はここでも動かなかった。これが西野采配の第2の失敗であり、それが致命傷になってしまった。

 動揺し、混乱している日本から、簡単にベルギーは途中交代した巨人のフェライニのヘッドで同点に追いついてしまった。日本は、24分に1点取られてから、たった5分後の29分に同点に追いつかれてしまったのだ。

 ここでやっと西野監督が動き、後半36分に柴崎岳に代えて山口蛍、原口元気に代えて本田圭介を投入したが、「時すでに遅し」だった。

(3)西野監督の第3の失敗

 それでも日本は3点目を取りに行った。しかし、西野監督の第3の失敗は、ロスタイムに起きた。

 日本はベルギー陣内に攻め込み、本田圭介の直接フリーキック(FK)で、コーナーキック(CK)を獲得した。ここで日本としては絶対阻止なくてはならないことがあった。それは、ベルギーの高速カウンターを阻止することだった。ベルギーの武器が高速カウンターであることは、日本のコーチングスタッフなら誰もが知っていたはずだからだ。

 ところが、日本選手はゴールキーパー(GK)の川島永嗣を残して、ほぼ全員がベルギー陣営に入っていた。日本は、ロスタイムで決着をつけたかったのだろうが、何としてもカウンターによる失点だけは防がねばならなかった。

 その指示をDFの吉田麻也やキャプテンの長谷部に出すのは、西野監督の仕事である。ところが、西野監督は、ロスタイムでの逆転を夢見たのか、そのような指示を出していなかったと思われる。

 さらに、CKを蹴った本田圭介にも問題がある。本田は、3回目のW杯出場の大ベテランであり、ロスタイムでCKを蹴るときの状況を理解していなければならなかった。つまり、CKで3点目が取れれば最高だが、ベルギーの高速カウンターだけは避けなければならないということを。

 しかし、本田はショートコーナーで時間を稼ぐでもなく、何らかの戦術的なCKを蹴るでもなく、ふわりとしたCKを蹴ってしまった。このCKは、ベルギーのGKクルトワに簡単にキャッチされ、その後、日本にとっては悪夢の高速カウンターを食らったのである。

 DFの昌子源が全速力で自陣に戻り、あと一歩のところまでシャドリに迫ったが、追いつかず、ゴールを決められてしまった。試合後、昌子はグラウンドを叩いて悔しがったが、このゴールの原因は、本田のCKのときに遡る。高速カウンターを止められなかった昌子のせいではない。

 つまり、ベルギーの高速カウンターへの警戒の指示を出さなかった西野監督の責任であり、相手GKに関単にキャッチされるCKを蹴った本田の責任でもある。