IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.08.09

本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ
IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる

BY

 しかし、ルンバの専用アプリの「履歴」から、ルンバが掃除を行った宅内のマップを表示させれば、薄い円筒形のルンバ本体が通り抜ける幅がない、もしくはルンバが入り込めるだけの十分な高さがないなどの理由で、掃除がなされたかったスペースの特定が容易だ。

【参照】ルンバ980走行イメージムービー
https://www.youtube.com/watch?v=rUK9hDNLZlo

 この機能を活用すれば、ユーザーが家具の配置をシミュレーションしたり、次に新しい家具を購入する際は床面から家具本体までのルンバによる掃除空間の有無を購入の検討材料にしたりすることも可能になる。

ルンバが掃除を行った床面はその都度マップ化される。掃除が終了し、ルンバは自動でホームベースに戻っている(真ん中下の黒い丸がルンバ)。

アイロボット社のルーツは軍事用ロボット

 ところで、ルンバを製造販売している米アイロボット社は1990年の創業だ。

 マサチューセッツ工科大学のMIT人工知能研究所で働いていた、現CEOのコリン・アングルら3名が中心となって起業した、テクノロジードリブンの元ベンチャー企業である。

 ルンバの日本における累計販売台数は約200万台で、ロボット掃除機におけるシェアは約50%を占めると言われている。

 そう、アイロボット社にとっても日本は北米(ロボット掃除機シェア約90%)に次ぐ、世界第2の最重要市場なのだ。

【参照】ルンバのアイロボット社、国内ローンチ発表会
https://robotstart.info/2017/04/20/moriyama_mikata-no21.html

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTを活用し遠隔ファッション診断を実現!エアークローゼット、JR東日本グループと実証実験を開始
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第2回)世界各地で広範に利用できるLPWAの老舗「SIGFOX」【ネット新技術】
ヤマハ発動機×富士通、セーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験開始 IoTを活用
Googleは、Disruptee(破壊される側)になったのか?IoT広告の可能性と罠
製造/資源セクターで日本の割合が際立つ、IDC Japanが世界のIoT市場を予測 | IT Leaders
IoTで市民参加型の見守り、次はオープンデータ活用―加古川市のデジタルガバメント | IT Leaders
「GAFA時代」の源流はどこにある? 我々はいつ情報社会へ転換したか
ヤマハと富士通、ヨット競技をIoTでパフォーマンス向上へ
約4割が「食品トレーサビリティ」実施せず、食の安全はAIやIoTでどう変わるのか
電池交換不要 シチズンの新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がこの秋に発売
ネコリコ、家の環境状況をLINEで通知してくれるホームIoTサービス
IoT機器調査を担うNICTは諜報機関か?--実施する技術的な理由
ワイヤレス工場の切り札誕生! 製造現場IoT化のボトルネック解消
トッパン・フォームズ、ヘルスケアIoTサービス「わたしの温度」を開発
Microsoft、「Azure」「Microsoft 365」のセキュリティ強化などを多数発表
IoTでの「デジタル・ツイン」の現状を調査--ガートナー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。