IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.08.09

本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ
IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる

BY

 この設定には、ものの5秒もかからない。

 ワクワクする気持ちを抑えつつ、「アレクサ、ルンバを使って掃除して」とアレクサに話しかけてみる。

 すると、廊下の向こうから、「ピポ、パポ、ピー」というルンバのコミカルな起動音が聞こえ、いささか元気すぎるローターの回転音とともにロボット掃除機による掃除がスタートしたことが分かる。

 ルンバが掃除を完了する、もしくは掃除中に充電が必要になると、自動で「ホームベース」と呼ばれる充電スポットを探し出し*1、再びコミカルな終了音とともに本体の電源を落として充電モードに入る。

 急な来客や用事があるなどして、ルンバの掃除を途中で終了したい場合は、アレクサに「アレクサ、ルンバを使ってホームベースに戻して」と話しかけるだけで良い。

 これらアレクサをインターフェースにしたルンバ980の一連の操作は、専用アプリを起動してルンバを操作する感覚とほぼ同一の印象で、購入以来、全くストレスを感じさせない。

*1:SLAM技術(Simultaneous Localization and Mapping:自動位置推定と環境地図作成を同時に行うもの)と言われ、自動運転でも活用が期待されるコア技術のひとつ。

秀逸なルンバ980の「マッピング技術」

 ルンバは全機種が赤外線とレーザーによる探索距離の短いセンサーを装備し、デスクやチェアの脚など障害物を巧みに避けながら、掃除を続ける。

 その動作には、「ほほ、なるほど」と思わせる器用さと、対照的に「えっ、なぜ」と感じさせる意外性があり、ユーザーを飽きさせない。あたかも掃除をモチーフにしたアイスダンスを見ているかのようである。

 しかも、時系列的に掃除の手順や動作が洗練されてきたり(例:壁や家具にぶつかる頻度が激減する)、潜在的に転倒や落下のリスクのある暗がりのスペースはあえて掃除を避けたりする(例:ルンバは2cmを超える段差は乗り越えられないケースが多い)など、AI の学習機能による進化の側面に注目しても興味は尽きない。

 そして、2015年以降に発売された、ルンバ980を頂点とする最上位機種のルンバ900シリーズには、新たなソフトウエア、センサーに加え、筐体のほぼ中央にカメラが搭載された。それにより、ルンバは掃除した家のスペースが地図の形で可視化される「マッピング技術」を手に入れたのである。

 まめに掃除をする家庭では、掃除されたスペースと掃除されなかったスペースを目視だけで判別することは難しいだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、Lumadaのコンテナ化で導入を迅速化--AWS、Azureでも稼働可能に
国内イノベーショントレンド大集結 無料展示ブース紹介
日立、「JP1 for IoT」を販売--IoT向け運用管理を最適化
第4次産業革命の実現は地方から!天草市が展開する地方版DXを支援するジャパンシステム | IT Leaders
アットマークテクノなど6社が共同、IoTシステムをDIY感覚で設計できるオープンソースプロジェクト「Degu」発足
ホームIoT「au HOME」に睡眠モニタリングサービス--約6割が自身の睡眠に“不満”
au、睡眠を測るベッド用デバイスなどホームIoT新商品を投入:週刊モバイル通信 石野純也
世界中から厳選した最先端ITガジェット・IoT商品が揃う デジタルライフを提案するセレクトショップ「FOX」第一号店 3月15日(金)OPEN
実際のふるまいは? 総務省とNICTのIoT機器調査を受けたユーザーがそのレポートを公開中【やじうまWatch】
日立、IoT機器向けの運用管理ブランド「JP1 for IoT」、第1弾はデバイス管理 | IT Leaders
オリンパス、ICT-AI構想を明かす――プラットフォームにAzureを採用
IoTで睡眠の質を改善、KDDIとフランスベッドが協業
KDDIがホームIoT「au HOME」を強化、スリープテックで睡眠負債を返済(ニュース)
IoTデバイスを安全に利用するための4つのポイント
メルセデス初の量産型電気自動車「EQC」を乃木坂のMercedes me Tokyoにて展示
国内のIoT市場規模、2018年は6兆3167億円

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。